【アニメ感想】ラブライブ!サンシャイン!! 第2期 第6話「Aqours WAVE」

 おはヨーソローです。
 ラブライブサンシャインの2期6話を見て感想を書きます。
 タイトルを読み上げると何らかの必殺技のように聞こえるのは私だけでしょうか。
 このままビッグウェーブに乗っかって、廃校阻止へと突き進んでほしいです。

1 前回のあらすじ(→詳細:5話「犬を拾う。」
 ある日、善子が犬を拾ったものの、あっさりと飼い主が見つかります。
 それでも運命を信じる善子に対して、その意見に同意する梨子さん。
 気がつけば苦手な犬を触ることが出来るようになっていたのでした。

2 今回のお話
 地区予選の会場は、かつて自分たちが突破できなかった場所と同じところでした。
 9人がリベンジに燃える一方、入学希望者は57人にとどまります。
 廃校を阻止する為には地区大会当日までに100人を集める必要があるとのことなのですが……

 大会を前に練習にますます熱が入る皆さん。
 ネット上では全国大会出場確実メンバーが晒され、セイントスノーも有望視されているとのこと。
 同じくアクアも予備予選の内容なら今後の成長に期待できるとの評価でした。

 いつしか善子ヨハネとすっかり息が合ってしまった梨子さん。
 今回の大会では会場とネットの投票により勝者を決定するとのこと。
 当然、生徒数が多い学校の方が有利であり、生徒数が少ない浦の星はどうしても不利になってしまいます。

 ノートを見つめる果南を、3人での「あの頃」と同じだと後押しする鞠莉とダイヤ。
 果南はノートを投げ捨てますが、鞠莉がそれに飛びついて海に落ちてしまいます。
 それでもノートをはなさなかった鞠莉は、あのときのことを否定しないでと告げるのでした。

 セイントスノーの方と連絡を取り合う千歌は、アクアらしさとは一体なにかと考え始めます。
 千歌の提案に対して、3年生が3人チームのときに作り上げたフォーメーションが提案されます。
 負担が大きいという果南の意見に対して、千歌は「今そこまでしないでいつするの?」と迫ります。

 千歌の熱意に、果南はボロボロになったノートを渡します。
 必死の練習を続ける千歌ですが、中々うまくいきません。
 周りの心配が絶えませんが、それでも輝こうとする彼女を止めることはできないようです。

 梨子は千歌が真夜中も練習を続けているのを見つけます。
 パフォーマンスの難しさを知る果南は次の日までに出来なければあきらめるようにと念を押していたのでした。
 梨子と曜、1年生の3人の応援を受けても出来ない状態に涙を流す千歌さん。

 ここまで来たのに自分を「普通」だと思っている千歌に、今のアクアが出来たのは誰のおかげかと問う梨子たち。
 千歌がいたから今があるのだと、そしてみんながワクワクしてるのだと告げます。
 そして、現われた3年生の前で見事に成功させ、そのまま地区予選になだれ込むのでした。

3 考察等
 1期で突破できなかった地区予選を前にして新たな試練が訪れたようです。
 必死に練習する千歌さんの姿に、無印1期の穂乃果さんを重ねたのは私だけではないかと。
 そこでつぶれずにがんばり続けるところはもしかしたらミューズを超えているかもしれません。

 ひたすらに一生懸命な千歌さんに勇気付けられる、そんなお話だったと思います。
 彼女がいなければ、今のアクアはなかったというのはおっしゃるとおりかと。
 千歌さんは、自覚はないかもしれませんが、穂乃果さんに並ぶリーダーだと、私は思います。

 3年生の分も見事にリベンジを果たし、ステージを成功させたところは感動しました。
 一方で、次回のタイトルは「残された時間」ということでちょっと不吉な感じがしますが。
 入学希望者100人が集まるかどうか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。だいぶ遅れましたが
サンシャイン6話の感想よろしいですか

新しいアクアのパフォーマンス、
責任感の強い果南さんが慎重に
なるのも当然の事かと思います。

でも元々ハンデのある浦の星にとって
特別な見せ場はどうしても必要
なのかもしれませんね。
皆で千歌さんを励ますシーンには
見ている私も元気づけられました。

私などはアクアの皆さんの
誰にもかなわないと思います。
特に千歌さんの明るさと行動力、
粘り強さには脱帽です。

「ふつう怪獣千歌さん」
私は最強だと思います。

Re: No title

> こんばんは。だいぶ遅れましたが
> サンシャイン6話の感想よろしいですか
 こんばんはです。
 サンシャイン6話の視聴お疲れさまです。

> 新しいアクアのパフォーマンス、
> 責任感の強い果南さんが慎重に
> なるのも当然の事かと思います。
 過去に鞠莉さんが怪我をされたというのも
 どうしても引っかかってしまうのかもしれません。

> でも元々ハンデのある浦の星にとって
> 特別な見せ場はどうしても必要
> なのかもしれませんね。
> 皆で千歌さんを励ますシーンには
> 見ている私も元気づけられました。
 9人のチームなんだと印象付ける上でも
 素敵なシーンだったと思います。

> 私などはアクアの皆さんの
> 誰にもかなわないと思います。
> 特に千歌さんの明るさと行動力、
> 粘り強さには脱帽です。
 あそこまでのあきらめの悪さは
 見習いたいなと思いますが、
 なかなか難しいふうにも思えます。

> 「ふつう怪獣千歌さん」
> 私は最強だと思います。
 卓越した才能を持つ人よりも、
 「普通」がもしかしたら一番強いのかもしれません。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム