【アニメ感想】Code:Realize ~創世の姫君~ 第6話「イリーガル・レース」

 コードリアライズの6話を見て感想を書きます。
 割とありがちなレース回ですが、こんな世界観の作品で出てくるとは思いませんでした。
 まあ定番の野球回をしようとしても人数が足りないのかもしれませんが。

【内容】
 インピーは飛行船の改造を依頼され、レースに参加するようにと言われます。
 マフィア主催のレースの賞品が、カルディアの父であるアイザックの遺稿なのだとか。
 ルパンがどこからか飛行船を準備(泥棒?)し、インピーがそれを改造することに。

 インピーが作業をしていると、カルディアが差し入れとしてサンドイッチを持ってきます。
 機関車に目を輝かせた彼の夢は月に行くことであり、科学の可能性を信じるインピーさん。
 意気込むものの、結局改造が終わらず土下座してしまいますが……

 ぎりぎりで改造を終えた飛行船を持ってきたインピーさん。
 仲間がスルーする中で、飛行船を賞賛したのはネモという変な科学者でした。
 インピーはネモとともにどこかに行ってしまったので、他のメンバーが準備をします。

 インピーの船「姫と下僕号」は敵の砲撃を受けますが、こちらは(軽量化のために武装を解いていたため)反撃の手段がありません。
 なお、ルパンが主催者の船を強奪していたことが判明し、多額の懸賞金をかけられてしまいます。
 周辺の船から集中砲火を受けていましたが、彼らを撃退したのはネモさんでした。

 メモから追撃を受けた一同は、旋回して敵をかいくぐりますが、その前には別の敵が待っていました。
 ヴァンをセットして砲弾を発射し、乗り移ったヴァンは敵の船を制圧します。
 最終的にヴァンがネモの船「フルトン号」を制圧して決着を見ます。

 最後はエンジンがオーバーヒートして船が墜落してしまいます。
 カルディアがインピーを励まし、インピーはそのままゴールへと突っ込み、優勝することが出来たようです。
 お父さんの遺稿を手にしてうれしそうに記念撮影をする皆さんなのでした。

 しかし、Cパートでアイザックの研究施設を訪れた一同はそこで信じられない光景を目にします。
 なんと、カルディアはホムンクルス(人造人間的な意味)であり、フィーニスがいうには正真正銘の「怪物」なのだとか。

【考察等】
 今回はレース回であり、インピーさんがメインのお話だと思われます。
 インピーさんに差し入れをするカルディアさんの優しさに癒されるとともに、科学の可能性を信じるインピーさんも素敵です。
 そして、ネモさんのキャラクターも(声優さんの演技もあって)見ていて面白かったです。

 船の名前「姫と下僕号」にはちょっと笑ってしまいました。
 女性視点からすれば「姫」はいいとしても男性視点から「下僕」はどうなのでしょうか。
 そして、ヴァンさんを砲弾として使うというのは「南斗人間砲弾」のリスペクトかもしれません。

 カルディアさんの笑顔が増えてきてよかったと思ったら、Cパートはいろんな意味で衝撃的でした。
 次回以降はまた自称弟のフィーニスさんと絡むのかもしれません。
 そして、いずれネモさんの再登場はあるのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム