【アニメ感想】バトルガール ハイスクール 第12話(終)「きずな」

 バトルガールハイスクールの最終回を見て感想を書きます。
 序盤から中盤(大体10話くらい)のゆるいムードと終盤(11話~)のシリアス展開のギャップがすさまじいです。
 綺麗に終わりましたが、ぽっと出のラスボスらしい女性は一体何者だったのでしょうか。

【内容】
 星守たちが黒フードたちと対峙する中、突然上空に出現した巨大イロウズ。
 その中にはゲートの鍵を握る「闇神樹」の反応がありました。
 仲間達は果敢に黒フードたちに戦いを挑み、ミサキ、みきを先へと進ませます。

 「この星を、みんなの笑顔を守りたい」
 それぞれが星守の思いを込めて、次々と黒フードへ一撃を叩き込みます。
 敵を撃退したものの、仲間は次々と倒れていきます。

 ミサキ、みきは「闇神樹」の前にたどり着きますが、そこにはもう一人のみきが現われます。
 謎の女性によって「世界の狭間」に囚われたみきとミサキは、必死に脱出を図ります。
 仲間たちの力が神樹を通じて2人に託され、2人は新たな力を得て脱出を果たします。

 ミサキはもう一人のみきとの戦闘を開始します。
 その一撃が彼女に正気を取り戻させ、姉妹は感動の再会を果たします。
 姉から力を託されたミサキは、みきと共に「闇神樹」との決着をつけます。

 戦いを終えたミサキは、仲間たちから神樹の苗をもらいます。
 元の世界への扉が開きますが、彼女はまだこちらの世界に残るとのこと。
 もう一人のみきたちは妹を託して元の世界へと戻っていきました。
 そして、また毎日の学園生活が始まるのでした。

【考察等】
 気づけば急にシリアスな展開になり、気づけば戦いが終わっていたという感じです。
 平行世界の設定といい、スクスト(スクールガールストライカーズ)にどこか似ていると思うのは私だけでしょうか。
 可愛らしいキャラクターとキャストの豪華さはあちらにも引けは取らないと思います。

 仲間たちの力がみきさんたちに流れ込むところはベタな展開ながら結構好きです。
 お姉さんも助かってよかったですし、綺麗な形で終わったと思います。
 黒幕っぽい女性は一体なんだったのかがまったく説明がなかったのは不可解ですが。

 前半のゆるいムードは、ある意味ではひなろじに近い癒しがあり、学年が違うのに同じクラスというのはどうなのかという突っ込みは伏せつつ、綺麗にまとめたのは良かったのではないかと思いました。
 結論として、キャラクターの可愛さとキャストの豪華さを堪能するアニメなのでしょうか。
 やっぱり最後までキャラを覚え切れませんでしたが、それでもなお普通に楽しめる作品であったと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム