【アニメ感想】Fate/EXTRA Last Encor 第9話「招き蕩う黄金劇場」

 エクストラアニメの9話を見て感想を書きます。
 公式サイトを確認した上で視聴しているのですが、それでもわからないところが多くて申し訳ないです。
 世界史の教科書でも暴君として書かれていたネロさんも、少し見方が変わってくるかもしれません。

【内容】
 ハクノは女性マスター(白野)から映像を見せられることとなりました。
 彼女はネロとともにユリウスと戦ったのですが……
 自分自身がNPCであることを告げられてショックを受けてしまいます。

 ネロは宇宙にあるものはいずれは消えるのだと告げます。
 サーヴァントとマスターは一心同体であると告げたネロは自分の真名を告げます。
 彼女のあり方は理解されず、無慈悲な暴君として人々に認識されてしまいます。

 ネロは誰の愛も知らないまま最終的に処刑されてしまうのでした。
 その割にはテンションの高いネロは白野に語りかけます。
 ハクノがネロを求めたことが、何事にも代えがたい呼び声だったようです。

 ハクノは目を覚ましますが、自分はマスターではないから戦う資格はないと言い出します。
 ネロはそんな彼のほおを張って、その根底にあるものは変わらないのだと告げます。
 ハクノは前のマスターとは性別の違う別人ではあるものの、同じ心を持った新しい誰かなのだと結論づけるのでした。

 ハクノはユリウス及びバーサーカー(李書文)と戦闘をすることを決意します。
 ネロは自分の真名を明かして宝具の使用を促し、ハクノは彼女の信頼に応えようとします。
 バーサーカーとネロが戦闘を始め、同時にユリウスとはハクノが戦うこととなりました。

 ネロは宝具の発動でバーサーカーを撃退します。
 ハクノを「何も変わらない」と吐き捨てるユリウスにたいし、ハクノはあくまで「人違い」だと告げます。
 もう一度奮い立ったのはネロのおかげであり、先に進むのだと(真っ黒になって)ユリウスに攻撃を仕掛けます。

 ユリウスは死に際に「おまえも俺になる」と一言。
 勝ち残ったハクノはネロと再開する一方で、リン、ラニは役目を終えたとのこと(ですがリンはついてくるようです)。
 この先、2人の行く末には一体何が待ち受けているのでしょうか。

【感想等】
 今回は、女性マスターという「前世」とネロさんのお話ということでよろしいのでしょうか。
 改めてウィキペディアで「ネロ」さんのことを調べて(参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%AD)色々なことを考えたりもしました。
 若干お話からそれるような気がしますが、ローマの火災を沈めて黄金宮殿を作ったという業績があることもわかりました。

 シリアス展開になるかと思ったらネロさんのビンタ(?)に救われたような気がします。
 真名を明かす前に思いっきりネロとブログに書いてしまっていたのは今となってはなんだか申し訳ないです。
 とはいえ、赤セイバー(ネロ)と赤のセイバー(アポクリファのモーさん)ではややこしいという事実もあるのですが。

 バーサーカーさんとの戦闘は意外とあっさり終わったので驚きました。
 ユリウスさんとの戦闘については「少年誌」の決戦らしい殴り合いという感じがします。
 黒くなるメカニズムについてあまりよくわかっていないのはまた後で調べておこうと思います。

 ユリウスさんとの決着をつけ、つぎはいよいよ第6階層ということになりました。
 リンさんについてはまだついてくるようなので、注視しておきたいところです。
 前半が終わって、後半ではどのような戦いが繰り広げられるのか、知識不足ながらも(公式サイトやtypemoonwikiなどを参考に)最後まで見届けようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム