【アニメ感想】鹿楓堂よついろ日和 第9話「不器用ヒーロー/モンブラン男子」

 よついろ日和の9話を見て感想を書かせていただきます。
 少女漫画の影響を受けた男性の純情さがなんだか素敵だと思います。
 後半のお話は若干シリアス気味になりますが……

【内容】
 気がつけばスイをはじめとする皆さんは少女漫画にはまっていました。
 強面の編集者(砂子:いさご)が再登場し、彼が実はスイ達に少女漫画を貸していたのでした。
 なんでも年下の男の子を好きになる主人公の心情が理解できるとのこと。

 ぐれがハイテンションで砂子の恋心を見抜きますが、「林」という同僚女性はかなりのやり手とのこと。
 砂子は林さんを鹿楓堂にお誘いしたいと考えていたようです。
 意を決した砂子は林さんを鹿楓堂にお誘いしますが、林さんはあっさりとそれを了承します。

 林さんの傷を見た砂子は彼女を心配して「ヒーローだったら」と考えます。
 お店にやってきたかと思ったら林さんはいきなり倒れてしまい、そのまま眠ってしまいます。
 スイは林さんの手の傷の原因は「子猫」だと見抜きます。

 子猫の世話で疲れていた林さんでしたが、大盛りのカツ丼を注文します。
 想像していた姿とは違うものの、林さんが喜んでくれたことを喜ぶ砂子さん。
 よろける林さんに、自分はずっと林さんを応援していると告げる砂子に思わずときめく林さんなのでした。

 椿とスイは外でモンブランを食べていて、スイは自分の店でもモンブランを出してはと提案します。
 再び登場した角崎にデパートでの出来事を思い出す一同。
 なんでも先ほど食べたモンブランは角崎が作ったとのことですが……

 椿は角崎のいいかげんな態度を目の当たりにしつつも、仕事に対しては一生懸命と称します。
 角崎はスイの兄について言及しつつ、椿のつくったモンブランをいただくことに。
 生クリームを減らして豆乳を増やしてはと提案しつつも、その味を称賛する角崎なのでした。

 子供の頃から祖父の仕事を手伝っていたというスイさん。
 中学の時はいろいろあって悩んでいたとのことですが、おじいさんのお茶を飲んで元気を取り戻したようです。
 「弟の方が大人」と称して、お兄さんのことを考える角崎なのでした。

【感想等】
 純情な砂子(公式サイトの5話あらすじでは「砂金」表記)さんがちょっと可愛いなと思ったりします。
 相方の林さんも優秀な編集者という一方でねこさん大好きというところもいいかなと。
 私に限らず不器用ながらも一生懸命な砂子さんを応援したいと思った視聴者さんは多いと思います。

 後半はモンブランのお話なのですが、角崎さんはどう見ても大人ですし「男子」というイメージではなかったりします。
 スイさんとお兄さんとのことは今後少しずつ明らかになっていくのでしょうか。
 1クールだとなかなかそこまでお話が進まないまま終わるのかもしれませんが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム