【アニメ感想】ヒナまつり 第8話「そしてヒナはいつも通り」

 ヒナまつりの8話を見て感想を書かせていただきます。
 冒頭からいきなりヒナさんが手紙を残して去っていき、数話飛ばしたのかと本気で思いました。
 斑鳩さんたち「組織」とは一体なんなのでしょうか。

【内容】
 書き置きを残して新田の家を後にしたヒナさん。
 時系列は遡り、斑鳩という女がアンズの前に登場します……
 アンズは死ぬ覚悟をしていましたが、すでに戦死の報告がなされていたとのこと。

 斑鳩はヒナの行動を調査しにやってきたとのこと。
 ヒナは新田に拾われていると知った斑鳩は、アンズとともにヒナを尾行することに。
 しかし、斑鳩の見たヒナの生態は彼女がかつて知っていた彼女とは別人とのことです。

 斑鳩はヒナが生き物を慈しむかを見るためにわざわざペットショップで犬を買って放置します。
 ヒナはいったんは放置をしたかと思いきや、傘を与えて犬を濡れないようにしていました。
 斑鳩は敗北を認めつつ、調査結果からヒナを連れ帰ることになるのですが……

 ヒナのクラスメイトであるマミは、ヒナが超能力を使っているのを見てしまいます。
 雑誌を読むと組織に消されてしまうこともあるのだとか。
 集中できないあまり、授業中に先生を「ママ」と言い出す失態を犯してしまいます。

 マミの「組織によって作られた超能力少女なんだね!」という言葉は的を得ていたようです。
 命の危機を感じたマミは土下座して許しを請いますが……
 続いてマミはヒナを「師匠」と呼び、超能力の練習を始めます。

 ヒナは能力を秘密にするようにと念を押しますが、マミはドヤ顔で「超能力講座」をはじめます。
 しかし、目の前の物質は浮かぶことはなく、数日学校に出られなくなったとのこと。
 一方でヒナは足が回復したところで斑鳩に接触されますが……

 3日後に帰るようにと言われたヒナは困惑して回転してしまいます。
 気がつけばヒナは精密検査を受けることになりますが、至って健康体なのだとか。
 ヒナは3日後に帰ることを新田に告げると、最後くらい好きなものを食えといくら丼をごちそうしてくれました。

 新田はヒナには迷惑をかけられたと言いつつも「楽しかった」と一言。
 ヒナは「今までありがとう」と言って去って行き、新田はヒナの成長を実感します。
 しかし、帰るために必要な「玉」は新田が捨ててしまっていました。

 玉がないと帰れないことから、ヒナは新田のところに戻ってきました。
 喜んでくれるかなと思っていたら、新田は一人暮らしの開始を祝ってパーティーしていました。
 鼻眼鏡を付けてはしゃぐ新田の姿に「これはない」と言い切るヒナなのでした。

【感想等】
 新キャラの斑鳩さんが登場しましたが、なかなか一筋縄ではいかないようです。
 ヒナさんの上司的な位置づけだと思われますが、あまり仕事熱心ではないようです。
 そもそも彼女たち「組織」というものが一体何をしているのかがよくわかりませんが……

 後半はクラスメイトのマミさんのお話なのですが、特に首が飛ぶことはないと思います。
 ひとみさんがいてマミさんがいるからといって別にまどかさんやさやかさんはいないようです。
 授業中に先生をお母さんと言ってしまったことは経験がある人も多いかもしれません。

 同級生を「師匠」と呼ぶマミさんにふと「うまるちゃん」の切絵さんを思い出しました。
 ヒナさんが帰る流れになっていましたが、最終的に帰ることはなくなったようでよかったです。
 次回は「人生はサバイバル」とのことですが、どんな生き残り工作が繰り広げられるのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム