【アニメ感想】鹿楓堂よついろ日和 第10話「彼女はまだ鹿楓堂を知らない/喫茶店のナポリタン」

 よついろ日和の10話を見て感想を書かせていただきます。
 冒頭から能登さんのお声を聞いてなんだか癒やしを覚える私がいます。
 未だに能登さんと早見さんのお声を間違えそうになるのは内緒です。

【内容】
 音々子は「おばさま」と一緒に歩いていましたが、なんでも口コミはダメなのだとか。
 以前口コミを当てにしたのがあまりうまくいかなかったようですが……
 いろいろありながらも2人は鹿楓堂に入って食事をすることになりました。

 口コミサイトを見てやってきたという2人は「ラテは飲むべき」と主張します。
 音々子は十四松もといぐれの対応に赤面しつつ「両方乗せ」を頼むことにします。
 ラテアートに絶叫してしまう音々子でしたが、あんみつはすごく喜んでしまいます。

 お客さんに喜んでもらえたもののまだまだ目標は遠いと燃え上がる椿さん。
 ラテアートに感激したと考えるぐれさんがなかなかシュールです。
 音々子は「鹿楓堂は素敵なお店でしたわ」と満足げな表情でまた来ようと考えるのでした。

 口コミサイトは意外にもぐれのラテアートの評価が高かったようです。
 そうかと思うと、疲れて戻ってきた女性がテレビを見ていてナポリタンを食べたくなってきます。
 鹿楓堂でもナポリタンが定番だったのですが、店を立ち上げた当時のスイは祖父の味を再現するために執念を燃やしていました。

 試行錯誤の果てに祖父の味を再現したと感慨深いスイさん達。
 次の日はテレビのおかげなのかナポリタンの注文が殺到し、途中でウィンナーが足りないことに気づいてしまいます。
 とりあえずぐれがウィンナーを買いに向かうことになり、残りメンバーは対応に追われます。

 昨日テレビを見ていた女性がお姉さんといっしょに鹿楓堂にやってきました。
 材料を切らしているナポリタンを注文して30分を待つことにしましたが……
 お姉さんがマンガ家で、妹はアパレルショップで働いているようです。

 色々話しているとちょうどナポリタンがやってきます。
 ナポリタンを食べて母親のことを思い出してしまう2人でした。
 自分のしたかったことは思いを伝えることであると改めて思い出すのでした。

 姉妹は「また食べに来ます」と満足そうに去っていきます。
 一方でスイはナポリタンに祖父との思い出を思い出してしまうのでした。

【感想等】
 話の本筋とは関係ありませんが、能登さんボイスのおばさまがいたらと考えてしまう私がいます。 
 音々子さんの反応がすごくかわいらしくて「こみっくがーるず」の小夢さんを思い出します。
 鹿「楓」堂だけに本渡「楓」さんというのはただの偶然だと思いますが……

 後半はナポリタンのお話ですが、食べ物はもとより従業員たちの反応が面白いです。
 お姉さんがマンガ家ならば「こみっくがーるず」を思い出し、妹さんはアパレルショップで「たくのみ」を思い出します。
 前半の音々子さんとともにナポリタンを食べる女性の反応でおなかがすいてきたのは内緒です。

 昨日はブラクロを見ていただけにあのヤミ団長とスイさんが同じ声優さんという事実には改めて驚きます。
 前半、後半ともに「また食べに来ます」という言葉になんだかほっとする感じがしました。
 そろそろ終わりが近づいているのかもしれませんが、できればおなかいっぱいになるまで楽しみたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム