【アニメ感想】つうかあ 第12話(終)「Ladies, Start Your Engines!」

 つうかあの最終回を見て感想を書きます。
 憧れのコーチが結婚してしまい、さらにはゆりさん達は事故を起こしてしまいました。
 果たして彼女たちはレースに戻ってくるのでしょうか。

【内容】
 レース中に事故を起こしたゆりとめぐみは救急車で病院に運ばれていきました。
 他のチームの選手も彼女たち2人が心配である一方で、最善を尽くすことが勤めだと結論付けます。
 2人のためにも全力で勝負をする皆さんはやっぱり「レーサー」なのでした。

 命に別状はないのかもしれませんが、めぐみは足を怪我してしまいます。
 「心配したんだから」とめぐみに泣きつくゆりさん。
 予選は最下位に終わり、決勝が危ぶまれる中、棚橋コーチはドライバーとパッセンジャーを入れ替えることを指示します。

 「お前達なら出来る」と生徒を後押しするコーチですが、ゆりとめぐみは(恋愛的な意味で)もう無理だと言い出します。
 突然の変更の上に、めぐみの左足も思わしくなく、ゆりもすっかり心配してしまいます。
 それでも家のお手伝いをするゆりとめぐみに両親も心配が止まりません。

 むつき(メカニックの人)は徹夜で改造を行って「最後まであきらめないで」と一言。
 バーチャル姉は2人の気持ちに気づいていないに「残酷」だとつぶやきます。

 怪我やポジション変更といったハンデを抱えたまま決勝レースは始まりました。
 コーナーのたびに突き放されるのはある意味仕方がないことなのかもしれません。
 さらには雨まで降ってきて、状況はますます不利になっていきます。

 レースでも恋愛でも「無理だった」とつぶやくゆりとめぐみ。
 恋愛沙汰で喧嘩を始める2人はついには殴り合いを始めてしまいます。
 そして、コーチと出会う前は走ることが好きだったことを思い出して再び走り始めます。

 追い越し禁止になって勝負は振り出しに戻る中、ゆりたちが追いついてきました。
 勢いをさらに強めて次々と他のレーサーを抜きさる明日葉丸に実況も興奮を隠せません。
 互いの乗り方をまねることで最高のパフォーマンスを生み出します。

 「私は私の世界で勝利する!」と優勝を勝ち取るゆりとめぐみ。
 コーチはバーチャル姉に振られてしまい、ゆりは「これからもよろしくお願いします」と一言。
 思わぬ形で振り出しに戻った2人を見守る形でお話は一旦終了する一方、部員不足で廃部というお話も出てくるのでした。

【考察等】
 予選の事故は命に別状はないのならばまずますなのかもしれません。
 そうかと思えばドライバーとパッセンジャーを入れ替えるという発想はなかったです。
 最後まで生徒の(恋愛的な)気持ちは考慮しないレースバカのコーチさんはご愛嬌でしょうか。

 不利な状況下でレースが始まり、突然の取っ組み合いは彼女達らしいと思います。
 そして初心に帰るのもある程度想定内の展開でした。
 突然の雨も味方につける形で次々と抜き去るところはかっこよかったです。

 独特の題材も個性的なキャラクターも、白熱したレース展開も見所一杯の作品でした。
 突然のSMが出てきたのは今でも強く印象に残っていたりします。
 個人的にはゴスロリの2人のサイドストーリーもあればもっとよかったのかもしれませんが。

 女心を理解できないコーチが振られたことでお話は振り出しに戻る形になりました。
 レースも恋愛もますます白熱しそうな一方で、新入部員という展開で続編もありえるのかもしれません。
 スタッフの皆さんの感謝と、忘れた頃に2期が作られることを願いつつ、ここで一旦筆をおこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つうかあ最終話視聴おつかれさま。
私も何とか見てまいりました。

ご都合的な所もある最終回でしたが
見どころのシーンも多かったですね。
怪我は大事に至らず良かったですが
松葉づえを付く様な状況でレースに
参加するというのは少し常識外かと。
普通なら許可されないはずですが
そこはアニメ作品ということで。

役割を入れ替え、マシンの改造まで
してのレース復帰になりました。
ニーラーでは男女混合のペアも
許されているようですが、
コーチは女子高生ではないので
パートナーにはなれないでしょう笑

予想通りといいますか、レースでは
思うようなポジションが取れない二人。
雨のなか、今までにない大喧嘩を
してしまいましたね。
そんな二人ですが、コーチに出会う
前の夢を思い出せたのは救いです。

その後の活躍ぶりはご都合ぎみですが
見事、優勝を勝ち取ってくれました。
ゆり&めぐみペアの怪我はありましたが
あくまでもフェアプレイで応じてくれた
他のコンビたちもみな立派でした。

ラストではコーチが振られる大波乱が。
子供っぽい彼とは言い切れませんが
少しレースに一途すぎたようですね。
バーチャル姉さんのお眼鏡にかなう
男性ではなかったのかもしれません。
理想の高い女性は厳しいです(苦笑

番組が一旦終了したのはともかく
これでゆり、めぐみさんの二人にも
コーチと恋仲になるチャンス復活です。
喧嘩する理由も元通り、ですが。

もし2期が製作されるとしたら
側車部の今後、そして1期で
紹介されなかったペアのお話も
見てみたいと思います。
ゴスロリさんたちや宝塚コンビにも
再びお会いしたいものですね。

余談ですが、
作中で私の一番好きな台詞は
「グーッドモーニーング三宅島!」
でしょうか?

猫さん、おやすみなさい。
今週もよろしくお願いします。

Re: No title

> つうかあ最終話視聴おつかれさま。
> 私も何とか見てまいりました。
 こんにちはです。
 つうかあ完走おつかれさまでした。

> ご都合的な所もある最終回でしたが
> 見どころのシーンも多かったですね。
 最後に次々と抜き去るところが
 すごくかっこよかったです。

> 怪我は大事に至らず良かったですが
> 松葉づえを付く様な状況でレースに
> 参加するというのは少し常識外かと。
> 普通なら許可されないはずですが
> そこはアニメ作品ということで。
 確かに、あの怪我で参加ってすごいです
 コーチは本当のレースバカなのでしょうか。

> 役割を入れ替え、マシンの改造まで
> してのレース復帰になりました。
> ニーラーでは男女混合のペアも
> 許されているようですが、
> コーチは女子高生ではないので
> パートナーにはなれないでしょう笑
 突然のポジション入れ替えって
 すごい発想ですよね。
 コーチが女装するわけにも
 いかなかったのだと思います。

> 予想通りといいますか、レースでは
> 思うようなポジションが取れない二人。
> 雨のなか、今までにない大喧嘩を
> してしまいましたね。
 ビンタくらいならまだしも
 グーで殴り合ってました。
 少年漫画みたいです。

> そんな二人ですが、コーチに出会う
> 前の夢を思い出せたのは救いです。
 初心に帰ることは大切なことだと思います。

> その後の活躍ぶりはご都合ぎみですが
> 見事、優勝を勝ち取ってくれました。
> ゆり&めぐみペアの怪我はありましたが
> あくまでもフェアプレイで応じてくれた
> 他のコンビたちもみな立派でした。
 どのチームも個性的で魅力的で、
 見ていて楽しいアニメだったと思います。

> ラストではコーチが振られる大波乱が。
> 子供っぽい彼とは言い切れませんが
> 少しレースに一途すぎたようですね。
> バーチャル姉さんのお眼鏡にかなう
> 男性ではなかったのかもしれません。
> 理想の高い女性は厳しいです(苦笑
 レースしか見えてなかったとはいえ、
 まさか振られるとは思わなかったです。

> 番組が一旦終了したのはともかく
> これでゆり、めぐみさんの二人にも
> コーチと恋仲になるチャンス復活です。
> 喧嘩する理由も元通り、ですが。
 ある意味振り出しに戻ったという形だと思います。
 あのコーチと付き合ってもいろいろ大変かもしれませんが。

> もし2期が製作されるとしたら
> 側車部の今後、そして1期で
> 紹介されなかったペアのお話も
> 見てみたいと思います。
> ゴスロリさんたちや宝塚コンビにも
> 再びお会いしたいものですね。
 全部のペアを紹介すると思ったら
 大阪の人とかゴスロリの人とか
 カットされてしまったのがちょっと残念です。

> 余談ですが、
> 作中で私の一番好きな台詞は
> 「グーッドモーニーング三宅島!」
> でしょうか?
 確かにあの掛け声、
 すごく元気でいいですよね。
 いっそ目覚ましにしてもいいかもしれません。

> 猫さん、おやすみなさい。
> 今週もよろしくお願いします。
 こちらこそふつつかものですが
 どうかよろしくお願いいたします。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム