【アニメ感想】こみっくがーるず 第8話「わんにゃんにゃんわんまつり」

 こみっくがーるずの8話を見て感想を書きます。
 ねこさん大好きな身としてはタイトルの時点でわくわくしかしません。
 人間関係が深まる一方で薫子さんの連載はまだまだ遠いのでしょうか。

【内容】
 薫子はいいネームが書けたと思ったものの、あっさりと没を出されてしまいます。
 寮に戻った薫子は「必要とされていない」「恥製造機」と涙を流します。
 そんな彼女を瑠姫は抱きしめつつ、みんな生き恥だと死んだ目で語ります。

 「みんな生き恥、みんな一緒」と元気を取り戻した薫子さん。
 主人公になりきることになり髪型を少し変えてみますが、なかなかうまくいきません。
 翼はファンのことを考えたらどうかと提案しますが、薫子にはファンが(お母さん以外)誰もいませんでした……

 テスト勉強はしないという小夢ですが、IQ500の先輩はあまり臨場感がありませんでした。
 とりあえず勉強をすることになりますが「わんにゃんにゃんわんまつり」なる言葉が飛び出します。
 結局瑠姫が勉強を教えることになり、少しずつうまくいっているようです。

 集中力が切れた薫子、小夢に対して中二病全開で原稿を進める翼さん。
 そこに差し入れとして登場したのはにゃんわんの一角であるにゃおす先生でした。
 翼によると鎌倉時代は魔王が支配する時代で、御成敗式目、後鳥羽上皇、承久の乱を必殺技のように言い出します。

 先生は翼のノートに書かれたキャラを見て思わず取り乱してしまいます。
 その翼「先生」は思いっきり眠ってしまい、小夢は変なポーズを取って追試が決定します。
 先生や編集者さんは一緒に飲んでいましたが、薫子の担当編集は薫子をぼろくそに言ったことを後悔してしまいます。

 先生方の高校時代のお話になりますが、編集さんと薫子の漫画が似ているのだとか。
 いい仲間に囲まれている薫子は安心だと考えますが、先生方は結局書くことを辞めてしまいました。
 「寮の取り壊し」という言葉がどうしても気になりますが……

 寮にやってきた先生は(高校時代の制服を着て)翼のサインを見て目を輝かせます。
 翼がトーンを探しますが、彼女は目の前の制服姿の先生が本人とは気づかなかったようです。
 担当編集は薫子に喝を入れに向かいますが、薫子は彼女なりに悩んでいるようです。

 編集さんは思い詰めてばかりだとアイデアが貧困になるから息抜きは大切だと告げます。
 薫子の「がんばります」というメールを見た編集さんは直接電話をかけ「面白くしないと許さない」と圧力をかけます。
 つくづく本当に真面目でいい子だと実感する編集さんなのでした。

【感想等】
 冒頭から没を出されてますますネガティブになる薫子さんが心配になります。
 ネガティブになりがちなところは他人とは思えませんが、それでも不快にさせない薫子さんはすごいなと思います。
 「愛され体質」な薫子さんに加えてわんにゃんが加われば無敵なのかもしれません。

 高校の日本史は詳しくないですが、後鳥羽上皇と承久の乱は一生忘れないような気がします。
 編集さんと薫子さんのキャラクターが似ているところもなんだか面白いなと思います。
 先生の制服姿が素敵な一方で突然に出てきた「寮の取り壊し」という言葉がどうしても気になります。

 厳しいながらも優しさを見せる編集さんの姿に母性を感じてしまうのは私だけでしょうか。
 むしろ師匠と弟子みたいな関係なのかもしれませんが……
 薫子さんの成長が気になる一方で、特殊エンディングにある先生方の高校のお話ももっと見てみたいなと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム