【アニメ感想】アイカツフレンズ!第7話「ミライへ続く道☆」

 アイカツフレンズの7話を見て感想を書かせていただきます。
 順調に周りを固めていくあいねさんは、今回はミライさんと絡むようです。
 どこまでも周りを信じ続ける彼女には「挫折」という言葉はないのでしょうか。

【内容】
 みおと出会ってアイドル科に編入したあいねは、前回はエマとの出会いを果たします。
 あいねはミライが出演するドラマ「アイドルは魔女」に興奮し憧れてしまいます。
 そして、あいねの今回の仕事はそのドラマにゲスト出演するというものでした。

 自分のドラマ出演がミライの指名であると知ったあいねは興奮し、改めて練習をすることになりました。
 台詞を覚えることが大切と説くみおに続いて、エマや舞花は体力が大切だと告げます。
 ミライはあいねを指名したのですが、彼女に何か感じるものがあるようですが……

 本番では、マネージャーさんに急用が入ったとのことで、みおがあいねのマネージャー代わりになります。
 ミライが一発でOKなところに驚いたあいねは改めて頭を下げることに。
 みおは「特訓どおりにやれば大丈夫」と後押ししますが、あいねは空回りしてうまくいきません。

 ミライはあいねを呼び出し、撮影まで外を回ることになりました。
 トモスタグラムなるものをやっているミライは、あいねの顔をも投稿してしまいます。
 続いては水上バスで移動したりブランドを見せたりリボンをつけてくれたりします。

 「ドレスは友達」と言い切るあいねにますます興味を持つミライさん。
 みおに後押しされたこともあって、あいねは見事に撮影を成功させることに成功します。
 そしてミライは「チラかわ」なドレスを身にまとってライブを行います。

 家族一同とともに、あいねは自分が出演しているドラマを見ることにしました。
 父親は涙を流し、妹は姉に尊敬のまなざしを覚えます。
 そして大量のいいねをもらったあいねは果たしてどんな「奇跡」を巻き起こすのでしょうか。

【感想等】
 舞花さんやエマさんと出会ったあいねさんは、今回はミライさんと絡むことになりました。
 あいねさんのたどたどしいところにちょっと不安を感じますが、練習に付き合ってくれる皆さんが素敵です。
 出会ってまだ間もないにも関わらず、ここまで親しくなれるあいねさんがうらやましく思えてきます。

 今回のメインはドラマ撮影のお話ですが、初めての経験ではうまくいかなくても仕方ないのかと。
 トップアイドルにもかかわらず気さくに話しかけてくれるミライさんには好感が持てました。
 エマさんとは違った意味で「お姉さん」という感じがして、そんな彼女のことが大好きになりました。

 「ドレスは友達」という言葉がキャプテン翼の「ボールは友達」みたいでいいなと思ったりします。
 気分転換があったとはいえ最後には成功させるあたりに、あいねさんが「大器」を示すもので間違いないかと。
 そして、次回はあいねさんの相方であるみおさんがどんな成長を見せてくれるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム