【アニメ感想】食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車篇 第20話「えりなの研鑽」

 ソーマさんの20話を見て感想を書かせていただきます。
 気がつけばお父さんと堂島先輩が試合をすることになっていました。
 残り少ないお話で、十傑に勝利して退学を阻止させて終わりでしょうか。

【内容】
 「連帯食戟」の提案に十傑の皆さんもやる気になり、叡山先輩も一度負けた雪辱を果たそうとします。
 その頃、連帯食戟を意識した練習をする創真たち。
 タクミは秋の選抜の敗北と職場実習を受けて、今までの自分をぶち破るのだと気迫を見せます。

 創真はタクミの気迫に触発される一方で、丈一郎はいきなりクレープを焼き始めます。
 続いて創真はちりめんじゃこを取り出して炒め出し、何かに気づいたえりなはステーキを焼いていました。 
 そして「アッシュパルマンティ」の実食へと続きますが、元総帥は創真たちに「互いに食べて勝敗を決するように」と言い出します。

 料理を食べて裸になりつつ、互いに相手の料理を指さす一同。
 えりなはタクミたちの料理を称賛し、一方でタクミは創真やえりなの斬新さを称賛します。
 それぞれのメンバーの実力を知り、確認しあうことができたのは上々のようです。

 列車は進み、創真たちは十傑の皆さんと合流することに。
 薊たちはスキーでやってきて、叡山は並々ならぬ殺意を向けてきます。
 大々的にステージを作って見世物にしようとしているようですが……

 薊は人数は無制限であると告げ、何人でも連れてこいと言い出します。
 勝てば十傑の席を総取りにして退学を阻止するとのことですが……
 十傑もまた自分の生徒手帳を取り出して覚悟を示しますが、薊はえりなはセントラルの一員だと言い出します。

 えりなは深呼吸した上で十傑を返上して創真たちと共闘すると宣言します。
 薊は自分たちが勝利したらえりなは逆らうなと言い出します。
 最終決戦の日程が決まる一方で、創真とえりなは言い争いをしていましたが……

【感想等】
 最終決戦に向けてますますテンションが高まるお話かと。
 タクミさんの燃え上がる闘志、えりなさんも前に進んでいるところがよかったです。
 一方でえりなさんの中の人が休業というのがどうしても気になります。

 互いに食べ合うのは驚きましたが、料理を食べて(男女関係なく)裸になるのはお約束なのでしょうか。
 相手の良さを認めてそれから学ぼうとする態度は実にいいなと思いました。
 言っていることが半分くらいわかっていない一方で互いの発想と解説はなんだか面白いです。

 いまのえりなさんの姿は、1期でもろに悪役を演じていたえりなさんとは別人のようです。
 スキーでやってきた薊さんの姿がなんだかシュールな一方で、えりなさんが意見する姿がかっこいいです。
 創真さんたちに今後さらなる仲間(秋の選抜で戦ったメンバー等)が出てくるのかどうかもちょっと気になってしまいます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム