【アニメ感想】天使の3P! 第11話「対バンと旋律」

 天使の3Pの11話を見て感想を書きます。
 小学生にして「本妻」と言ってのける小梅さんがいろんな意味ですごいなと思います。
 まさかのライバル出現に胸が熱くなるのは私だけでしょうか。

【内容】
 潤たちの練習に乱入して「立場をわきまえなさい」と告げる小梅さん。
 小梅は潤たちとの「浮気」は「遊び」だと切って捨てます。
 しかし、自分が「邪魔」で「本妻」ではないといわれた小梅は泣き出して去っていきます。

 自分のイラストに刺激を受けたといわれつつも、潤たちの音にも刺激を受けたと語る響さん。
 小梅は自分がバンドを組ん、音も含めて自分が彼を虜にすると言い出します。
 とりあえず柚葉をボーカルにし、続いてくるみをスカウトに向かいますが……

 くるみを加えた小梅は次のライブで自分が潤たちの客を奪うと宣言して去っていきます。
 意外な形で提案を受けたくるみは、小梅を監視する一方で、自分もお兄さんに見てもらいたいようです。
 対する潤たちは、改めて「対バン」をがんばることを誓います。

 潤から連絡を受けた響は、自由研究で歌を作りたいと考えていました。
 がんばって取り組んだことは宝物になると後押しする響さんが素敵です。
 響は潤の作る曲が小梅に対する「武器」になると考え、潤はますますがんばります。

 潤たちとともに作曲を進めることになった響は、鼻歌からメロディーを拾い集めます。
 難しいことは実際に踏み切ることであり、あきらめないことだと語る響の言葉が重いです。
 鼻歌が出るのがお風呂だと聞いた次の瞬間には、響は小学生3人とお風呂に入ることになりました。

 お風呂で生まれたメロディーに興奮を隠せない響さん。
 響の小学生との入浴に桜花は驚きを隠せません。
 一方で、対するくるみの方にも「兄」としてアドバイスをする響なのでした。

【考察等】
 小梅さんの行動力にはいろんな意味で驚きを隠せません。
 まさかのライバルバンドの出現に驚いた人は多いのではないでしょうか。
 妹さんが加入するのはある意味想像の範疇ではありましたが面白いと思います。

 後半の作曲のお話も見ていて面白かったです。
 何事も実際に踏み切ることって勇気がいることだと思いますし、諦めないことも難しいです。
 心が折れそうになる中、最後まで続ける一つの鍵は「好き」な気持ちなのかもしれません。

 1クールとすれば次回が最終回ということなのでしょうか。
 潤さんの曲、両者の直接対決、そして恋の行方はいったいどうなるのか注目しないわけにはいきません。
 小梅さんの性格的に難しいかもしれませんが、全力を尽くした戦いの後は互いを認め合う展開になることを期待します。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ライバルバンド結成

こんばんわです。

長文失礼します。
バンドの練習中に割り込んで来た小梅さんも
響さんの言葉が効いたのか泣いて出ていってしまう。
響さんのイラスト担当していた小梅さんは、
柚葉さんはボーカルとして、クルミさんは
キーボード(ピアノ)担当することになった。
前回私と猫さんとでこの話題を出した所で、
バンドを組む所までは予想通りでしたが、
敵としてバンド対決とか流石に読めなかった
が面白いです。
潤さんの自由研究課題は、結局は曲作りに
挑戦するということが素晴らしいかったです。
響さん先生曰く、作曲を作る上では、
偶然を繰り返して作り出すというのも
勉強になります。
曲を作ろうと思った瞬間に完成していて、
後は最後まで諦めないことがやはり
全て大事のようです。
響さんの曲作りはお風呂に入る時という
事で、潤さん達とお風呂に入る事になる。
このアニメは女の子とお風呂に入るシーンが
好きなようです。
何気に潤さんが奏でた鼻歌がいいメロディー
ということで、この後にお約束がある所も
このアニメの特徴ですね。
クルミさんのピアノ演奏に、もの足りなさを
感じてたが響さんがアドバイスするという
お兄さんらしさを出しました。

本日もご苦労様でした。
最終回はどうやらライブでバンド対決して
終わることになりそうで面白そうです。
恋の行方も気になりますが、現時点で
響さんに余裕が無さそうなので、
預かりになりそうです。
ロウキューブの流れを考えると、
潤さんを最終的には選ぶかもです。

Re: ライバルバンド結成

> こんばんわです。
> 長文失礼します。
 こんばんはです。
 度重なるコメントありがとうございます。

> バンドの練習中に割り込んで来た小梅さんも
> 響さんの言葉が効いたのか泣いて出ていってしまう。
 一途な思いを否定されてしまったというのが
 彼女の解釈なのかもしれません。

> 響さんのイラスト担当していた小梅さんは、
> 柚葉さんはボーカルとして、クルミさんは
> キーボード(ピアノ)担当することになった。
 若干予想はしていたものの、
 まさかのバンド結成に驚きです。

> 前回私と猫さんとでこの話題を出した所で、
> バンドを組む所までは予想通りでしたが、
> 敵としてバンド対決とか流石に読めなかった
> が面白いです。
 確かに面白い流れだと思います。
 どんな決着になるのでしょうか?

> 潤さんの自由研究課題は、結局は曲作りに
> 挑戦するということが素晴らしいかったです。
> 響さん先生曰く、作曲を作る上では、
> 偶然を繰り返して作り出すというのも
> 勉強になります。
 一つ一つ丁寧に、地道な作業が必要なのですね。
 もっとひらめきみたいな感じかと
 思っていましたが……

> 曲を作ろうと思った瞬間に完成していて、
> 後は最後まで諦めないことがやはり
> 全て大事のようです。
 何事も諦めないことが大切ですね。
 私も人生を諦めたくないです。

> 響さんの曲作りはお風呂に入る時という
> 事で、潤さん達とお風呂に入る事になる。
> このアニメは女の子とお風呂に入るシーンが
> 好きなようです。
 そういえば、やたらと入浴シーンが多いですね。
 作者さんの趣味なのでしょうか?

> 何気に潤さんが奏でた鼻歌がいいメロディー
> ということで、この後にお約束がある所も
> このアニメの特徴ですね。
 いわゆるラッキースケベですね。

> クルミさんのピアノ演奏に、もの足りなさを
> 感じてたが響さんがアドバイスするという
> お兄さんらしさを出しました。
 南の島の時は放置でしたし、
 少しはサービスも必要かもしれません。

> 本日もご苦労様でした。
 今日も一日お疲れさまでした。

> 最終回はどうやらライブでバンド対決して
> 終わることになりそうで面白そうです。
 バンド対決→和解の流れになるのでしょうか?

> 恋の行方も気になりますが、現時点で
> 響さんに余裕が無さそうなので、
> 預かりになりそうです。
> ロウキューブの流れを考えると、
> 潤さんを最終的には選ぶかもです。
 ろうきゅーぶはわからなかったのですが、
 潤さんは3人の中でも絡みが多いですよね。
 本命なのかもしれません。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム