【アニメ感想】セントールの悩み 第12話(終) 「ファンタジーをRPG気分で作ってみた。/激闘!腕相撲!女(ヒロイン)だらけの勝負の行方は」

 セントールの最終回を見て感想を書きます。
 次々と続く最終回に寂しさを感じるのはこの季節の宿命でしょうか。
 前半のお話では姫乃さんたちの外見はつくづくファンタジー向けだと痛感します。

1  「ファンタジーをRPG気分で作ってみた。」
 ファンタジー帳の衣装に身を包んだ姫乃たちは地下を進みます。
 出現したモンスターらしいものと剣や魔法で戦うこととなりました。
 スーちゃんのダンスがシュールな中、ニワトリの首を絞めて血を出して魔法を発動させます。

 モンスターがお金を持つことにカラスが光物を集めるのと同じとつぶやく一同。
 そんなツッコミを入れつつ今度は幽霊や骸骨のような敵と戦います。
 スーさんのお経が幽霊をあげると幽霊の敵を成仏させることに成功します。

 スライムの触手に囚われる姫乃たちに対し、キョウコは意外にも冷静でした。
 魔法では巻き込むことから塩水で対処しますが、どうやらうまくいった模様です。
 そして、「関係者以外立ち入り禁止」とかかれたドアの奥で「ラスボス」ふんする真奈美と対面します。

 ラスボス曰く「秘密」をしらないと彼女を倒すことが出来ないのだとか。
 胸の詰め物を指摘されたラスボスは逃走し、お話は終了します。
 実は美津代の書いた小説のお話を批評しているというオチだったのですが。

2 「激闘!腕相撲!女(ヒロイン)だらけの勝負の行方は」
 クラスでは女性陣が腕相撲の大会を始めていました。
 真奈美は妹達とからんだことからかなり強い力を持っており勝利を重ねます。
 一方、スーちゃんはあっさり敗北し、姫乃は圧倒的な馬力で勝利します。

 意外にも文化部が強かったりと意外な展開を見せる腕相撲。
 希や姫乃は順調に勝ち進み、いよいよベスト4が出揃います。

 真奈美と希は白熱した勝負を繰り広げ、接戦を制したのは真奈美でした。
 子育てが空手に勝利する様は、母親の強さを感じさせます。
 続いて姫乃は犬飼さん(ユニコーンの人)をあっさりと倒してしまいます。

 決勝は姫乃と真奈美の勝負となりました。
 力と力のぶつかり合いに周囲は騒然としますが、最終的に勝負を制したのは姫乃でした。
 妹達が負けたという真奈美に対して、姫乃はいとこの紫乃を抱いていると返すのでした。
 しかし、最後までどうして腕相撲なのかは判明しませんでしたが。

3 考察等
 最終回ではありながらあまり最終回らしくないお話でした。
 前半にはいきなりダンジョンを進むさまに驚きつつも、ファンタジー向けのキャラクターが妙にマッチしていました。
 モンスターがお金を持っていることをカラスが光物を集めることと同じだという説明は色々考えさせられます。

 後半ではどんな流れなのかいきなり腕相撲を始めてしまいます。
 姫乃さんは馬力もありますしやっぱり強かったですが、真奈美さんの強さはちょっと意外でした。
 子育てって大変ということなのだと思いますが、お母さんの役割をしつつ学校に通う彼女はやっぱりすごいです。

 次回があってもおかしくないお話ではありましたが、次回予告がないところを見るとやっぱり最終回のようです。
 アニメの数が多くて初めは保留だったこの作品ですが、姫乃さんたちの可愛さや色々と考えさせられる内容はとてもよかったと思います。
 来期もセントールに匹敵する癒し作品が出てくることを祈りつつ、一旦は筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

現在の常識という壁を飛び越えたタブーにチャレンジした作品

こんばんわです。

前半のRPGは創作でしたが面白い思考でした。
スライムの特性は女性キャラであると、エロ攻撃と
お約束な服を溶かす攻撃を備えてましたが、
塩で倒すという攻撃方法は面白かったです。
後半の腕相撲は、やる前から想定出来たが
姫乃さんが優勝するという話でした。
このアニメの前半は人権問題や性の悩みといった
問題をテーマした部分が主だった感じでしたが、
後半はデートとか、各それぞれのキャラを
生かした話という感じでしたね。
後半の子供達の可愛さが目立って、前半の重たい
話が嘘のような癒し展開という印象でした。ぃ
昔のテレビ番組ではタブーとされることも、
わりかし放送してたが、現在は規制が厳しく
話題を上げる番組が少ない中、アニメでその
タブーにチャレンジしたという印象の作品と
私は感じました。

アニメーション制作が絵夢(エモン)さんが担当
でしたが、縁結びの妖狐ちゃんとかを手がけて
いるだけあり、レベルの高さを感じました。
話も際どい所をついた話もあったりと、色々と考え
させるアニメだったと思います。
OPもEDの曲も良く合っていて良かったです。

Re: 現在の常識という壁を飛び越えたタブーにチャレンジした作品

> こんばんわです。
 こんばんはです。
 セントール視聴おつかれさまでした。

> 前半のRPGは創作でしたが面白い思考でした。
> スライムの特性は女性キャラであると、エロ攻撃と
> お約束な服を溶かす攻撃を備えてましたが、
> 塩で倒すという攻撃方法は面白かったです。
 スライムさんはいせスマでも出ていましたが、
 塩で倒す発想はなかなかなかったですね。

> 後半の腕相撲は、やる前から想定出来たが
> 姫乃さんが優勝するという話でした。
 彼女は「馬力」が違いますから。

> このアニメの前半は人権問題や性の悩みといった
> 問題をテーマした部分が主だった感じでしたが、
> 後半はデートとか、各それぞれのキャラを
> 生かした話という感じでしたね。
 差別問題や色々な悩みをテーマにしつつ、
 色々なキャラクターを生かしていたのは
 良かったと思います。

> 後半の子供達の可愛さが目立って、前半の重たい
> 話が嘘のような癒し展開という印象でした。ぃ
> 昔のテレビ番組ではタブーとされることも、
> わりかし放送してたが、現在は規制が厳しく
> 話題を上げる番組が少ない中、アニメでその
> タブーにチャレンジしたという印象の作品と
> 私は感じました。
 確かにちびっこさんは癒しでしたね。
 もちろん天使の3Pみたいな意味ではありませんが。
 タブーにチャレンジってかっこいいです。

> アニメーション制作が絵夢(エモン)さんが担当
> でしたが、縁結びの妖狐ちゃんとかを手がけて
> いるだけあり、レベルの高さを感じました。
 縁結びさんは2クールなのですよね。
 中国の技術の高さも驚きました。

> 話も際どい所をついた話もあったりと、色々と考え
> させるアニメだったと思います。
> OPもEDの曲も良く合っていて良かったです。
 実際、とてもよくできたアニメでしたね。
 今期は本当にレベルが高かったです。

No title

セントール完走おつかれさま。
私も先日見終わったところです。
最終話は明るめの内容で
締めてくれましたね。

前半はいきなりRPG風のお話でした。
ファミコン風の音楽がよかったです。
きょうこさんの魔法、一見へろへろですが
敵には有効だったようですね。
魔法が武器より発動が遅いというのは
ファンタジーのお約束なのでしょう。
姫乃さんはやっぱり弓使いでした。

スライムが襲ってくるネタは
他のアニメでもあったような気がします。
きょうこさんだけ狙われなかったのは
鎧を身につけていないからでしょうか?

スーさんの踊り子風神官はユニークです。
ラスボス委員長はもっとシュールでしたね。
最後は小説の中のお話だった、
というオチでしたが。

後半のお話は腕相撲大会でしたね。
シリアスな回も多かった本作ですが
こういう内容も楽しいものです。
個人的には、委員長と希さんの
対決シーンが記憶に残りました。
最後は姫乃さんが優勝という
ことでしたが、
勝負を始めた理由だけは不明でした。
ラストに
「優勝ヒロインやっぱり姫君」と
書いてあったので
姫乃さんが主人公であることを
強調したかったのかもしれませんね。

委員長さん、いつも立派だと思います。
あとは柔軟な考え方さえ身につけば
無敵の人なのかもしれません。
常に冷静なスーちゃんも
良いキャラクターでしたね。

全話を通じて、姫乃さんの可愛さと
性格の良さが印象的だったと思います。
一方で種族間の差別など、難しい
問題も取り入れた不思議な作品でした。
終わってしまうのは残念です。

先日、ニコニコさんでセントール1話を
見直してきました。
学芸会の劇とマラソン大会の
お話だったと思います。
両パートとも、ラストで人馬ならではの
大ジャンプをする姫乃さんが印象的です。

やっぱり姫乃さんが猫さんに見えて
しまう私でした。
お二人のおだやかで優しげな性格、
すごく魅力的だと思います。
私もこれで筆は置きますね。
今日も一日お疲れさまでした。

Re: No title

> セントール完走おつかれさま。
> 私も先日見終わったところです。
> 最終話は明るめの内容で
> 締めてくれましたね。
 おはようございます。
 ようへいさんも完走おつかれさまでした。
 最終回らしくない内容だったかもしれません。

> 前半はいきなりRPG風のお話でした。
> ファミコン風の音楽がよかったです。
> きょうこさんの魔法、一見へろへろですが
> 敵には有効だったようですね。
> 魔法が武器より発動が遅いというのは
> ファンタジーのお約束なのでしょう。
> 姫乃さんはやっぱり弓使いでした。
 色々と雰囲気が出ていて面白かったですね。
 姫乃さんは以前流鏑馬をされていたお話が
 あったことを思い出します。

> スライムが襲ってくるネタは
> 他のアニメでもあったような気がします。
> きょうこさんだけ狙われなかったのは
> 鎧を身につけていないからでしょうか?
 いせスマでは女性陣がご立腹でしたね。
 きょうこさんはたまたま遠くにいたのかもしれません。

> スーさんの踊り子風神官はユニークです。
> ラスボス委員長はもっとシュールでしたね。
> 最後は小説の中のお話だった、
> というオチでしたが。
 スーちゃんのシュールさが笑いを誘います。
 委員長さんも何だかノリノリで楽しそうです。
 小説のお話そのものもちょっときになってしまいます。

> 後半のお話は腕相撲大会でしたね。
> シリアスな回も多かった本作ですが
> こういう内容も楽しいものです。
 いきなり腕相撲になったときは驚きました。
 最後はコミカルにしめてくれましたね。

> 個人的には、委員長と希さんの
> 対決シーンが記憶に残りました。
 腕相撲もそうですが、私生活においても
 委員長さんの奮闘はすごいなと思います。

> 最後は姫乃さんが優勝という
> ことでしたが、
> 勝負を始めた理由だけは不明でした。
> ラストに
> 「優勝ヒロインやっぱり姫君」と
> 書いてあったので
> 姫乃さんが主人公であることを
> 強調したかったのかもしれませんね。
 アニメを見始めたときの第一印象は
 姫乃さんが他の同級生よりも大きいということでした。
 その大きさとのギャップも面白かったです。

> 委員長さん、いつも立派だと思います。
> あとは柔軟な考え方さえ身につけば
> 無敵の人なのかもしれません。
> 常に冷静なスーちゃんも
> 良いキャラクターでしたね。
 それぞれの個性がうまく出ていたと思います。
 真面目な委員長さんの家庭での奮闘振りは
 特に印象に残りました。
 スーちゃんもはじめは驚きましたが、
 今ではなんだか癒しに見えてきます。

> 全話を通じて、姫乃さんの可愛さと
> 性格の良さが印象的だったと思います。
> 一方で種族間の差別など、難しい
> 問題も取り入れた不思議な作品でした。
> 終わってしまうのは残念です。
 姫乃さんはかわいくて、素敵な女性だと思います。
 差別問題とのギャップがすごいですね。
 ある意味異色の作品だったのかもしれません。

> 先日、ニコニコさんでセントール1話を
> 見直してきました。
> 学芸会の劇とマラソン大会の
> お話だったと思います。
> 両パートとも、ラストで人馬ならではの
> 大ジャンプをする姫乃さんが印象的です。
 他のアニメだと重要イベントである
 文化祭というイベントを1話に持ってくる
 そのことに驚いたのを覚えています。

> やっぱり姫乃さんが猫さんに見えて
> しまう私でした。
> お二人のおだやかで優しげな性格、
> すごく魅力的だと思います。
> 私もこれで筆は置きますね。
> 今日も一日お疲れさまでした。
 姫乃さんと私との共通点は、
 いとことの関係くらいだと思います。
 私にはあんな風な優しさは出せないです。

 お返事遅れてごめんなさい。
 今日も一日よろしくお願いします。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム