【アニメ感想】ヲタクに恋は難しい 第8話「苦手な雷と、気になるお年頃」

 ヲタ恋の8話を見て感想を書かせていただきます。
 冒頭から中二病を発症させる鳴海さんにふと「高木さん」を思い出したのは私だけではないはず。
 すでに中学校を卒業した私ですが、相変わらず雷が怖いのは内緒です。

【内容】
 中二病を発症させて「風が騒がしいな」と意味深な発言をする鳴海さん。
 台風でテンションが上がらないのかと問いますが、宏嵩はそんなこともないようです。
 実は宏嵩は雷が怖いとのことで、太郎や花子は興味本位で事情を聞くことに……

 ゲームのセーブデータが消失したことから雷が怖いという宏嵩さん。
 ヘッドホンを付けながら仕事をすることになりますが、それでもトラウマを思い出してしまいます。
 宏嵩はSAN値チェックをするといって出て行き、それを心配した鳴海はついていきます。

 壁越しで会話をしつつも、宏嵩は鳴海がやってきたことを思い出します。
 宏嵩は調子を取り戻して仕事を片付けて定時で帰宅したようです。
 一方で鳴海は思いっきり残業をしていましたが……

 後半は宏嵩がピアスの穴を空けて後悔したことを思い出します。
 時系列は現代に戻り、宏嵩はウィンクをしてその怖い顔を突っ込まれます。
 続いて花子が鳴海に絡みますが、太郎が相手が男だったらといえばやっぱりBLに話題が移るのでした。

 宏嵩は自分が他の女性とお酒を飲んだらと問いますが、鳴海は「見当もつかない」と一蹴します。
 太郎、花子と別れて帰宅した宏嵩はゲームにいそしみつつも鳴海の言葉が気になってしまいます。
 次の日、宏嵩は太郎と花子に2人きりのときはどうしているのかと問います。

 普通だと回答する太郎ですが、花子に思いっきりつっこまれてけんかしてしまいます。
 空気を読めない回答を連発した太郎は名前で呼んで花子をデレさせる一方でビンタされます。
 その様子を見た宏嵩は自分たちと太郎・花子は違うと実感するのでした。

 鳴海はバイト中の尚哉を見て彼と「魔王」宏嵩が同じ血族であることに驚きます。
 自分の趣味満載のデートを思い出した鳴海は「デートとは何か」と哲学的に問いかけることに。

 宏嵩は鳴海に声をかけて、今まで付き合った人とはゲーセンや本屋に行ったのかと質問をするのでした。
 次の日曜日に普通のデートを誘う宏嵩なのですが……

【感想等】
 雷が怖いという宏嵩さんですが、そこでゲームが出てくるのが彼らしいかなと思います。
 実際古いゲームの記録の消えやすさは経験した者ならば誰でもわかるかと。
 ファミコン、スーファミをプレイするには勇気がいる反面、メモリーカードがいかに偉大だったかと思い知ります。

 なんだかんだ言って宏嵩さんと鳴海さんの会話がすごくいいなと思ったりします。
 特に男性にとってはピアスの穴を空けるのはなかなか難しいことなのかもしれません。
 太郎さんと花子さんの方が宏嵩さんと鳴海さんよりも進展しているように思えるのは私だけではないはず。

 気の合う仲間だからこそ恋人というくくりではなかなか見られないのかもしれません。
 残りのお話が少なくなってきたところで、改めて2人の関係が元通りになって終わりという感じでしょうか。
 個人的には(公式サイトに出ていた)尚哉さんのゲーム仲間という男性も気になりますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム