【アニメ感想】UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~ 第11話「彼女の恋の物語」

 UQホルダーの11話を見て感想を書きます。
 突然の前作キャラとの戦闘(と女性陣の裸)は旧作ファンへのサービスでしょうか。
 次々と登場する能力と展開にますます驚きを隠せません。

【内容】
 突然の前作キャラの猛襲にさすがの雪姫先生も困惑を隠せません。
 彼らを従えるネギはくしゃみだけで女性陣を全裸にするだけの魔力の持ち主でした。
 キリエは時間を稼ごうとしますが、心を読まれてしまいどうしようもありません。

 いきなり男性の声が聞こえたと思ったら、刀太はブラックホールのようなものに引きずり込まれてしまいました。
 クーネルを名乗る男は刀太の刀を作った男で、雪姫も逃げ出すほどの鬼畜外道なのだとか。
 彼は刀太を説得するために、雪姫ことエヴァンジェリンとナギ(ネギの父親)との過去を語り始めます。

 エヴァはナギと出会い、そのあとネギの属する学園にやってきたようです。
 ネギは強くなりたいと教えを請い、修行を通じて2人の絆が深まっていきました。
 刀太は雪姫先生のうれしそうな姿に喜びを感じますが、雪姫は黒い影に捕らえられ、刀太はクーネルに捕らえられます。

 始まりの魔法使いが刀太の前に姿を現し、雪姫が幸福になることはありえないと告げます。
 雪姫は一緒に歩いてくれる人が欲しかったと涙を流してしまいます。
 刀太は彼女に抱きつき自分がずっと一緒についているのだと宣言しますが……

 始まりの魔法使いの攻撃を、雪姫先生をお姫様抱っこして回避する刀太さん。
 雪姫は魔法を展開して、ここで敵の精神を破壊すれば勝てるのではないかと告げます。
 精神攻撃に注意と告げた雪姫ですが、ナギとネギに迫られて思わず鼻血を出してしまいます。

 始まりの魔法使いの圧倒的な実力は刀太をも精神攻撃で取り込んでしまいます。
 絶体絶命のピンチで現れた謎の女子高生(明日菜)は魔法を打ち消してしまいます。
 気がつけば夏凛やキリエ、九郎丸たちが助けられたようで何よりです。

 明日菜は始まりの魔法使いを倒すには37秒必要だと刀太に告げます。
 元に戻った刀太たちは最強の剣士であるラカンさんをも打ち破り、九郎丸は2人を抑え、残り1人は雪姫が凍らせてしまいます。
 刀太はネギに一撃を加え、彼を救い出そうとしますが……

【考察等】
 ネギ先生が出てきただけでもそうですが、女性陣を全裸にしたのはさすがに驚きました。
 次々と登場するキャラクター、能力とその展開には驚きしかありません。
 キャラクターが誰だかわからなくなってきたのは私だけではないと思いたいです。

 雪姫先生ことエヴァンジェリンさんの恋物語が今回の中心でした。
 始まりの魔法使いさんがどうやらラスボスでまちがいないようですが、敵はあまりにも強すぎました。
 人間はどれだけ強くなっても心だけは鍛えぬくことは出来ないのかもしれません。

 明日菜さんの登場については、コメントであらかじめお名前を聞いていたのですんなり受け入れられました。
 最強の敵たちをいきなり抑えて一対一の決闘に持ち込んだ展開に思わず胸が熱くなります。
 残りが少なくなってきましたが、次回はネギさんを元に戻してハッピーエンドという流れになることを願うばかりです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

明日菜さんの登場は嬉しい限りです

こんばんはです

長文失礼します。
ネギさんのお約束のくしゃみで服を脱がす
シーンを再び見る事が出来るとは
思いませんでした。
キリンさんの時間稼ぎ作戦も、ノドカさんの
相手の心を読む力でバレてしまいます。
因みに彼女は本を開かなくとも、能力は
発動出来るので戦いながら読む事も出来ます。
ネギさんの祖父であるナギさんと、雪姫さんの
出会いの話をアニメでやってくれるとは
嬉しいです。
精神世界に引き込まれた雪姫さんと刀太さんは、
敵の精神攻撃に飲み込まれる窮地な所で、
待ってました明日菜さんが登場し、魔法無効化と
彼女の持つ「ハマノのツルギ」で敵の魔法と
結界を破るのは相変わらず凄い方です。
能力でピンチを脱することが出来た。
彼女の本体が閉じ込められたままという話は
知りませんでしたが、敵の弱点を教えてくれて、
刀太さん達を現実の世界に帰らせる。
アドバイスが効いたのか相手を封じて、
始まりの魔法使いに向かう事が出来た刀太さん
との戦いが楽しみですね。

本日もご苦労様でした。
いよいよ次回で最終回のようですが、ネギさんを
救い恋愛の方の目処も経つのでしょうか?
九郎丸さんの性別をどちらを選択するのかも
気になりますが、女性を選んで欲しいと
思いますね。
前回の書き込み後に明日菜さんが登場して
くれたのは良かったです。
あっという間に形勢が変えてしまうのは
流石だと思いますね。
刀太さんはネギさんと明日菜さんの遺伝子から
生まれたということが判明しましたね。
では何故に苗字が近衛?なのかが不明です。
明日菜さんの神楽坂という苗字なら納得できるが。
明日菜さんは刀太さん達と一緒に戦ってくれるのかと
思ったのですが、本体があの状態なら
アドバイスだけでも有難いですね。
完全にチートと思われたラカンさんにも
そんな弱点があったのは知りませんでした。
雪姫さんが好きになった方は3人と言いましたが、
ネギさんの祖父のナギさん、ネギさんともう一人は
刀太さんも好きということ?
そうなると恋愛バトルが更に複雑になりそうです。

Re: 明日菜さんの登場は嬉しい限りです

> こんばんはです
> 長文失礼します。
 こんばんはです。
 こちらでもコメントありがとうございます。

> ネギさんのお約束のくしゃみで服を脱がす
> シーンを再び見る事が出来るとは
> 思いませんでした。
 ネギさんの周辺は、
 ああいうシーンが日常茶飯事だったのでしょうか。
 それはそれですごい気がします。

> キリンさんの時間稼ぎ作戦も、ノドカさんの
> 相手の心を読む力でバレてしまいます。
> 因みに彼女は本を開かなくとも、能力は
> 発動出来るので戦いながら読む事も出来ます。
 のどかさん、おとなしそうな外見ですが、
 実はすごい人なのですね。

> ネギさんの祖父であるナギさんと、雪姫さんの
> 出会いの話をアニメでやってくれるとは
> 嬉しいです。
 初見さんでも分かりやすくて
 よかったと思います。

> 精神世界に引き込まれた雪姫さんと刀太さんは、
> 敵の精神攻撃に飲み込まれる窮地な所で、
> 待ってました明日菜さんが登場し、魔法無効化と
> 彼女の持つ「ハマノのツルギ」で敵の魔法と
> 結界を破るのは相変わらず凄い方です。
> 能力でピンチを脱することが出来た。
 前回のコメントでおっしゃったとおりに
 なりましたね。
 明日菜さんかっこよかったです。

> 彼女の本体が閉じ込められたままという話は
> 知りませんでしたが、敵の弱点を教えてくれて、
> 刀太さん達を現実の世界に帰らせる。
> アドバイスが効いたのか相手を封じて、
> 始まりの魔法使いに向かう事が出来た刀太さん
> との戦いが楽しみですね。
 的確なアドバイスも見事だったと思います。
 いよいよ最終決戦でしょうか?

> 本日もご苦労様でした。
 今日も一日お疲れさまでした。

> いよいよ次回で最終回のようですが、ネギさんを
> 救い恋愛の方の目処も経つのでしょうか?
> 九郎丸さんの性別をどちらを選択するのかも
> 気になりますが、女性を選んで欲しいと
> 思いますね。
 戦闘も気になりますが、
 恋愛方面も確かに気になります。
 九郎丸さんはもう女の子でいいです。

> 前回の書き込み後に明日菜さんが登場して
> くれたのは良かったです。
 予想的中、お見事でした。

> あっという間に形勢が変えてしまうのは
> 流石だと思いますね。
 あの流れは見ていて小気味よかったです。

> 刀太さんはネギさんと明日菜さんの遺伝子から
> 生まれたということが判明しましたね。
> では何故に苗字が近衛?なのかが不明です。
> 明日菜さんの神楽坂という苗字なら納得できるが。
 確かに、お名前のところでは
 若干謎が残ってしまいました。

> 明日菜さんは刀太さん達と一緒に戦ってくれるのかと
> 思ったのですが、本体があの状態なら
> アドバイスだけでも有難いですね。
 あの助言だけで一気に形勢を逆転させたのも
 すごいなって思います。

> 完全にチートと思われたラカンさんにも
> そんな弱点があったのは知りませんでした。
 ラカンさんは意外とあっさりでした。

> 雪姫さんが好きになった方は3人と言いましたが、
> ネギさんの祖父のナギさん、ネギさんともう一人は
> 刀太さんも好きということ?
> そうなると恋愛バトルが更に複雑になりそうです。
 3人目は刀太さんでいいと思います。
 複雑な恋愛がこれからどう転ぶのか気になりますね。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム