【アニメ感想】バジリスク ~桜花忍法帖~ 第22話「魔、黄泉返りたり」

 バジリスクの22話を見て感想を書きます。
 時間がない中での最終決戦なのか、敵味方ともに次々と倒れているような気がします。
 信長さんについてはすっかり忘れていたのは内緒です。

【内容】
 突然乱入したハダエボウは成尋に戦いを挑みます。
 響は我に返り、八郎はそのまま成尋と戦うことになりましたが……
 一方で、累たちは走馬灯のように行水のことを思い出していました。

 ハダエボウが取り巻きを抑え、八郎は成尋に挑みかかりますがあっさり倒されます。
 成尋はそのまま八郎にとどめを刺そうとしますが、そこに胡蝶が舞い散ります。
 累たちの幻術に続き、響の攻撃が成尋をやっつけてしまいます。

 成尋は部下をはねのけて八郎との戦いを続けようとします。
 その部下はいきなり涙を流して喜び、成尋を刺し貫いてしまいます。
 いきなり本能寺の場面、信長の死亡シーンが続きます。

 蘭丸は一人で本能寺を切り抜け、その後成尋に拾われて「孔雀」を名乗ります。
 なんでも今から成尋の血を使って信長がよみがえるとのこと。
 復活した信長に語りかける成尋でしたが、あっさりと始末されてしまいます。

 突然にナメンマが出てきて八郎たちを脱出させることに。
 信長はあっさりと孔雀を倒してしまいます。
 果たしてこの男を相手に、響たちはどう戦うのでしょうか。

【感想等】
 敵も味方も次々と消えていき、お話は終末に向かっていることは明らかかと。
 響さんが元に戻ったのは全体的に見ればいい傾向なのかもしれません。
 ハダエボウさんはいまいちわからないところもありますが悪い人ではなかったと思います。

 ちゃんと見ていたはずがよくわからないうちに成尋さんが倒れていたという感じでした。 
 信長さんについては正直なところを言えばすっかり忘れていたのはここだけの話です。
 原作だと敵にはもっと苦戦し、このあたりのところも丁寧に描写されているのかもしれませんが……

 気がつけば復活した信長さんでしたが、残り2、3話で彼を倒して終わりということかと。
 かつて種子島を普及させたあの方は忍者を上回る実力を持っているのでしょうか。
 とりあえず最後まで見守っていけたらいいなと思いますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム