【アニメ感想】ボールルームへようこそ 第24話(終)「ボールルームへようこそ」

 ボールルームの最終回を見て感想を書きます。
 どういういきさつかわからないままアニメを見始め、気がつけば最後まで突き進みました。
 社交ダンスという未知の分野について視野を広げさせてくれたこの作品にはお礼をいくら言ってもいい足りません。

【内容】
 多々良に「ダンスとであってありがとね」と語る千夏さん。
 気づけば2人の息はすっかり合い、ベテランの釘宮さんに肉薄するほどになりました。
 男女が交互にリードする種目ではむしろ多々良達が優位を演じます。

 改めて多々良は千夏が大好きと告げ、見事にダンスを踊りきります。
 一方で、釘宮さんは疲れが見え始め、なんでダンスなんてやってるんだろうなと言い出します。
 とはいえ、次の種目では長身で優雅な釘宮さんに分があるようです。

 互いに一進一退を繰り広げるものの、雑誌記者は釘宮組に分があると一言。
 多々良は観客のどこかに仙石さんがいると思うと、急に舞台の大きさに気づきます。
 そして千夏とともに最終種目である「クイックステップ」に臨みます。

 どうしていろいろな人がダンスを選んだのかと考える多々良さん。
 ダンス競技、清春、真子、賀寿、千夏そして仙石さんとの出会いを思い返します。
 「僕を見ろ!」と迫真の演技を見せ、周囲は彼に集中せずにはいられません。

 審査を待つ一同はおおむね釘宮組優勢と考える一方、多々良の奮闘も注目を引きます。
 次々と番号が呼ばれ、残りは1位、2位の発表となりました。
 緊張が周囲を覆う中、釘宮さんが2位、そして多々良さんがついに優勝を勝ち取ります。

 多々良たちの奮闘を見た清春は「やっとスタート地点か」と意味深な発言をします。
 賀寿も気合が入り、真子と一杯練習することを決意します。
 優勝カップルによるダンスで大会は、そしてアニメも締めくくられるのでした。 

【考察等】
 ダンスを始めてわずか1年前後で多々良さんがこれだけ成長するというのがすごいと思います。
 いろいろな人とめぐり合って成長する彼の姿を見てなんだか勇気をもらったような気がします。
 ライバルポジションである釘宮さんについても紆余曲折を経てダンスを続けたといういきさつがいろいろと示唆に富みます。

 それぞれのダンスの個性を見ていて、ダンスは人生そのものなのかもしれません。
 千夏さんとの不協和音がいまでは最高のパートナーになったことが感慨深いです。
、多々良さんがダンスとであったように、私もこのアニメに出会えてよかったと心の底から思います。

 最後までやりきり、釘宮さんとの死闘を制した多々良さんに思わず涙が出てきました。
 千夏さんの「踊り足りない」という言葉に、どこか2期への期待を感じずにはいられません。
 多々良さんが画面の向こうで賀寿さんや清春さんと肩を並べて戦う日を夢見て、一旦は筆をおこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

現状、2期は無理ですね。
アニメのラスト、原作を超えちゃってます。
原作は、まだ踊ってますし。
原作は、月刊少年マガジンだから、
なかなか進みません。

Re: No title

 こんばんはです。
 わざわざコメントありがとうございます。

> 現状、2期は無理ですね。
> アニメのラスト、原作を超えちゃってます。
> 原作は、まだ踊ってますし。
 原作をすでに読まれているのですね。
 アニメで原作の先をいったとのことですが、
 うまくまとまっていたと思います。

> 原作は、月刊少年マガジンだから、
> なかなか進みません。
 月刊誌だと中々進まないと思いますし、
 2期が仮にあるとしても数年跡かもしれません。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム