【アニメ感想】宝石の国 第12話(終)「新しい仕事」

 宝石の国の12話(最終回)を見て感想を書きます。
 1話からのフォスさんの「進化」に、そしてここにきての新キャラ登場に驚いてます。
 出来ることならば2期の放送を期待したいところです。

【内容】
 久しぶりに目を覚ましたパパラチアは、フォスの変貌に気づいていました。
 「苦労したな」と頭をなでるパパラチアに、フォスは「聞きたいことが」と一言。
 外に出たフォスは月人と話してみたい、そして自分で見極めたいと告げます。

 ルチルの「パズル」をあきらめさせたいと語るパパラチアさん。
 突然倒れたかと思えば、いきなり眠ってしまったようです。
 一方、ボルツはジルコンと行動をともにしていました。

 金剛先生と月人との関係について疑問を抱いたフォスさん。
 ジルコンは自分がボルツに嫌われているのではないかと気にしていました。
 なんでも彼女の弱点は相方であるイエローダイヤモンドらしいのですが……

 イエローダイヤモンドがルチルと会話したかと思えば追い掛け回します。 
 フォスは月人について勉強しなおしたいと考えますが、昔勉強したものを覚えていないようです。
 金剛先生から授業を受けている初々しい時期を思い出します。

 金剛先生のコスプレをしたアレキはクイズ形式でフォスに勉強をさせます。
 後日テストをするとのことですが、どこまでもクイズがすきなのでしょか。

 月人と会話できるのかは現時点では不可能とのこと。
 フォスが生まれる少し前に相方を失ったからこそ、新鮮な憎しみを溜め込む必要があるのだとか。
 そんな中、月人が出現し、フォスは武器なしで戦うことになりました。

 月人と話そうとするも全く通用しなかったフォスさん。
 結局はその月人はシンシャによって倒されてしまいます。
 一連のやり取りの中、フォスは「新しい仕事」について考えますが……

 フォスはシンシャと一緒の仕事を見つけたと語ります。
 シンシャは「楽しい」が抜けてると反論してしまいます。
 その仕事は月人と金剛先生の関係を探るというものなのでした。

 一旦はシンシャに拒否されたフォスはひとまずは立ち去ることになりました。
 ダイヤはぬいぐるみのようなものを抱きしめ、ジルコンはボルツと修行をすることに。
 そして昔の自分のことをうらやましいと思えるフォスは金剛先生と向き合うのでした。

【考察等】
 先生に疑問を持つフォスさんは悩み多きお年頃なのかもしれません。
 そして、ジルコンさんの「嫌われているのではないか」という疑問も分かる気がします。
 そう考えると彼女達「宝石」もわたし達人間と同じようにも思えてくるから不思議です。

 最終回にもかかわらず新キャラが登場し、ますます先が気になる作品です。
 そして日常回でもあったのか、ジルコンさんやルチルさんの動作、クイズ大好きなアレキさんが面白いです。
 シンシャさんの「楽しい」が抜けてると反論するところも中々シュールです。

 一度芽生えた疑問はどうしても消えることはないのかもしれません。
 とはいえ、犬のような月人をもふもふする金剛先生が悪い人には思えないのも事実ですが。
 何気に男性キャスト1人の撮影現場がどうなっているのか想像しても楽しいかもしれません。

 個性豊かな設定やつかみどころのないキャラクターが魅力的な作品でした。
 幻想的な風景に現実から解放されたり、いろいろな宝石の名前を知れたり、いろいろと実りは多かったと思います。
 まだまだ先が続きそうなだけに、いつの日か2期があればと思うばかりです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム