【アニメ感想】Fate/Apocrypha 第23話「彼方へと」

 アポクリファの23話を見て感想を書きます。
 続く最終決戦は、モーさんとセミラミスさんの戦いが今回のメインでした。
 獅子却さんとの関係が親子関係に見えるのは私だけでしょうか。

【内容】
 モーさんと獅子却さんは2人で空中庭園を進みます。
 戦いが終わったら祝杯でも挙げないかというのは死亡フラグにしか見えません。
 そして彼女達の前に立ちはだかるのは……

 オープニングの後、モーさん達は赤のアサシンこと「女帝」セミラミスと対峙します。
 突然の毒にモーさんは獅子却さんを避難させ、部屋の外に出された獅子却さんは令呪で彼女を脱出させようとしますが命令が無効化されてしまいます。
 毒を受けながらも果敢に立ち向かうもモーさんですが、セミラミスの鎖に捕らえられてしまいます。

 上空から宝具を放つモーさんですが、今一歩届くことはありませんでした。
 宝具「ブラッドアーサー」による攻撃すら通じず、毒の前に倒れてしまいます。
 セミラミスはモーさんを誘惑し、モーさんは改めて自分の望みについて何かと考え始めます。

 少女時代のモーさんはマーリン(?)に見守られながら父(アルトリア)が剣を抜く様を目の当たりにします。
 モーさんは父の孤独を癒したかったという自分の真の願いを思い出して再びセミラミスに立ち向かいます。
 どうしても倒せなければならないというモーさんの覚悟に応えるように獅子却さんもまた全力を発揮します。

 部屋に入ってきた獅子却さんに薬物を投与されたモーさんは力を取り戻します。
 獅子却さんの「王を討て」の命令による後押しを受けて、ついにモーさんはセミラミスに一撃を与えます。
 しかし、獅子却さんはこときれてしまい、モーさんは彼と運命を共にすることになりました。

 獅子却さんは後継者ではなく失った娘を求めていたと吐露します。
 対するモーさんもまた、自分を見つめなおして「選定の剣」は必要ないと返すのでした。
 「楽しかったぜ」の一言とともに、モーさんはすがすがしい表情で消滅していきました。

 大聖杯の前にやってきたジャンヌの前に立ちはだかるのは、赤のキャスターことシェイクスピアでした。
 気がつけば(シェイクスピアの宝具によって)ジャンヌは生まれ故郷の村にやってきていました。
 一方、アストルフォはセミラミスの鎖にとらわれますが、ジークを先に進ませます。

 母親の姿に動じなかったジャンヌですが、今度は戦場へと案内されます。
 故国を守りながらも最後は火刑に処せられたジャンヌは自分の結末は「運命」だと言ってのけます。
 さらに見せられるのは、ジークが自分に代わって火刑に処せられる光景でした。

 シェイクスピアの宝具がベースとするのはジャンヌの記憶であったとのこと。
 そして最終幕ではかつての戦友「ジル・ド・レ」と再会します。
 ジルは自分をジャンヌのサーヴァントだと告げる一方で、首だけになったジークを見せ付けます。

 ジークへの強烈な感情を「愛」だと言ってのけるジルさん。
 自分は人を愛する資格はないと考えるジャンヌですが、彼女に体を提供したレティシアはそれを否定します。
 完全に追い込まれたジャンヌは果たして立ち上がることが出来るのでしょうか。

【考察等】
 前回の3人のサーヴァントに続き、今回もまた1人(モーさん)が退場してしまいました。
 気がつけば彼女と獅子却さんとのやり取りが、全体的に重たいテーマが先行するこの作品の清涼剤の1つだったのではないかと思う今日この頃です。
 父を癒そうとしていたモーさんと娘を求めていた獅子却さんは出会うべくしてだったのではないか、そんなことを考えるのは私だけでしょうか。

 前回ジャンヌさんを先に進ませたセミラミスさんは、モーさんと獅子却さんと戦うことになりました。
 アサシン(暗殺者)の毒に圧倒され、全体的に不利な状況におかれるモーさんですが、その果敢に戦うさまは沢城さんの演技もあって見ていてとてもかっこよかったです。
 カルナさんとジークさんの戦いもそうでしたが、迫力ある戦闘が続くことはうれしい一方で、スタッフの方々は大丈夫なのかとちょっと心配になってしまいます。

 追い込まれたかに思われたモーさんでしたが、自分の願いを思い返すところでは涙が出てきます。
 彼女は結局は、父親に対してどこまでも一途で、そして不器用な騎士だったのだと思います。
 川澄さんのボイス入りでアルトリアさんが出てきたのはうれしいですし、櫻井さんが声を当てるもう一人の魔法使いさんはやはりマーリンさんなのでしょうか。

 マスターと一体になった激しい攻撃の末に、セミラミスさんを打ち破ったモーさんでしたが、そこで力尽きてしまいました。
 数多いサーヴァントの中で一番人間らしかったのは彼女だったのではないかと、いまさらながらに思います。
 やりきったというその表情は安らかで、以前の荒々しかった彼女とはなんだか別人にすら思えてきます。

 後半はジャンヌさんがシェイクスピアさんの宝具でトラウマを見せられるお話でした。
 フランさんのときも思いましたが、やはり精神攻撃が一番恐ろしいのかもしれません。
 全体的につらいお話なのですが、一方で(Fate/Zeroでも出演した)ジルさんが出てきたのはちょっとうれしかったりします。

 ジークさんへの特別な感情を指摘され、すっかり心を折られたジャンヌさんもやはり人の子だったのだと思います。
 次回はジークさん本人がジャンヌさんを正気に戻して、いよいよシロウさんとの対面なのでしょうか。
 内容の分量的なことを考えると時間的に厳しいかもしれませんが、最後まで綺麗に終わることを願うばかりです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

遅くなりましたが感想よろしいですか。
アポクリファ23話、私も見ました。
お昼休みは貴重だと思うので
お返事は後回しでけっこうです。

モーさんと獅子劫さんのやり取り、
確かに序盤からフラグでしたね。
セミラミスさんは強いです。
ほとんど玉座から動くこともなく
二人をあしらってしまいました。
自分の目玉をえぐって?まで
モーさんの様子を見ようとした
獅子劫さんもある意味凄いです。

ピンチに陥ったモーさんですが
獅子劫さんが決死の覚悟で
薬を注入してくれて助かりました。
セミラミスは倒したようですが
モーさんも獅子劫さんもいなく
なってしまいましたね。

この二人はまさに名コンビでした。
支配や権力、武勇のみが王者の
条件では無いのだと思います。
モーさんはそれよりも大事な事に
気づくことができたようですね。
消滅してしまったものの、彼女には
王としての素質があったでしょう。
彼女に気さくに付き合ってくれた
獅子劫さんも好印象な人物でした。

後半はジャンヌVSシェイクスピアの
戦いですが、これはキャスター側の
ほぼ一方的な精神攻撃でした。
精神力の強そうなジャンヌさんでも
大切なジークさんを出されてしまうと
どうにもならなかったようですね。
まったく、恐ろしい事です。
聖女様が恋をするのも、個人的には
不自然な話ではないと思いますが
やはり、いけないのでしょうか。
彼女達がシェイクスピアさんや
シロウさんに無事勝利できる
ことを願うばかりです。

文章が長くなってすみません。
できればまた夜にお会いしたいです。
猫さんもよい午後をお過ごしください。

Re: No title

> 遅くなりましたが感想よろしいですか。
> アポクリファ23話、私も見ました。
 こんにちはです。
 アポクリファ視聴おつかれさまでした。

> お昼休みは貴重だと思うので
> お返事は後回しでけっこうです。
 いえいえ、大丈夫です。
 お返事のほうが大事だと思ったりします。

> モーさんと獅子劫さんのやり取り、
> 確かに序盤からフラグでしたね。
 この2人のやりとりもこれで見納めになりましたね。

> セミラミスさんは強いです。
> ほとんど玉座から動くこともなく
> 二人をあしらってしまいました。
 この方確かに強敵ですね。
 声優さんがリーリエさんと同じとは思えないです。

> 自分の目玉をえぐって?まで
> モーさんの様子を見ようとした
> 獅子劫さんもある意味凄いです。
 この人、歴戦の勇士といった
 感じがいたします。

> ピンチに陥ったモーさんですが
> 獅子劫さんが決死の覚悟で
> 薬を注入してくれて助かりました。
 いわゆるドーピングなのでしょうか。
 スポーツ選手とトレーナーに見えるかもしれません。

> セミラミスは倒したようですが
> モーさんも獅子劫さんもいなく
> なってしまいましたね。
 1話からのお付き合いだけに
 いろいろ思うところはありました。

> この二人はまさに名コンビでした。
> 支配や権力、武勇のみが王者の
> 条件では無いのだと思います。
> モーさんはそれよりも大事な事に
> 気づくことができたようですね。
 彼女が一つの結論に至ったのは
 大きな成長であったと思います。

> 消滅してしまったものの、彼女には
> 王としての素質があったでしょう。
> 彼女に気さくに付き合ってくれた
> 獅子劫さんも好印象な人物でした。
 この2人の組み合わせは見てて楽しかったです。
 カウレスさんとフランさんといい、
 ほほえましい関係だけに、それが終わったことに
 大きな何かが零れ落ちたような喪失感を
 抱いてしまいます。

> 後半はジャンヌVSシェイクスピアの
> 戦いですが、これはキャスター側の
> ほぼ一方的な精神攻撃でした。
 かつてフランさんに行った時以上の
 すさまじい内容でしたね。

> 精神力の強そうなジャンヌさんでも
> 大切なジークさんを出されてしまうと
> どうにもならなかったようですね。
> まったく、恐ろしい事です。
 的確に相手の弱点をついてきた
 さすがにジャンヌさんでも厳しかったかと。

> 聖女様が恋をするのも、個人的には
> 不自然な話ではないと思いますが
> やはり、いけないのでしょうか。
 彼女には多くの人を犠牲にしてきたという
 罪悪感のようなものがあるのかもしれません。

> 彼女達がシェイクスピアさんや
> シロウさんに無事勝利できる
> ことを願うばかりです。
 次回でシェイクスピアさんには勝てそうな気がしますが、
 シロウさんは下手をすると来年かもしれません。

> 文章が長くなってすみません。
> できればまた夜にお会いしたいです。
> 猫さんもよい午後をお過ごしください。
 いえいえ、お気持ちがこもっていてうれしかったです。
 夜には浮上できるかと思います。
 ようへいさんも、どうかご無事で戻られることを願います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> もうすぐ24話が放送されるって頃ですが、それでも23話の補完コメをやっておくわけです。確かにモーさんとセミラミスの戦闘がメインでした。獅子劫さんとモーさんの関係は親子だと言っても間違いはありません。録画は残してるので、流しながら全体の流れを振り返ろうと思います。
 日記を含めて3つ目のコメントありがとうございます。
 お返事をしつつ23話のおさらいをさせていただきます。

> モーさんと獅子劫さんはセミラミスが待つ玉座を目指して歩いていました。原作だと獅子劫さんと合流してから罠がある部屋を突破したり、いろいろあったんですがね。この玉座を目指してる時の会話ももう少し長いし。
> モーさんと獅子劫は戦いが終わったらお祝いをしよう的な事など、不吉な事を話しながら歩いていたら見えて来た巨大な扉の中に入ります。そこに居ると思われるセミラミスを倒して大聖杯でお互いの願いを叶えるために。
 カットされたのは時間の都合だと思います。
 私もあの2人の会話は死亡フラグにしか聞こえませんでした。

> モーさんはセミラミスに話しかけます。モーさんはセミラミスを蹴り飛ばして座ると言いますが、セミラミスが自分が案内したと言って宝具を発動させます。すると部屋全体に毒が発生し、危険を感じたモーさんは獅子劫さんを蹴って外に出します。
> 獅子劫さんは梟の目で様子を見ようとしますが、毒で自分の目が残念な事になってしまいます。獅子劫さんは令呪を使ってモーさんを呼ぼうとしますが、無効化されてしまいます。モーさんは兜と鎧でどうにか毒を避けますが、毒の鎖でぶんぶん振り回されてしまいます。
 毒にしても鎖にしても、アサシンらしい能力ですよね。
 空中庭園はキャスター的な能力にも思えますが…… 

> モーさんは獅子劫さんから魔力を搾り取ると言って本気を出しますが、鎖で止められてしまいます。Zeroのイスカンダルと同じですね。イスカンダルもギル様に攻撃しようとしたところを鎖で止められてしまい、敗北しています。
> セミラミスは神魚を召喚します。名前は後で出て来ますが。セミラミスはモーさんにバーサーカーみたいだと言います。モーさんは宝具で賭けに出ますが、盾で止められてしまいます。しかも毒のせいで苦しむ事になります。
 この流れはモーさんが負ける方向だったように思えます。
 それだけにここからの逆転がすごかったと思いますが。

> セミラミスは丁寧に自分の宝具であるシクラ・ウシュムについて説明します。書き方は驕慢王の美酒です。玉座の間に居る時に発動できます。周囲環境を毒化する。攻撃や空気や魔力に毒を付与して、添加します。
> ヒュドラの毒を生成してモーさんを苦しめていますね。獅子劫さんの目が残念な事になった原因もこの毒です。毒に関する逸話があれば幻想種でも召喚可能。凄いチートです。大体のサーヴァントに勝てる。純粋なアサシンとして召喚されたらこの宝具をメインにして戦うらしい。
 周囲を毒にするのは耐性がない限りはほとんど全滅でしょうか。
 そう考えると大体のサーヴァントに勝てるというのは事実かと。

> そう考えると玉座の間以外でも一応使えるんでしょうね。効果は低くなると思われますが。それでも大体のサーヴァントは敵じゃないでしょう。セミラミスはモーさんの事を気にいっていると言い、モーさんを陣営に入るように誘います。
> そんな中でモーさんは自分の願いと向き合います。ここでファンサービスとしてマーリンとアルトリアが出て来ますね。この辺りの会話はSNの頃から数回ぐらい繰り返された会話ですが。モーさんが普通の恰好をしているレアな場面です。
 あの櫻井さんのお声の男性はマーリンさんでよかったのですね。
 確かにモーさんは普通の格好をしてました。

> モーさんは願いと向き合い、本当に大切な願いに気づきます。モーさんは聖杯を獲るためではなく、セミラミスを倒すためだけに戦う事を獅子劫さんに話します。獅子劫さんは賭けをします。獅子劫さんはヒュドラの毒の血清を打ち込んで、モーさんを復活させます。
 ここからのモーさんはすごくかっこよかったです。
 なお、私は獅子却さんの薬はドーピング薬だと思ってました。

> ここで神魚の名前がバシュムである事が判明していますね。獅子劫さんは令呪を使ってモーさんに命令をし、モーさんを強化します、モーさんはセミラミスに致命的なダメージをあたえます。セミラミスは消えてしまいましたが、消滅は近いみたいです。
 ここのところは本当に見事な戦いぶりでした。
 セミラミスさんはあとはアストルフォさんに負けるのでしょうか。

> 獅子劫さんは毒の影響で限界になってしまいます。モーさんは再契約せずにここで聖杯を諦める事にしました。モーさんは願いよりも大切な何かに気づいたみたいなので。ここのモーさんと獅子劫さんの会話も原作だともっと長いんですがね。
> 獅子劫さんのタバコは不味いって言われてるタバコなので、モーさんが咳き込むのも仕方ない事です。原作みたいにちゃんと吸ってたら違和感しかない。獅子劫さんは残念な事になり、モーさんは消滅します。
 カットは時間的な問題だったのでしょうね。
 それでもしっかりと細部は描かれていたように思えます。

> 原作だとこの後にモーさんは座に記録として帰る前にセイバールートのラストのアルトリアの光景を見るんですが、そこはカットされています。ディーン版でそこは映像化されたし、原作のセイバールートを最後まで読めばそれぐらいは分かる事なので。カットは正解です。
 そういえば、旧アニメでそんなシーンがありましたね。
 ゲームのほうもいずれはプレイしてみようと思います。

> ジャンヌは大聖杯のところに辿り着きます。ジャンヌはシェイクスピアに会い、降伏するように言いますがシェイクスピアは宝具を発動させます。ファースト・フォリオです。書き方は開演の刻は来たれり、此処に万雷の喝采を
> 世界改変型宝具です。世界を閉塞させ、脚本を生み出し、物語を強制します。対象者に難題を突き付ける。対象者の精神に働きかけ、打撃を与えられる場面を再現し、トラウマを暴き出す。そうやってあらゆる心をへし折ってしまうわけです。
 シェイクスピアさんの宝具恐ろしいです。
 学園祭の定番であるロミジュリの作者さんとは思えません。

> ジークとアストルフォは先を急ぎますが、アストルフォはセミラミスに捕まってしまいます。そんな中でジークは先を急ぎます。ジャンヌは気がついたら自分の故郷の村に居ました。ジャンヌはそこで自分の母親に会い、自分の思いについて語ります。
> ですが、シェイクスピアは満足しませんでした。シェイクスピアはジャンヌに戦場の光景を見せますが、それでもジャンヌは何を見せても無駄と言います。シェイクスピアはシャルル七世の代理として質問をします。ジャンヌはそれに答えますが、それでもシェイクスピアは続けます。
 ジークさん間に合って欲しいなと思います。
 ジャンヌさんはここからだんだん弱っていきますし。

> シェイクスピアはジャンヌを残念な事にした場面にします。この辺りはア二オリですね。残念な事にされたのはジャンヌではジークでした。ジークは火で残念な事にされてしまいます。シェイクスピアはこれがジャンヌがやった事で、この宝具はジャンヌの記憶がベースだと言います。
> 原作だともう少し会話があったり、出て来てない人物が出たりしていますが、カットされていますね。シェイクスピアは最後の場面に変えます。原作だともっとリアルな感じでしたが、アニメだとちゃんと変更されていますね。
 時間の都合とかアニメという全年齢の作品ということもあるのだと思われます。
 ジークさんがあぶられたのは驚きました。

> ジルが居た場所の場面みたいです。そこにジルが出て来ます。ジャンヌはもういいと言いますが、シェイクスピアはあのジルは作り者ではないと言います。このジルはサーヴァントだったわけです。外見のみだったわけですが。ジルは残念になったジークを見せます。
> ジルはジャンヌがジークのみを例外として見ようとしているのは愛だと言います。ここでレティシアが呼びかけていますが、それに答える余裕が今のジャンヌにあるわけがありません。ジルは言葉でジャンヌを追い詰めてしまいます。
 ジルさんはゼロではキャスターさんでしたね。
 彼もいろんなクラスで召還される可能性があったのかもしれません。
 ジャンヌさんが追い詰められるところを見ると、セミラミスさんが終わりと言っていた理由も分かる気がします。

> ジャンヌの心はここで完全に折れてしまいました。ジャンヌはどうなるか、ジークは無事に大聖杯のところに辿り着けるのかと言うところで終わります。全体の流れについてはこんな感じです。今回はモーさんが消滅しましたね。
 モーさん消滅で残りは本当に少なくなりましたね。
 次回ではシェイクスピアさんやセミラミスさんが消滅するのではないかと思われます。

> 獅子劫さんとモーさんの絡みは確かに物語の清涼剤でした。モーさんと獅子劫さんが出会うべくして出会ったのは事実でしょう。獅子劫さんが使った円卓の欠片と言う触媒はランダムな触媒です。相性が良くて、マスターに似ているサーヴァントが召喚されますから。
 円卓だけだと他の騎士の可能性もあったのですよね。
 そこでモーさんが出てきたというところはそういうことなのだと思います。

> セミラミスとモーさんの戦いについては凄かったです。確かにモーさんはかっこよかったし。迫力ある戦闘が続くのは制作側としては大変。たぶんもう時間がない中で追い詰められてるんでしょうね。それだけは確かに言える事です。
 22話の戦闘もそうでしたが、本当に大丈夫なのか心配になります。
 あと2話で完結はなくても仕方ないのかもしれません。

> モーさんが願いを思い返すところは感動物でしたね。モーさんについてはそういう騎士だったんでしょう。アルトリアについてはサービスでしょう。台詞は同じですが、たぶん収録は新しくやってるはずです。もう一人はマーリンで合ってる。
> Prototypeのマーリンは女性ですがね。声は川澄さんだと思われる事が判明しています。フラグメンツでもマーリンは女性として書かれていました。モーさんは残念ながらセミラミスにダメージをあたえたところで消滅しましたね。
 アルトリアさんもマーリンさんもよかったと思います。
 プロトタイプのマーリンさんが女性というのははじめて知りました。
 モーさんはあと一歩というところまでで消滅しましたが、その戦いぶりは実に見事でした。

> 聖杯はいらないって結論についてはアルトリアと同じです。そこに辿り着くまでは違いますが。自分の願いを諦め、他の事を優先したところもアルトリアと一緒ですね。何だかんだでマスターを大切にしてた点もそう。結果的にアルトリアとほとんど同じだったのは世界を超えた運命だったと思われる。
 最後の最後で父親に追いついたのではないか、そんな風に思える展開でした。
 最後の彼女ならば、選定にも耐えられるだけの存在なのかもしれません。

> この世界では四次も五次も起きてないし。それでもここまで一致しているのはただの偶然ではない事は間違いないです。あのトラウマは辛かった。精神攻撃は怖いです。ジルが出て来たのはファンサービスですね。ジャンヌ関連で出さない選択肢はないし。
 ゼロ以来になるジルさん懐かしいです。
 精神攻撃については全くの同感です。

> ジャンヌも一人の女性だったって事ですね。あんな状況を見せられていろいろ言われたら、心が折れない方がおかしいですが。次回はたぶんそんな感じになるはずです。ジャンヌもそろそろ終わりかもしれません。時間は厳しいですが、上手くやってくれる事を信じましょう。
 とりあえず明日はしっかり戦いを見届けようと思います。
 あと2話(?)がんばろうと思います。

 今日も一日お疲れさまでした。
 とりあえずもう少ししたら浮上しようと思います。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム