【アニメ感想】妹さえいればいい。 第9話「全裸と下着さえあればいい。」

 妹さえの9話を見て感想を書きます。
 意気投合した相手かと思えば、ひとつのすれ違いが徹底的な衝突を生んでしまうのでしょうか。
 方針の違いから衝突する2人に「ゲーマーズ」の景太さんと千秋さんの姿が重なります。

【内容】
 担当編集者からコミカライズ版の「まほがく」の原稿を受け取る伊月さん。
 しかし本来の全裸シーンが下着になっており、どうやら蚕は「下着フェチ」だったようです。
 伊月は蚕を呼び出して全裸を書くべきと告げますが、ふさわしい下着をつけさせるべきと反論されてしまいます。

 方針の対立から互いの出身地の批判にまでエスカレートし、編集者は困惑してしまいます。
 そこにやってきたのはイラストレーターの刹那でした。
 刹那は蚕にまほがくを任せるわけにはいけないと主張し、自分がコミカライズをやると言い出します。

 蚕と刹那はどちらがコミカライズをするかと勝負することになりました。
 「修羅となります」とリボンを解いてパンティーにしてそれをかぶる蚕さん。
 なんでもこれが彼女の正装なのだとか……

 刹那は最高の全裸を書き上げ、蚕は露出度が下がってしまいますがそのほかのクオリティーは抜群でした。
 結局は蚕が勝利し、全裸至上主義の伊月ですら思わず頭を下げることに。
 笑顔で語る蚕さんは可愛らしいですが、パンツをリボンにするのはどうなのでしょうか。

 下着の素晴らしさを知ったと語る伊月に、那由多は気が気でないようです。
 蚕を呼び出して「未来の妻」と言い出す那由多さん。
 原作の変更について憤る那由多ですが、京は正直どうでもいいとつぶやきます。

 那由多は蚕と勝負しますが、あっさりと敗北してしまいます。
 漫画の変更が人生にかかわると語る那由多は結婚後にはずっと全裸ですごすつもりだったようです。
 それでも下着を脱がせる気がないと主張する蚕に対して、全裸になって下着を脱がせる那由多なのでした。

 自主規制がなされる中で反撃して那由多の胸をもむ蚕さん。
 全身全霊で向き合う必要があると那由多を撃沈してしまいました。
 苦戦の甲斐あってか、全裸は挑戦する価値があると考えを改めたようで何より(?)です。

 モデルにぴったりのおっぱいがあると服を脱げといわれる京さん。
 一旦は断ったものの、2分後にはすっかる裸になっていました。
 そして、原稿もまた全裸シーンがしっかりと盛り込まれることになり、伊月は興奮を隠せないのでした。

【考察等】
 コミカライズはうまくいくかと思いきや、意外な形で衝突することになりました。
 相思相愛とすら思われていた関係もちょっとしたすれ違いでばらばらになるのですから、人間関係は難しいなと思います。
 下着をかぶるのはある意味ではエルフ先生の全裸に匹敵するインパクトかもしれません。

 下着と全裸のお話はイラスト対決で終わるかと思いきや、それだけで終わりませんでした。
 自分の好きなことをゆずれない気持ちはわかりますが、方向性がどこかおかしいような気がします。
 那由多さんの暴走ぶりは蚕さんに匹敵する力強さがあったというのは事実なのかもしれません。

 全裸と下着というのは正直よく分からないのですが、最終的にコミカライズがうまくいったのならよかったかと。
 コミカライズがうまくいったら、次はアニメ化という流れになるのかもしれません。
 そうなれば次は声優さんと絡むことになる可能性も出てきそうですが。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

コミカライズ化に向けて

こんばんはてす。

長文失礼します。
カイコさんが書き上げたアニメを楽しみに
していたイツキさんでしたが、絵は良かったが
どうやら裸のシーンがなく、カイコさんは下着
フェチの持ち主だったようです。
イツキさんとカイコさんとの言い争いに、
更に刹那さんが絡んで凄い事になりました。
しかし顔に下着を被るのが正装という
カイコさんが面白いですね。
かなり昔に女性が下着を被って戦う
アニメ「まぼろしパンテ◯」という作品が
ありました。
那由多さんも全裸なので気が合うのかも
知れません。
二人とも気迫が凄かったですが結局は
カイコさんが採用されて良かったですね。
いきなり裸になるより、チラリズム思考の
方が男性はドキドキするかと私も思う。
イツキさんが下着の良さを知り、
作品に取り入れようとする中で、
那由多さんがカイコさんに変えられたと
思う所が面白いですね。
全裸になる良さを教えようと那由多さんが
カイコさんを責めますがカイコさんが
一枚上手だったようです。
しかし那由多さんの体を張った甲斐もあった
ようで、カイコさんも全裸を書き上げ
イツキさんにとって最高の出来の漫画に
なったようで良かったです。
ヒルデさんの裸のシーンは京さんモデルがまさに
イツキさんにとっては理想的ということが
密かに解ってしまいましたね。
イツキさんが少しだけ見た絵は面白そうで、
実際に私も読んで見たくなるような出来でした。

Re: コミカライズ化に向けて

> こんばんはてす。
> 長文失礼します。
 こんばんはです。
 妹さえにもコメントありがとうございます。
 
> カイコさんが書き上げたアニメを楽しみに
> していたイツキさんでしたが、絵は良かったが
> どうやら裸のシーンがなく、カイコさんは下着
> フェチの持ち主だったようです。
 はじめはお嬢様だといわれていた蚕さんでしたが、
 意外なこだわりを見せてくれました。

> イツキさんとカイコさんとの言い争いに、
> 更に刹那さんが絡んで凄い事になりました。
 仕事をサボってばかりいるイメージの刹那さんですが、
 今回は妙にやる気に満ち溢れていましたね。

> しかし顔に下着を被るのが正装という
> カイコさんが面白いですね。
> かなり昔に女性が下着を被って戦う
> アニメ「まぼろしパンテ◯」という作品が
> ありました。
 下着をかぶるのはさすがに想定していませんでしたが、
 昔のアニメのリスペクトなのでしょうか。

> 那由多さんも全裸なので気が合うのかも
> 知れません。
 似たような思考の持ち主ということでしょうか。

> 二人とも気迫が凄かったですが結局は
> カイコさんが採用されて良かったですね。
 あの実力はやっぱり本物だったようです。

> いきなり裸になるより、チラリズム思考の
> 方が男性はドキドキするかと私も思う。
 このあたりはちょっと私には分からないです。

> イツキさんが下着の良さを知り、
> 作品に取り入れようとする中で、
> 那由多さんがカイコさんに変えられたと
> 思う所が面白いですね。
 那由多さんの行動は一途でほほえましい一方で、
 面白い方向性に進んでいきますね。

> 全裸になる良さを教えようと那由多さんが
> カイコさんを責めますがカイコさんが
> 一枚上手だったようです。
> しかし那由多さんの体を張った甲斐もあった
> ようで、カイコさんも全裸を書き上げ
> イツキさんにとって最高の出来の漫画に
> なったようで良かったです。
 互いに激突したことで新たな作品が
 生まれたということなのかもしれません。

> ヒルデさんの裸のシーンは京さんモデルがまさに
> イツキさんにとっては理想的ということが
> 密かに解ってしまいましたね。
 京さんがいきなり脱がされるのは
 お約束なのかもしれませんが、
 ちょっとかわいそうな気がします。

> イツキさんが少しだけ見た絵は面白そうで、
> 実際に私も読んで見たくなるような出来でした。
 確かに絵に迫力があってよかったかと。
 さすがはプロの漫画家とでも言うべきでしょうか。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム