【アニメ感想】戦刻ナイトブラッド 第7話「伊達ダブルフェイス」

 ナイトブラッドの7話を見て感想を書きます。
 キャラクターが続々出てきて誰が誰なのかわからなくなってしまいそうです。
 名前よりも声優さんのほうで覚えてしまうのかもしれません。

【内容】
 秀吉の命でやってきたという男に連れられて結月は上杉の城から脱出します。
 部屋には豊臣軍の印籠があり、謙信は裏があるのではないかと考えます。
 そして、結月を連れ去ったのは実は伊達政宗たちだったのです。

 厄魔に襲われた政宗たちはいったんは退却し、結月は古いお寺に閉じ込められてしまいます。
 一方、秀吉は上杉の城から結月が連れ去られたことを聞かされ、更なる調査を命じることに。
 その次の日、結月は政宗たちに連れられて鷹狩りの現場につき合わされます。

 結月が伊達軍にさらわれたことを知った豊臣軍は真田軍に協力を依頼することに。
 小十郎は政宗が幼いころから武将として育てられたことを話し始めます。
 幼少期から学問や剣術の修行を強いられ、強い武将であることを求められていたのだとか。

 政宗は不安になったとき、小十郎は笛を吹いていたのだとか。
 結月の前にイマリがやってきて、一緒に脱走するようにと言い出します。
 部屋を出ようとする結月ですが、その前に政宗が現れます。

 結月を取り戻すために才蔵たちが現れますが、突然けんかを始めてしまいます。
 政宗は結月を信長との交渉材料にしようとしている一方で、総大将として本心を隠しているのだとか。
 その割には思い切り自分のことを喋りまくっていますが……

 政宗は結月を人質にしますが、気がつけば周りには大群に囲まれていました。
 幸村、政宗たちは結月を守るために戦闘を開始しますが、彼らの前には信長が現れるのでした。

【考察等】
 伊達軍の皆さんの用意周到な策に驚きを隠せません。
 結月さんはそれだけ天下を取る上では重要な意味があるのでしょうか。
 重要な「道具」といいつつも手料理を作ってくれたりするわけですし、それだけ考えてくれているのかもしれません。

 誘拐されたはずが普通にごはんをいただいていてすごく平和に見えたりします。
 どの勢力もそんなに悪い人でもないですし、共闘できる可能性があるように見えてくるのは私だけではないかと。
 厄魔の出方次第では、今まで出会ったどの軍とも協力できるのかもしれません。
 
 本心を隠さないといけないといいつつも思い切り自分語りをする政宗さんは寂しいのでしょうか。
 そして最後に出てきた織田軍にさらわれて全軍を渡り歩いたということになるのかもしれません。
 次回はラスボスっぽい信長さんも結構いい人ではないかというお話になりそうです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム