【感想】プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ(9話)「HOME ここにしかないもの」

 次にストライドについて書きます。
 どういう経緯かわかりませんが、息が合うようになったのでよかったです。

【内容】
 前回「花京院高校」に大差を付けられて敗れた方南学園ストライド部の面々は、顧問の先生がいうには「まだのびしろがある」とのことで、一ヵ月後の決勝トーナメントに向かって練習を開始します。
 しかし、奈々は父親から花京院高校への編入をすすめられて集中できず、更に尊と陸は激突して口論になります。

 状況を見かねた周りはみんなでプールに行き、力を合わせることの大切さと互いに切磋琢磨する重要性を2人に伝えようとしますがあまりうまくいきません。
 奈々はバケツサイズのカキ氷を「食べてみたい」と注文し、無理して食べますが限界です。
 そこに陸が交代して食べだし、最後は尊と陸が飲み干して完食します(その後お腹が痛くなって二人でトイレに向かいます)。
 カキ氷を通じてか、2人の息が合うようになり、また奈々は父に「壁をみんなで乗り越えていく」(だから花京院には行きません)と伝えます。

【感想】
 どうしてカキ氷なのかと思わなくもありませんが、結論としてうまくいったのでよかったのではないかと思います。
 色々な意味で素敵な関係だと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム