【アニメ感想】クジラの子らは砂上に歌う 第12話(終)「ここに生まれてよかった」

 くじらさんの最終回を見て感想を書きます。
 敵味方に動きがある中、お話はどんな形で終着点を迎えるのでしょうか。
 私も「生まれてよかった」といえる人生を歩めればいいのですが……

【内容】
 反逆を企てる双子を圧倒するオウニに、集まった人々は解散を始めます。
 死にかけたマソーはつらいことも悲しいことも全部持っていくと言い出しますが、持って行かないでと反論されます。
 一方、帝国ではオルカ(黒幕の男性)が動きはじめますが、道化になったリョダリはすっかりおかしくなっていました。

 長官と面会するオルカは記録係の女性に「サルクス」を与えているとのこと。
 しかしそのサルクスは三親等以内という限定があるようですが……
 皇帝から第一のヌースを奪うと考えているオルカなのでした。
 
 砂クジラではマソーの葬儀が行われ、遺体は砂の海に流されていきました。
 チャクロたちは涙を流す一方、シュアンはオウニに悲しむ必要はないと告げます。
 スオウは印を持つ人間と持たない人間の歴史を調べることになりました。

 リコスに話しかけるネリは、彼女の痛みを消してあげようかと言い出します。
 チャクロはおじいさんやサミとのことを思い返すことになりました。
 読めばみんなが思い出すように自分のことを書いて欲しいと告げるのですが……

 自分が人々のことを思い出してほしいから書いていたことを思い出すチャクロさん。
 スオウは人々を集めて印(≒能力者)の人々の寿命が短いことを悲しんでいたことを告げます。
 泥クジラが命を食らっていたという事実が明かされ、例の双子が登場して無印は「強盗」だとスオウに石をぶつけます。

 オウニは双子に反発し、亡くなった人たちを忘れないと告げます。
 スオウは無印の人たちが事実を隠していたのは人生を謳歌して欲しいという思いがあったことを告げます。
 泥クジラは動き始め、リコスは突然「ごめんなさい」と涙を流します。

 新天地を目指して突き進む泥クジラの皆さん。
 スオウはオウニに新しい共同体のリーダーになってほしいと告げます。
 一方で、帝国サイドではオルカもまた動き始めるのでした。

 命を削ることになってもここでチャクロと一緒にいたいと語るリコスさん。
 チャクロはその運命を受け入れつつ「ここに生まれてよかった」と締めくくります。
 果たして彼らの行く手には何が待ち受けているのでしょうか。

【考察等】
 アニメは終わる一方で、お話はまだまだ続くような、そんな終わり方だったような気がします。
 この前に「妹さえ」を見ていたからか、茶髪男性が雑誌編集者さんにしか聞こえません。
 そしてオルカさんはその声優さんの演技傾向もあって相変わらず黒幕臭さ全開でした。

 チャクロさんが自分の立ち位置を定める一方、オウニさんはいろいろと何かがあるようです。
 スオウさんは戦闘能力はありませんが、短命の秘密という事実を告げる勇気がすごいと思いました。
 そしてお話は綺麗に終わったと思いますが、一方でまだまだ謎は多いことを感じます。

 世界観やキャラクターが魅力的なお話でしたが、一方で設定についていけなかったことも多かったりします。
 公式サイトを見てもなお分からない用語が一杯あったりしましたが、原作を読んだほうがよかったのでしょうか。
 私もアニメの記録を伝えていければいいなと本気で思いつつ、一旦は筆をおこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム