【アニメ感想】ボールルームへようこそ 第19話「敵(ライバル)」

 ボールルームの19話を見て感想を書きます。
 今回は千夏さんと明さんの回想のお話のようです。
 少年誌的な、強敵と書いてともと呼ぶ、そんな関係なのかもしれません。

【内容】
 不協和音の中でも順調に勝ち進む多々良と千夏。
 彼らが満点を出して(釘宮さんが)記念写真を撮る一方、明たちはチェックを落としてしまったようです。
 千夏は明を気にする余裕がないとけんかを売り、多々良が最大のライバルだと言い張ります。

 千夏によると、選手の実力は身だしなみに出るとのこと。
 なんでもフルオーダーだと一式で35万円するのだとか。
 ちょっとしたあらが減点になるということで、釘宮さんの正確さが際立ちます。

 真子や雫が心配する一方、マリサ(清春の母)はアドバイス禁止だと一言。
 雫はもし自分が男性ならば、千夏と一度組んでみたいと言い出します。
 一方で、真子は自分とのペアとは違うことを実感していました。

 カップルがうまくいっていない中でもダンスを成功させる多々良たち。
 一方で、明のペアである峰さんは動きがおかしくなってしまいます。
 男性に責任を押し付ける明に、千夏は喧嘩の質が違うのだと告げます。

 明は「ダンスなんて好きじゃない」といっていたと指摘する千夏さん。
 昔は明はぽっちゃり系だと馬鹿にされていた中、転校生としてやってきた千夏に憧れを抱きます。
 明がいじめられっこだと知った千夏は男子に掴みかかり、自分の髪の毛を切って泣き出してしまいます。

 長い髪を切ってお互いショートカットにした千夏と明。
 2人は同じ習い事をしたいと(女の子だらけのダンススクールで)ダンスを習うことになりました。
 ダンスは心から楽しんでほしいという先生の言葉をふと思い出す明さん。

 女性同士のペアを見た千夏は競技ダンスの世界に憧れを抱きます。
 大会に向けて練習を続ける千夏に目を輝かせる明。
 明との2人で優勝する一方で、千夏は他の女子とも組むこともありました。

 実力のある千夏は周辺に嫉妬される一方、明は彼女から目がはなせなくなっていきます。
 若き日の兵藤さんを意識する千夏はひたむきな一方、明にはがんばらなくていいと言い出します。
 一緒にがんばろうといってくれなかった彼女の「無関心」に憤りを覚える明なのでした。


【考察等】
 多々良さんと千夏さんが不協和音な中で満点を出したのは驚きました。
 審査員の皆さんも彼らに何かがあるのではないかと直感しているのでしょうか。
 身だしなみで選手の出来不出来を判断するというところで、お金のない人には厳しい世界だとつくづく思います。

 写真を撮る釘宮さんは意外な一面を見ることができて良かったかと。
 メインのはずの明さんは現在が振るわず回想シーンがむしろ中心だったような気がします。
 男子の辛らつな悪口に子どもはつくづく容赦のないものだと実感してしまいます。

 明さんについては、強い憧れが転じて憎しみ(?)と化した、そんな感じなのでしょうか。
 男勝りな千夏さんはかっこいいですし、明さんが大切な人に対等に思ってほしいという感覚はわかる気がします。
 次回の「友達」というタイトルに、和解する流れになることを期待します。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム