【アニメ感想】A.I.C.O. -Incarnation- 第12話(終)「再生」

 アイコさんの最終回を見て感想を書きます。
 それぞれの思いがぶつかる中で、いよいよ最後の戦いが始まろうとしていました。
 彼女たちの旅の果てに、どんな結論が導き出されるのでしょうか。

【内容】
 プライマリーポイントにたどり着いたアイコは、もう一人の自分に語りかけます。
 雄哉は今回のミッションを終えたときに自分を終わらせようとしていたことを語ります。
 彼はアイコの決断は偽物ではないと告げ、元の姿にしてみせるのだと告げます。

 伊佐津先生は強引な手段でアイコを確保しようとマターを動かします。
 アイコはカプセルの中に入り、雄哉は改めて彼女を守るのだと告げるのでした。
 一方、伊佐津先生はユズハの複製と一体になってアイコの元に向かおうとします。

 伊佐津先生はユズハの複製体を合体させて巨大な姿に変身します。
 アイコの体ではさすがに楓たちは攻撃のしようがありませんでした。
 それでも雄哉はアイコの手術を進めており、一樹と楓は果敢に敵の本体に攻撃を仕掛けます。

 黒瀬さんの手によってリンクが解除され、同時にアイコの手術も終わったようです。
 本物のアイコは元に戻り、母と弟もまた救出されます。
 マターの体の方に呼びかける一同ですが……

 マターから出てきた恐竜のようなものからもう一人のアイコが生えてきました。
 どうやらグミがアイコの生態情報を保存していたとのこと。
 本物のアイコは母、弟と再会し、仲間を紹介しつつハグをします。

 1人は家族とともに暮らし、もう一人は雄哉とともに旅立つこととなりました。
 南原さんのクビはなくなり、伊佐津先生は事切れたままでしたが、ユズハは復活していました。
 そしてもう一人のアイコは北海道の学校に転校するのでした。

【感想等】
 主人公の女の子のデザインが可愛かったという不純な動機で見始めた作品だったりします。
 1話でアイコさんが周りに愛されて学校生活を送っていたころが今では懐かしいです。
 最終回は学校ではありませんでしたが、周りに愛されていることは間違いないと思います。

 ラスボスとの戦闘をしつつ手術をするという展開はけっこう新鮮かもしれません。
 楓さんと一樹さんの組み合わせもけっこういいのではないかと思ったりします。
 あと、2人ともが助かったようで何よりでしたが、まさかグミさんが伏線になるとは思いませんでした。

 伊佐津先生は自業自得なのかもしれませんが、概ねハッピーエンドで終わったのではないかと。
 北海道に転校したアイコさんの方も新たな思い出が作れればいいなと思います。
 ほかの皆さんの未来も明るいモノであることを願いつつ、いったんは筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム