【アニメ感想】EVIL OR LIVE 第11話「絶望の氷壁」

 イーブルオアライブの11話を見て感想を書きます。
 今回はシオリさんの過去が明らかになり、ひときわ重たいお話になりました。
 そしてヒョウという男が一体何を考えているのか、わたし、気になります!

【内容】
 父親を失ったシオリは立て続けに母親をも(自殺で)失ってしまいます。
 残された彼女は弟のシュウとともに親戚のおじさんに引き取られることになりました。
 「俺達は家族になる」といいことを言うおじさんですが……

 弟は遺伝性の病気で入院し、シオリはその治療費を稼ぐためにとおじさんの虐待を受けてしまいます。
 実際は父や母のお金を使い込んでいたおじさんに反撃したシオリは、例の学校に入れられてしまうのでした。
 現代に戻ったシオリは、ジュンからは弟に合わせてやるから言うことを聞けといわれます。

 ヒビキはシンの姿が見られないことにいらだっていました。
 紫の髪の男性が陰で暗躍しているとのことですが、それはシン本人なのでしょうか。
 4組を掌握したヒビキは自分達が強くなることで総教官を味方に引き入れようとします。

 突然登場した「ヒョウ」は、総教官を停職に追い込み、ヒビキたちの教官になるとのこと。
 ヒョウは4組の統率力を試そうと、生徒一同を直立不動にさせることになりました。
 倒れてしまったメガネの生徒はヒョウに首をつかまれ、ヒビキは忠誠を示すために自分を罰して欲しいと告げます。

 ヒビキはヒョウに呼び出され、自分が99%の学生の中で重要だと告げられます。
 彼は携帯の商売を手伝えば学生の頂点に立つことを手伝うとのことですが……
 そして、ヒビキは牢の中でぼろぼろになったシオリと再会します。

 ヒビキは突然狂ったように笑い出し、ヒョウに味方することを宣言します。
 ヒョウからなくした携帯を見つけてほしいといわれたヒビキは仲間と協力して探し回ることに。
 携帯を見つけ出したヒビキはヒョウにそれを渡し、シオリを自分に任せてくれないかと申し出ます。

 ヒビキはシオリを救出して背負い、自分が悪かったと涙を流します。
 彼はシオリにもうすぐ外に出られると語りかけますが……

【考察等】
 実は優しかったというシオリさんの壮絶な過去が明らかになりました。
 弟思いの彼女でしたが、おじさんによってすっかり心を打ち砕かれてしまったようです。
 この学校に入れられた理由も分かりましたが、どう見てもネット依存症とは関係ありません。

 今回のメインはヒビキさんとヒョウさんの接触でしょうか。
 ヒョウさんがシンさんのお兄さんの意を受けてやってきた人物ですが、その目的は現時点ではよく分からないです。
 たびたび出てくる携帯電話はそれほど重要なアイテムなのでしょうか。

 闇墜ちしたヒビキさんですが、シオリさんを思い続けている「良心」はまだ残っているようです。
 次回は最終回とのことですが、いろいろあった複線はどんな風にまとめられるのかが気になります。
 シオリさんは弟さんに、ヒビキさんはシンさんに会うことはできるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム