【アニメ感想】ボールルームへようこそ 第23話「伝統と進化」

 ボールルームの23話を見て感想を書きます。
 冒頭が草むしりのシーンで一瞬驚きましたが、大会は順調に進んでいるようです。
 多々良さんたちは果たして釘宮さんに迫ることが出来るのでしょうか。

【内容】
 合宿に際して草むしりをしている多々良は、そのときに聞いていた曲で踊りきります。
 千夏にはぼこぼこ殴られ、とりあえず1人で決勝に進出しているのかを確認します。
 審査員たちは「伝統」にのっとった釘宮さんの評判がいいですが、一方で「革新」的な多々良たちも評価されているようです。

 4位ながらも決勝に進出した多々良に、釘宮さんは是が非でも注目してしまいます。
 多々良にかかってきた電話は、なんとあの仙石さんでした。
 彼は(実際は会場にはいませんが)「見てるぞ」と告げるのでした。

 決勝の舞台を前に、千夏は他人は所詮理解できないと告げます。
 仙石さんもまた他人は不確定な要素であり、そのことを知ったとき愛おしいのではないかと一言。
 そんな仙石さんは日本国内にすらいないようですが、彼がいると思って踊る多々良さんが嬉しそうで何よりです。

 何か新しいものが生まれるような、そんな奇妙な感覚に襲われる多々良さん。
 釘宮さんもそんな彼に本気で挑みかかることになりました。
 オールドスタイルの釘宮さんと革新的な多々良が周囲の注目を集めます。

 序盤から飛ばしすぎの釘宮さんにパートナーから苦言がなされます。
 ますます勢いづく多々良を意識した釘宮さんはペース配分を誤ったか、足をつってしまいます。
 釘宮さんのパートナーの女性は大学生とコンビ二でバイトを兼任しつつダンスをしていたようです。

 釘宮さんが交通事故にあったと聞いたパートナーの女性は、コーチが移籍すべきと言っていたのを聞いてしまいます。
 コーチの「本物じゃなかった」という言葉が釘宮さんの心に深い傷を残したようです。
 自分のダンスが正しいことを証明しようと、復調を果たす釘宮さんが素敵過ぎます。 

 交通事故を経て戻ってきたという釘宮さんを「すごい人」と称する多々良さん。
 しかし、ダンス1年目の多々良もまた負けてはいないようです。
 パートナーがいてくれてよかったと語る釘宮さんが素敵です。

 決勝の3種目目は、多々良たちが余り練習してこなかった「レディースワルツ」でした。
 果たして多々良たちはこの状況をどう切り抜けるのでしょうか。

【考察等】
 お話も23話まで進み、多々良さんたちも決勝まで進めてよかったかと。
 久しぶりに仙石さんのお声を聞いて私もなんだかうれしくなってきました。
 踊るほうも見るほうも役者がそろい、決勝はますます盛り上がりそうな予感がします。

 仙石さんの「他人を解き明かせない」という言葉は実に的を得た言葉だと思います。
 他人を通じて自分を見つめなおす、そんなことが必要なのかもしれません。
 優勝とという言葉もまんざら無理ではないのではないか、そんな風にすら思えてくるのがすごいです。

 はじめは無機質だと思っていた釘宮さんですが、だんだん人間味が見えてきて好感が持てるようになりました。
 次あたりで長かった都民大会もいよいよ次で終わりでしょうか。
 釘宮さんにどこまで迫ることが出来るのか、最後までしっかり見届けようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム