【アニメ感想】バジリスク ~桜花忍法帖~ 第21話「於母影、失せるべし」

 バジリスクの21話を見て感想を書かせていただきます。
 敵味方が次々と倒れていき、お話は終盤に進んでいるのは間違いないかと。
 時間の都合とはいえやけにあっさり過ぎているのではないかとも思えますが……

【内容】
 成尋は獣のような交わりを見せろと八郎、響に迫ります。
 一方で涙は胡蝶によってあっさりと老人(ねいり)を倒して先に進みます。
 倒したはずのねいりは傷が回復して復活しますが……

 ねいりは魔神に自分の傷を引き受けさせていました。
 涙たちの前に現われた七弦は操られてしまっているようです。
 ハダエボウは火薬を持ったナメンマと合流し、先に進むことになりました。

 涙の術は七弦には通じず、八郎は改めて成尋と対峙します。
 朧の心を宿した響に口づけをして桜花を発動させようとしますが……
 涙は七弦の母親を演じつつ服を脱いで色仕掛けをします。

 七弦は切腹してねいりにダメージを与え、ねいりはそのまま首を切り落とされます。
 ハダエボウは成尋のところに切り込み、涙たちもまた先へと進みます。
 ねいりは最後の一撃で涙たちを倒しますが、彼もまた散っていくのでした。

【感想等】
 お話が終盤に向かい次々と差し違える流れなのでしょうか。
 原作だと成尋衆がかなり強敵らしいですが、アニメだと時間の都合なのかかなりあっさりのようです。
 いずれにしても最後は敵味方ともにほとんど残らないような気がします。

 ここに来て度々登場する(前作の登場人物の)朧さんやゲンノスケさんはよくわからないです。
 「桜花」の原理はよくわからないのですが、いわゆる愛の力なのでしょうか。
 それと七弦さんが操られすぎなのですが、もしかしたら来なかった方がよかったのかもしれません。

 いきなり服を脱ぐシーンがなかなかシュールで、切腹して相手にダメージが通るのはよくわからないです。
 1回で1人ずつ成尋衆を倒していくというノルマがあるから仕方ないのかもしれませんが……
 残り3、4回で決着を付けて終わりなのですが、最後は結婚式というわけにもいかなそうな気がします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム