【アニメ感想】天使の3P! 第10話 「まるっきりデート」

 天使の3Pの10話を見て感想を書きます。
 いつかはあると思いましたが、小梅さん達のいきなりの再登場には驚きました。
 同じ花澤さんではありますが、結婚を迫る小梅さんと(恋と嘘の)美咲さんとのギャップがすさまじいです。

【内容】
 登校日を前にしても練習を欠かさない小学生の皆さん。
 響達の前に現れたのは、南の島で別れたはずの柚葉と小梅の2人だったのです。
 巫女の制度が廃止されて自由の身になった小梅はいきなり結婚を迫ります。

 くるみ(妹)と一緒にお風呂に入る響の前にやってきた小梅さん。
 出会うなり喧嘩を始める2人に困惑する響なのでした。
 そしてくるみのピアノはいつになく荒れているのは言うまでもありません。

 コンビニの前で柚葉と出会った響は、秋葉原に憧れていたという彼女を現地に連れて行きます。
 しかしBLは彼女の求めているものではなかったといいつつも、何か引かれるオーラがあるのだとか。
 一応、目的の漫画が見つかったようで何よりです。

 響はカラオケに憧れている柚葉をカラオケボックスに連れて行くことに。
 柚葉と別れた響は、今度は小学生たち(主に希美、小梅)に絡まれます。
 「本妻の名前を呼びなさい」という小梅さんがいろんな意味ですごすぎます。

 事情を説明してわかってもらったと思ったら、希美たちは自分たちともデートするようにと迫ります。
 まずは潤とのデートが始まり、電車での彼らを見る目がなにやら不穏です。
 彼女の誘惑(?)をかいくぐろうと脳内に曲をならしますが……

 (自由研究のために)「刺激がほしい」と歌舞伎町にやってきた潤さん。
 そんな彼女に、響は「自分とは違った人になったような気持ち」で周りを見て見るといいとアドバイスをします。
 「悪の女王」になりきって、いきなり響を呼び捨てにして黒の水着を求める潤さんが面白いです。

 自由研究はできなかったものの、自分の曲を褒めてもらった潤はご満悦のようで何よりでした。
 希美たちはどうやら潤についてきていたようで、皆でドーナツを食べることになりました。

【考察等】
 色々な登場人物が入り乱れてとてもにぎやかなお話でした。
 冒頭の小梅さん達の再登場に驚いたことは言うまでもありません。
 小梅さんの積極性の半分が美咲さんにあればあちらの世界も変わったのかもしれません。

 中盤での、都会に憧れる柚葉さんが他人とは思えませんでした。
 そして後半での女王様になりきる潤さんのキャラクターが面白いです。
 これを期に、できれば都内に移住したいと思うのは私だけでしょうか。

 小梅さんと潤さんとのデートイベントに続き、そらさんや希美さんとのデートのお話もあるのでしょうか。
 一方で、他の女の子とこれだけいちゃいちゃしていたと知ったとき、くるみさんのお怒りは相当になるのではないかと思うとちょっと心配になります。
 彼のラッキースケベは一体どこまで進むのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

小梅さん達が東京に移住してくる

こんばんはです。

長文失礼します。
学校を行く前にバンド練習とか凄いですが、
潤さん達の制服姿が可愛いすぎてヤバイです。
家を出ると待ち構える小梅さんと、柚葉さんが
ランドセルを背負う姿が可愛いです。
しかし柚葉さんのあの体型と色ぽさで小学生とか
犯罪級です。
小梅さんが自由になって結婚しようという爆弾
発言が凄く、周りの女の子達への影響が
大きかったですね。
前回の小梅さんのお母さんの言葉の言い回しは、
私にもそのように聞こえた(^^)
クルミさんと小梅さんの嫁と姑という設定の争いが
面白いです。
デートとは柚葉さんの道案内だったのですね。
電車や町並みの景色を見てはしゃぐ姿は、
小学生に見えた。
アニメイトのエレベーターで降りた時の、
ドアの絵がロウキューブの絵となっおり、
このアニメシリーズがロウキューブ繋がりを
さりげなくアピールしてましだ(^^)
柚葉さんが邪の道に行かなくて良かったです。
カラオケも凄く上手く、歌うのが好きなら
バンドのメインボーカルとかいいかも。
しかし体格と雰囲気や言葉使いなど、総合的に
見ても小学生の枠を超えて大人ぽいです。
リトルウイングに戻ると小梅さんが鬼嫁になって、
浮気のような責め方とか色々と面白いです。
今度は本命?の潤さんとのデートが微笑ましいてす。
潤さんは年相応な可愛いさがいいです。
最後に潤さんが目を閉じてキスを求めるシーンで、
告白しそうな場面でもありましたが、
桜花さんを含むメンバーの尾行に気付いて、
緊張感がとけました。
なかなかの修羅場を迎えた響さんをお疲れ様と
同情したくなりました。(^^)

本日もご苦労様でした。
やはりただでは終わらなかった小梅さん達でした。
島の風習は無くなって良かったです。
東京に引っ越して来て恋のライバルが2人登場して
凄い事になりました。
イベントやお店がある都内に憧れるのは判りますが、
人間関係は気薄で殺伐としてて、あまりお勧めしません。

そして、関東のテレビ後番組の宣伝が入りました。
来季で凄く気になっていた、魔法使いの嫁が
やるみたいだ。
魔法使いの嫁は映画のみの上映しかしておらず、
気にはなってたのですが見れずじまいでしたが、
アニメ放送の決定をアニメジャパンのイベントで
知り楽しみにしてました。

Re: 小梅さん達が東京に移住してくる

> こんばんはです。
> 長文失礼します。
 こんばんはです。
 こちらもコメントありがとうございます。

> 学校を行く前にバンド練習とか凄いですが、
> 潤さん達の制服姿が可愛いすぎてヤバイです。
 このアニメ、制服がみんな可愛いですよね。
 ちょっと着てみたいです。

> 家を出ると待ち構える小梅さんと、柚葉さんが
> ランドセルを背負う姿が可愛いです。
 いずれは来ると思いましたが、
 あまりにも早い再会でした。

> しかし柚葉さんのあの体型と色ぽさで小学生とか
> 犯罪級です。
 彼女は、私は中学生だと思っていました。

> 小梅さんが自由になって結婚しようという爆弾
> 発言が凄く、周りの女の子達への影響が
> 大きかったですね。
> 前回の小梅さんのお母さんの言葉の言い回しは、
> 私にもそのように聞こえた(^^)
 お母さんの言い方は確かにそう聞こえますね。
 そのうえ、娘さんが真に受けているのはすごいです。
 年齢的に結婚できないというのは言うまでもないですが。

> クルミさんと小梅さんの嫁と姑という設定の争いが
> 面白いです。
 お兄さんに体を洗ってもらう彼女もそうですが、
 侵入してくる小梅さんもすごいですよね。

> デートとは柚葉さんの道案内だったのですね。
> 電車や町並みの景色を見てはしゃぐ姿は、
> 小学生に見えた。
 現実に私も現地に行ったらあんな感じになるの
 かもしれません。

> アニメイトのエレベーターで降りた時の、
> ドアの絵がロウキューブの絵となっおり、
> このアニメシリーズがロウキューブ繋がりを
> さりげなくアピールしてましだ(^^)
 作者さんが同じなのですよね。
 あちらも小学生ですし、
 それだけ小学生がお好きなのかもしれません。

> 柚葉さんが邪の道に行かなくて良かったです。
 BLのところですね。

> カラオケも凄く上手く、歌うのが好きなら
> バンドのメインボーカルとかいいかも。
> しかし体格と雰囲気や言葉使いなど、総合的に
> 見ても小学生の枠を超えて大人ぽいです。
 小梅さんと組んでボーカルの可能性はあると思います。
 あと一人がくるみさんならもっと面白いですが。

> リトルウイングに戻ると小梅さんが鬼嫁になって、
> 浮気のような責め方とか色々と面白いです。
 「本妻」という言い方でしたよね。
 いせスマじゃないですが、一夫多妻を容認しているのでしょうか。

> 今度は本命?の潤さんとのデートが微笑ましいてす。
> 潤さんは年相応な可愛いさがいいです。
 無邪気な感じがとてもいいですよね。

> 最後に潤さんが目を閉じてキスを求めるシーンで、
> 告白しそうな場面でもありましたが、
> 桜花さんを含むメンバーの尾行に気付いて、
> 緊張感がとけました。
> なかなかの修羅場を迎えた響さんをお疲れ様と
> 同情したくなりました。(^^)
 毎回ながら彼も相当苦労人ですよね。
 学校よりも大変かもしれません。

> 本日もご苦労様でした。
 今日も一日お疲れさまでした。

> やはりただでは終わらなかった小梅さん達でした。
> 島の風習は無くなって良かったです。
> 東京に引っ越して来て恋のライバルが2人登場して
> 凄い事になりました。
 早すぎる再会もそうですが、
 小梅さんが積極的すぎますよね。

> イベントやお店がある都内に憧れるのは判りますが、
> 人間関係は気薄で殺伐としてて、あまりお勧めしません。
 隣の芝生は碧いのかもしれません。

> そして、関東のテレビ後番組の宣伝が入りました。
> 来季で凄く気になっていた、魔法使いの嫁が
> やるみたいだ。
> 魔法使いの嫁は映画のみの上映しかしておらず、
> 気にはなってたのですが見れずじまいでしたが、
> アニメ放送の決定をアニメジャパンのイベントで
> 知り楽しみにしてました。
 魔法使いの嫁、覚えておこうと思います。
 ラノベ枠でしょうか?
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム