アニメさえあればいい―2017年夏アニメの感想と秋アニメへの期待について―

 9月が終わり、豊作揃いと評判だった夏アニメが終わりを迎えつつあるようです。
 これらの作品と出会えたことに感謝しつつ、若干思ったことを書いていこうと思います。

1 総評
 今年春は「エロマンガ先生」をはじめとして名作が多かったように思えます。
 夏は少しは落ち着くかに思いましたが、日曜日にアポクリファやひなろじ、シンフォギア等が重なったりして、むしろ見る作品は増えてしまいました。
 途中で切ればよかったのかもしれませんが、それを許さないほどにいい作品が多く、時間との戦いを強いられることになってしまいます。

 おすすめ作品を絞ることは難しいですが、Fateファンとしてアポクリファは絶対に外せません。
 強力な力を持った多くのサーヴァントの皆さんが飛び交う戦場は、今季のバトル系のアニメでは、ufoさんの刀剣乱舞やひたすらに熱いヒロアカやシンフォギアに並ぶ名作だと思います。
 ただ、魅力ある作品の一方で(特に原作未読の場合は)キャラクターの多さに困惑してしまうことも多いかもしれません。

 今季アニメの特徴としては独自性のある題材が目立ちました。
 社交ダンスを描いた「ボールルームへようこそ」、飛び込みがテーマの「DIVE」、競技クイズを題材とした「ナナマルサンバツ」など、アニメを通じて未知の分野に興味を持つことができてよかったです。
 いじめをテーマにした「クリオネの灯り」は、こんな時代だからこそ見る意味がある作品なのかもしれません。
 さらに、町おこしをテーマにした「サクラクエスト」や「チアフルーツ」もまた、地域の実情について考えるいい機会になりました。

 世界観の良さという意味では、メイドインアビスやナイツ&マジック、プリンセスプリンシパルを推します。
 メイドインアビスは冒険している雰囲気が実に素晴らしく、ナイツマは異世界ものとロボットを融合させた作品で、プリプリは可愛い女の子とスパイという仕事のギャップがいいなと思います。
 また、サクラダリセットはキャラクターが魅力的ですが、ストーリーが若干難しく、レクリエイターズもお話のコンセプトはとてもおもしろい一方で複雑な設定が張り巡らされていて、少し難しいかもしれません。

 若干難しい作品の後は、何も考えずに見ることのできる作品を挙げていこうかと。
 破天荒な主人公がおもしろい「アホガール」や、サッカーの皮をかぶった「潔癖男子青山くん」、顔芸が素晴らしい「賭ケグルイ」、ご都合主義すぎて逆に安心できる「異世界はスマートフォンとともに」は単純におもしろいです。
 異世界食堂の雰囲気はとてもいいと思いますが、見ているとおなかがすいてくるのは難点かもしれません。

 「小説家になろう」出身のアニメが
 ・異世界食堂
 ・異世界はスマートフォンとともに
 ・ナイツ&マジック
 と3つあり、いずれも異世界ものというのは、現実(リアル)がつらいことの裏返しなのでしょうか。

 今季はなろう系3作品を除いても、ファンタジー系が強めの印象です。
 「魔法陣グルグル」は、ストーリー進行の早さに若干困惑しますが、難しいことを考えずに安心してみることができます。
 「神撃のバハムート(2期)」は絵もキャラクターもストーリーもよく練られていてとてもいいと思います。

 癒し枠としては、きらら枠の「ニューゲーム(2期)」を筆頭に、天使の3P、セントール、ひなろじが挙げられるかと。
 さらには継続のここたま、ポケモンは個人的に好きですし、今季アニメではないものの異例の再放送となった「けものフレンズ」はとてもよかったです。

 ラブコメがそれなりに多いのは毎期共通の傾向でしょうか。
 「徒然チルドレン」が小細工無しの速球なら「はじめてのギャル」は変化球、自由恋愛を否定する世界観の「恋と嘘」は消える魔球かもしれません。

 ざっと思いつく範囲で思うところを書かせていただきました。
 抜けている作品を含めて、一旦個別作品についてもお話ししていけたらと思います。

2 個別レビュー
18if…終(9/29)
 主人公の少年が夢の世界に引きこもった「魔女」を説得(攻略?)するアニメ。
 それぞれの夢の違いからか、毎回全く違った作風になるのが特徴です。
 感動できるお話がある一方で、説明不足なところがちょっと気になります。

アイドルタイムプリパラ…26話(10/3)
 3年続いた前作を引き継ぐ形になったアイドルアニメ。
 カオスな展開ながらライブはしっかりと作られています。
 27話からは新たなライバルも登場し、新たな展開へと進みます。

アクションヒロイン チアフルーツ…終(9/29)
 ご当地ヒーローによる町おこしをテーマにしたアニメ。
 町おこしというテーマは地方在住者ならば感じるところも多いかもしれません。
 個性的な人物はもちろん、毎回の「狙った」タイトルにも注目です。

アホガール…終(9/21)
 「アホ」な女子高生「よしこ」さんを中心としたギャグアニメ。
 何も考えずに見ることができるのは大きく、笑ってストレス解消できるのかもしれません。
 タイトルから主人公のよしこさんに注目が集まりますが、ほかの登場人物も負けず劣らずの個性的な方が多いです。

異世界食堂…終(9/20)
 異世界ものとグルメものを融合した異色作。
 個性豊かな登場人物の織りなす「飯テロ」、そしてマスターさんの親切さに癒されます。
 マスターさんが別の世界ではサーヴァントというのはわかる人にしかわからないかも。
 人間外のお客さんが多い割に、日本食に理解があるのがなんだかおもしろいです。

異世界はスマートフォンとともに…終(9/27)
 ラノベ原作アニメの一つでよくある異世界転生もの。
 鉄血のオルフェンズに続きアニメでハーレムを実現するご都合主義の固まりでしょうか。
 イメージ的には「このすば」と「リゼロ」を足して二で割ったものでしょうか。
 とはいえ、主人公の性格はカズマさんやスバルさんに比べると癖がないように思います。

縁結びの妖狐ちゃん…14話(10/8)
 「銀の墓守り」と同じ中国原作のアニメ。
 主題歌が中国語というのは異例かもしれません。
 主人公のつかみ所のないキャラクターは全く先が読めませんでした。
 10月からは新シリーズが始まり、ますますにぎやかになってきました。

賭ケグルイ…終(9/24)
 ギャンブルをテーマにしたアニメ。
 主人公を含む登場人物の顔芸に定評のあるアニメで、夢子さんの顔芸を見るたび「赤髪の白雪姫」と同じ人とは思えません。
 賭けの内容がわからなくても、キャラクターの表情だけで笑いがとれる作品でしょうか。
 そしてアニメの世界ではどの学校でも生徒会の権力が異常です。

活劇 刀剣乱舞…終(9/24)
 歴史修正主義者から歴史を守る刀剣男士の戦いを描いた作品。
 Fateシリーズやゼスティリアでおなじみのufoさんの描く画像はとても美しいです。
 「刀剣乱舞花丸」が日常系に対して、こちらは戦闘が中心で若干男性向きと思われます。
 映画公開のお話もありますが、おそらく近くで公開されないのだろうなと半分あきらめてます。

かみさまみならい ヒミツのここたま…102話(10/5)
 1年以上継続している女児向けアニメ。
 大切にしていたモノからうまれた「ここたま」と優しい女の子の物語。
 キャラクターのかわいさと優しい世界観に穢れた心が癒されます。

クリオネの灯…終(9/28)
 いじめをテーマにした作品だけに、若干人を選ぶ作品かと。
 ヒロインが本職声優でないのですが、周りも新人さんなのか余り違和感がないです。
 描写のリアルさに一度は視聴を辞めようと思ったのは内緒です。

ゲーマーズ…終(9/29)
 ゲーム作りのアニメだと思ったら、中身はラブコメでした。
 所々に挟まれた小ネタはわかるとクスッとくるかもしれません。
 ヒロインが可愛らしい一方で、祐さんの顔芸は「賭ケグルイ」に出てもいいかもしれません。

潔癖男子!青山くん…終(9/18)
 サッカー日本代表で極度の潔癖性を主人公とするギャグアニメ。
 あまりサッカーをしていないのではないかというのは内緒です。
 そのはちゃめちゃぶりは「坂本ですが」に作風が似ているとおもうのは私だけでしょうか。

けものフレンズ(再)
 人間のかばんちゃんとサーバルさんをはじめとしたフレンズの物語。
 すべてを受け入れる優しい世界観に癒される一方、深い考察の余地を残す作品です。
 見方によっては、今年最高の作品かもしれません。

恋と嘘…終(9/19)
 少子化対策として政府が結婚相手を決めるという設定。
 片思いと政府の決めた結婚相手に揺れるお話です。
 16歳で結婚相手を決めることが早すぎるのではないかと思うのは私だけではないかと。
 また、どこか「クズの本懐」に似たような雰囲気があるように思えます。

コンビニカレシ…終(9/29)
 学校近くのコンビニを起点とした恋愛アニメ。
 雰囲気は「月がきれい」に似ているかもしれません。
 コンビニが絡まないことも多いですがそこは目をつむりましょう。

サクラクエスト…終(9/21)
 田舎町の「国王」に任命された主人公が町おこしに奮闘します。
 主人公の成長も、地域の課題も、色々と考えさせられます。
 女の子たちだけでなくて、男性キャラを含めて魅力的に描かれています。
 同じお仕事シリーズの「花咲くいろは」「SHIROBAKO」もおすすめです。

サクラダリセット…終(9/14)
 不思議な能力を持った少年少女たちの物語。
 時系列が難しいものの、キャラクターとストーリーは魅力的です。
 余談ですが、サクラクエストとタイトルや放送時間が近く紛らわしいです。

時間の支配者…終(9/30)
 時間を食らう「計」という魔物を追う2人の男性の物語。
 テンポよく進むストーリーと独特の設定が光る作品だと思います。
 連載中作品ではありますが、ちゃんと一段落付けたことは評価したいです。

神撃のバハムート(2期)…終(9/30)
 巨大なドラゴンに変身する女の子を中心とした物語。
 シナリオも絵も、とにかく全体的にレベルが高いです。
 必須ではないですが、前作を見ているとより楽しめるかもしれません。

将国のアルタイル…13話(10/7)
 イスラム圏をモチーフにした戦記もので、かつての「アルスラーン戦記」に近いかもしれません。
 もちろん軍服の姫君(アルタイル)とは無関係です。
 キャラクターの多さに困惑しつつも、それぞれの思惑がうまく描かれていると思います。
 1クールで終わりだと思っていたのですが、どうやら2クールのお話のようです。

セントールの悩み…終(9/25)
 馬の下半身を持つ女子高生が主人公の一風変わった日常アニメ。
 全体的に軽いノリのなかで突然考えさせられることも多いかと。
 中でも9話後半がいろいろな意味で衝撃的でした。
 最終回は最終回らしくなかったのですが、2期はあるのでしょうか。

戦姫絶唱シンフォギアAXZ…終(10/1)
 歌いながら戦う女の子がついに4期まで続きました。
 かつての「ワイルドアームズ」の流れをくむ熱い展開が魅力です。
 エルフナインさんとマリアさんの絡みが癒しであり、響さんと未来さんの関係が素敵です。

DIVE…終(9/22)
 ノイタミナ枠の一つで、飛び込みを題材としたアニメ。
 ほぼ全員主役級というキャストの豪華さが目立ちます。
 主人公をはじめとした主要キャラの心理描写がうまく描かれていると思います。

徒然チルドレン…終(9/20)
 多感な高校生諸氏の淡い恋愛事情を描いた作品。
 様々な登場人物はいずれも個性的で生き生きとしています。
 豪華キャストによる種々雑多な恋愛模様は必見かと。

天使の3P…終(9/26)
 ひきこもりの主人公と小学生バンドの交流を描いた作品。
 ヒロインが小学生というのはほかにほとんど例がないかもしれません。
 演奏のレベルがいい意味で小学生とは思えません。

ナイツ&マジック…終(9/25)
 ロボットと異世界を融合した異色作。
 異世界に転生してもロボットへの意欲を燃やす主人公に元気をもらう今日この頃です。
 とんとん拍子で進むストーリー、そして迫力の戦闘はいいなと思います。
 「ロボットは男の子の夢」を体現したお話かと。

ナナマルサンバツ…終(9/20)
 競技クイズを題材にした珍しい作品。
 題材そのもの、先輩のインパクトとヒロインの積極性がおもしろいと思います。
 唯一の難点は、本職声優でなかったヒロインの棒読みですが、話が進むにつれて上達したと信じたいです。

ニューゲーム(2期)…終(9/27)
 ゲーム会社に就職した主人公のお仕事アニメ。
 2期は仕事の現実を見せるととも人間関係に軸足を移していると思います。
 キャラクターも増えて、ますます賑やかで楽しいお話になった一方でシリアス展開も多いです。

捏造トラップ…終(9/21)
 彼氏持ちの女子高生の「百合」を描いた作品。
 きらら系のソフトな百合を遙かに上回る内容でした。

はじめてのギャル…終(9/14)
 多感な男子高校生とギャル風の女子高生のラブコメ……だと思います。
 主人公とヒロインに対する周りの行動が秀逸です。
 綺麗な形で終わったと思いますが、10話は少し早すぎました。

バトルガールハイスクール…終(9/18)
 未知の存在に対して戦う女の子たちの物語。
 やたらとキャラが多く、キャストも豪華なのが印象的です。
 「スクールガールストライカーズ」に近い何かを感じます。

ひなろじ…終(9/17)
 女の子中心の日常を描いた癒しアニメ。
 主人公のお姫様設定だけでも個人的には満足です。
 なお、前作「ラクエンロジック」は設定が同じで全くの別物です。

Fate/Apocrypha…14話(10/8)
 人気シリーズの派生作品で、7対7の「聖杯大戦」を壮大なスケールで描いた作品。
 キャラクターの多さに混乱しつつも作品の魅力がそれを遙かに上回ります。
 昨年のFGO特番から止まらないFateの勢いは、いよいよ後半戦へと移ります。

プリンセス・プリンシパル…終(9/25)
 学生でありスパイである女の子たちの活躍を描く物語。
 独自の世界観とキャラクターの可愛さはとてもいいと思います。
 ちなみに、サモンナイトと同じキャラクターデザインとのこと。
 1期は若干消化不良気味だったので、ぜひとも2期を期待したいです。

ボールルームへようこそ…14話(10/8)
 一般には敷居の高い社交ダンスを題材としたアニメ。
 「模倣」という人間の本来持っているものを再認識させてくれる作品かもしれません。
 1クールかと思っていましたが、高校入学後の2クール目が始まりました。

ポケットモンスター サン&ムーン…44話(10/5)
 昨年発売のポケモン最新作を元にしたアニメ。
 ゲームとは全く別物ですが、楽しそうな様子がいいなと思います。
 9月にタケシさんやカスミさんが再登場したときは感動しました。
 10月からは新しいキャラクターが続々登場し、新たな局面へと移ります。

僕のヒーローアカデミア…終(9/30)
 最高のヒーローを目指す少年少女の物語。
 努力、友情、勝利といった王道を今に伝える貴重な作品。
 原作既読者すらも唸らせる納得の出来は、3期製作決定ということでよかったです。

魔法陣グルグル…13話(10/4)
 20年ほど前にアニメ化された作品のリメイク。
 かなり速いペースで進むので、原作を読んでおくといいかもしれません。
 原作はもう完結しているので、がんばって最後まで放送してほしいです。

メイドインアビス…終(10/1)
 深淵への深い穴「アビス」とその周辺を描いた冒険アニメ。
 世界観が素晴らしく背景がすごく綺麗で、今季有数の期待作かと。
 できれば分割でも2クールやって欲しいです。

妖怪アパートの幽雅な日常…14話(10/3)
 妖怪のすむアパートに入居した男子高校生の不思議な日常を描いた作品。
 既存アニメだと「不機嫌なモノノケ庵」に近いかもしれません。
 これを見て、人間の方が妖怪よりたちが悪いとおもったのは私だけではないかと。
 まさかの2クール放送ですが、そろそろ友人の泉貴さんも妖怪アパート入居でいいと思います。

ようこそ実力至上主義の教室へ…終(9/28)
 すべてが実力で評価される学園を舞台にしたアニメ。
 個性的なヒロインはそれぞれ魅力的だと思います。
 原作のストックもあることですから、いずれは2期を期待したいです。

レクリエイターズ…終(9/18)
 簡単に言えば、いろいろな創作物が現代日本に現れて戦うアニメ。
 何でも有りの戦闘、そして詳細な説明を見ると丁寧に作られていることがわかります。
 2回あった特番のうち1回目は声優さんの異常なノリが結構おもしろかったです。

3 秋アニメへの期待等
 秋アニメはアポクリファとグルグル、妖怪アパート、将国のアルタイルが2クールで継続で、
 ・Wake up girls
 ・おそ松さん
 ・キノの旅 ※リメイク
 ・クラシカロイド
 ・血界戦線
 ・食戟のソーマ
 ・鬼灯の冷徹
 ・干物妹!うまるちゃん
 ・結城友奈は勇者である(ゆゆゆ)
 ・ラブライブサンシャイン
 などなど、続編が多いです。

 おそ松さん(発禁処分の1話など一部に欠損あり)、クラシカロイド、うまる、ソーマ(2期のみ)、ゆゆゆ、サンシャイン、はブログに結構細かい内容が書いてあったので見れば何とか思い出せそうな気がします。
 「食戟のソーマ」の1期は8月に、9月には血界戦線と鬼灯の冷徹、キノの旅、WUGはなんとかみ直すことができました。
 大体一通り1話は見ましたが、特にサンシャインとうまるちゃん、ゆゆゆに期待したいです。

 来年冬については、Fateエクストラのアニメ化と七つの大罪3期、オーバーロード2期でしょうか。
 オーバーロードは何とか完走できましたので近いうちに感想を上げようと思います。
 また、七つの大罪も来月が終わるまでには見られるようにがんばりたいです。

 とりとめもなく長々と文章を書いてごめんなさい。
 こんな文章でも、アニメ視聴のお役に立てれば幸いです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です!

出来るだけ手短に

夏アニメにはなろう原作の異世界ものが3つもありましたがそれらに限らず夏アニメを通しての感想です。

現実が辛いってのもあるのかも知れませんがやはり日常を生きる自分たちが非日常に憧れるってのが一番だと思います。ただそれを作るか見るかの違いだけであって。作る側としては社会的承認が増して嬉しいでしょうし見る側は新たな発見などもあって楽しめる。作り手と観客の両方の事を考えることができて良かったと思います。

えっと、色々と語ろうとすれば長くなるので端的に、夏アニメお疲れ様でした。そして毎度自分の文章力に自信が持てないのですがどうか読んでくださると嬉しいです。

夏の視聴もおつかれさまでした

夏アニメの感想おつかれさまでした。
一通り読ませていただきましたが、
「さすが猫さん」の一言に尽きます。
アニメさえあればいい、のタイトルも
貴方らしくてよろしいかと。

私はここで紹介された作品の一部しか
視聴できませんでしたが。
非常によくまとまっていると思います。

アホガール、いせスマあたりは
軽い見応えが魅力的でした。
逆にクリオネさんはかなり重たいです。
サクラクエストやチアフルーツなど
ご当地系を題材にした作品も
かなり豊作だったのではないでしょうか。
異世界食堂などは個性的でしたね。
秋アニメはほとんど見られない私ですが
猫さんの話題についていけるよう
自分なりに頑張ってみたいと思います。

しばらくの間は低浮上失礼いたします。
私と猫さんの中ですから
疎遠になる事はないでしょう。
私で良ければこれからも仲よくして下さい。
そちらも何かお気づきの事がありましたら
遠慮なく言ってくれると幸いです。

今日も一日お疲れ様でした。
私も長文になってしまい申し訳ありません。

Re: お疲れ様です!

> 出来るだけ手短に
 コメントありがとうございます。
 お返事が遅くなってごめんなさい。

> 夏アニメにはなろう原作の異世界ものが3つもありましたがそれらに限らず夏アニメを通しての感想です。
>
> 現実が辛いってのもあるのかも知れませんがやはり日常を生きる自分たちが非日常に憧れるってのが一番だと思います。ただそれを作るか見るかの違いだけであって。作る側としては社会的承認が増して嬉しいでしょうし見る側は新たな発見などもあって楽しめる。作り手と観客の両方の事を考えることができて良かったと思います。
 非日常への憧れというご意見、興味深いです。
 確かに色々な作品があって新たな発見があったと思います。
 秋にも新たな発見があるのかもしれません。

> えっと、色々と語ろうとすれば長くなるので端的に、夏アニメお疲れ様でした。そして毎度自分の文章力に自信が持てないのですがどうか読んでくださると嬉しいです。
 こちらこそどうもありがとうございます。
 文章についてはありがたく拝読させていただきました。
 これからもどうかよろしくお願いいたします。
 

Re: 夏の視聴もおつかれさまでした

> 夏アニメの感想おつかれさまでした。
> 一通り読ませていただきましたが、
> 「さすが猫さん」の一言に尽きます。
 おはようございます。
 以前の記事を少し修正しただけなのですが、
 そこまで言っていただいて恐縮です。

> アニメさえあればいい、のタイトルも
> 貴方らしくてよろしいかと。
 秋アニメの一つ「妹さえいればいい」を
 もじって付けさせていただきました。

> 私はここで紹介された作品の一部しか
> 視聴できませんでしたが。
> 非常によくまとまっていると思います。
 全部見ていただいたことに感謝しかありません。

> アホガール、いせスマあたりは
> 軽い見応えが魅力的でした。
> 逆にクリオネさんはかなり重たいです。
 軽い作品から重たい作品まで
 色々なアニメがあったと思います。

> サクラクエストやチアフルーツなど
> ご当地系を題材にした作品も
> かなり豊作だったのではないでしょうか。
> 異世界食堂などは個性的でしたね。
 これら3つはかなり評価が高かったと思います。
 すこしおなかがすいてきたのもありますが。

> 秋アニメはほとんど見られない私ですが
> 猫さんの話題についていけるよう
> 自分なりに頑張ってみたいと思います。
 お仕事お忙しいみたいですので、
 あまり無理はしないでくださいね。

> しばらくの間は低浮上失礼いたします。
> 私と猫さんの中ですから
> 疎遠になる事はないでしょう。
> 私で良ければこれからも仲よくして下さい。
> そちらも何かお気づきの事がありましたら
> 遠慮なく言ってくれると幸いです。
 何があっても疎遠にならないと思いたいです。
 こちらこそ、出来ることならずっとお話したいです。

> 今日も一日お疲れ様でした。
> 私も長文になってしまい申し訳ありません。
 今日も一日よろしくお願いします。
 お互い無理しないでがんばりたいですね。

秋なのに夏の陽気でアニメも暑い年と言えます。

こんばんはです。

夏季のアニメも素晴らしい作品が多く絞るのに
大変でした。
私も見る時間が限られているので少しでも
微妙と感じた作品は切り捨てましたが、
猫さんの根気が凄いと私もおもいます。
2クール作品も含めて印象深かった作品は
下記の通りです。
・神撃のバハムート2期
・ナイツ&マジック
・天使の3P!
・恋と嘘
・ヒロアカ2期
・NEW GAME
・ゲーマーズ
・異世界はスマートフォン
・縁結びの妖狐ちゃん
・妖怪アパート
・サクラクエスト
・ヒナロジですね。

そして今季期待作は
・ブラッククローバー
・結城友奈は勇者である2期
・魔法使いの嫁
の3作品は期待したいです。

更に来季の楽しみ(^^)
・カードキャプチャーサクラ(クリアカード編)
・オーバーロード2期
・魔法使いの嫁 2クール目
がいずれも来年の1月から決定している作品であり、
私が非常に楽しみにしている作品でもあります。

Re: 秋なのに夏の陽気でアニメも暑い年と言えます。

> こんばんはです。
 こんばんはです。
 一杯コメントありがとうございます。

> 夏季のアニメも素晴らしい作品が多く絞るのに
> 大変でした。
> 私も見る時間が限られているので少しでも
> 微妙と感じた作品は切り捨てましたが、
> 猫さんの根気が凄いと私もおもいます。
 時間を考えると少ししぼるべきだったと
 ちょっと思ってしまいます。

> 2クール作品も含めて印象深かった作品は
> 下記の通りです。
> ・神撃のバハムート2期
> ・ナイツ&マジック
> ・天使の3P!
> ・恋と嘘
> ・ヒロアカ2期
> ・NEW GAME
> ・ゲーマーズ
> ・異世界はスマートフォン
> ・縁結びの妖狐ちゃん
> ・妖怪アパート
> ・サクラクエスト
> ・ヒナロジですね。
 これだけでもかなりの量ですね。
 それだけレベルが高かったということかもしれません。

> そして今季期待作は
> ・ブラッククローバー
> ・結城友奈は勇者である2期
> ・魔法使いの嫁
> の3作品は期待したいです。
 私もこの3つはいいなと思います。

> 更に来季の楽しみ(^^)
> ・カードキャプチャーサクラ(クリアカード編)
> ・オーバーロード2期
> ・魔法使いの嫁 2クール目
> がいずれも来年の1月から決定している作品であり、
> 私が非常に楽しみにしている作品でもあります。
 魔法使いの嫁は楽しみですし、
 オーバーロードは1期を見直しましたが、
 先が気になります。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム