【アニメ感想】ヲタクに恋は難しい 第10話「光くん登場とネトゲリベンジ」

 ヲタ恋の10話をみて感想を書かせていただきます。
 相変わらずカップルには見えない2人ですが毎日楽しそうで何よりです。
 このアニメの行方が(オープニングの歌詞のように)見当もつかないのは私だけではないと思います。

【内容】
 鳴海と宏嵩は休憩を終えて職場に戻っていきました。
 バイト中の尚哉はゲームをやっている光に気づきますが、光はおどおどしながら去っていきました。
 実は尚哉と光は同じ大学で、尚哉は再び声をかけて落とし物を返します。

 「ゲーム、いっしょにやらない?」と声をかける尚哉ですが、光の方は「友達」をゲームのフレンド申請だと理解してしまいます。
 尚哉は太郎や花子、鳴海と一緒にネトゲをすることになりましたが、宏嵩は寝転んで別のゲームをしていました。
 目的は尚哉のレベルを上げつつ上級クエストをするはずが、鳴海たちは思いっきり苦戦してしまいます。

 光は全体回復アイテムを投げて去っていき、宏嵩が続いて登場します。
 鳴海は宏嵩が助けてくれたものと誤解しますが、尚哉は光だと気づいていました。
 とはいえ、彼も光が女性ということは気づいていないのかもしれませんが……

 急いで会社に向かう鳴海は途中で宏嵩と出会いますが、宏嵩はメガネをしていませんでした。
 メガネをしていない宏嵩の挙動が気になる鳴海は太郎に「仕事に集中しろ」と怒られてしまいます。
 宏嵩は相手がよく見えないからと太郎に迫りますが、腐女子の花子にはご褒美でした。

 会社の中では宏嵩がイケメンではないかという話題になります。
 太郎は「これでは仕事にならない」と鳴海といっしょに外に出るようにと言い出します。
 「鳴海は見えなくてもわかる」と言われてちょっとときめく鳴海なのでした。

 宏嵩はメガネを作って職場に戻り、そうかと思ったら尚哉が家にやってきます。
 尚哉はソロクエストがなかなかクリアできず、光にはやり方を変えてみてはと提案されます。
 電話がかかってきたかと思ったら大学の別の友達だったようです。

 光はあっさりと敵の群れを撃退しますが、マルチプレイができるのか不安になっていました。
 別人のように活躍する光の姿に呆然としますが、実際にプレイしていたのは宏嵩のようです。
 とりあえず尚哉はクエストをリタイヤしようとしますが、光に「いっしょに遊びませんか」と提案されるのでした。

【感想等】
 タイトルどおり光さんが登場するお話ですが、その挙動不審は他人とは思えません。
 そういえば「3D彼女」にもヲタク傾向の光さんがいたような気がしますが……
 「こう」でなくて「ひかる」だと思っていた(あとは男性だと思っていた)のは私だけでないと思います。

 光さんが女性なのは気づきませんでしたが、これが尚哉さんとの恋愛に発展する可能性はあるのでしょうか。
 それはそれとしてめがねを外した宏嵩さんは普通にかっこいいなと思います。
 個人的には太郎さんも(声優さんの演技を含めて)かなりのイケメンさんだと思うのですが……

 太郎さんと花子さんについては今回はあまり進展はなかったような気がします。
 残り2話だと考えると鳴海さんと宏嵩さんもろとも一つ上の段階に進んでもいいような気がします。
 恋愛以外では、また家でゲームするお話がみてみたいと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム