【アニメ感想】ひなろじ~from Luck & Logic~ 第11話「一年の計はカウントダウンにあり」「据えチョコ食わぬは女の恥」

 ひなろじの11話を見て感想を書きます。
 今回は年末年始、バレンタインと豪華二本立てでした。
 このペースだと最後は先輩方の卒業で終わりなのかもしれません。

1 「一年の計はカウントダウンにあり」
 一同は実家へ戻っていき、寮にはニーナひとりが残されます。
 一人でお笑いのDVDを見ようと意気込む彼女ですが、部屋にはコタツに入るリオンの姿がありました。
 ニーナが一人と聞いた彼女は2人での年越しを考えていたのでした。

 コタツの魔力に捉えられた2人ですが、突然呼び鈴が鳴り響きます。
 玄関に出てきたリオンは知らない人にカニをもらってきたと、鍋を作って2人で食べてしまいました。
 実は先生が注文していたものだったのですが、住所を間違えて寮に届いてしまったようです。
 とりあえずカニカマをつめて先生に贈って事なきを得ます(?)。

 年越しソバを食べつつ、弥生の受け売りでその理由を説明するリオンさん。
 一年の感謝という言葉にうれしさが込みあげるニーナなのでした。
 そして、年越しとともに大好きな人にキスをするのがリオンの故国の習慣であるようです。

2 「据えチョコ食わぬは女の恥」
 バレンタインに夕子先輩はおいしそうなカップケーキを作っていました。
 ニーナへのチョコレートを作ろうとするリオンは、夕子先輩や弥生と一緒にチョコを作ります。
 オーブンさんはご機嫌斜めなようで、チョコレートが焼けなくなってしまいます。

 万博はちょうど試したい発明品があると一瞬でオーブンさんを直しますが、ニーナがオーブンさんに矢を放って事なきを得ます。
 チョコをもらったニーナはうれしさに思わず涙を流して「大好き」と抱きつきます。
 どうやらキューピットの弓矢の影響によってニーナはいつもとは違う状態にあるとのこと。

 例のチョコを食べた万博は弥生に迫り、付き人2名はお守りすると誘惑を始めます。
 夕子はチョコレートを隠そうとしますが途中で会長にばったり出会い、彼女はそれを食べてしまいます。
 突然の愛の告白を前に、夕子は数時間たてば正気に戻ると無意識のうちに突き放します。

 キューピットの矢の効果が切れて、ニーナは疲れたといいつつもチョコレートをリオンに渡します。
 そんな彼女に「大好き」と抱きしめるリオンさんが素敵すぎます。

3 考察等
 豪華二本立てのお話ですがそれぞれみていて心が和むものを感じます。
 前半の年越しのお話はニーナさんとリオンさんの絡みがとてもよかったと思います。
 さすがに最後のキスには驚きましたが。

 後半はバレンタインのお話ですが、夕子先輩の女子力の高さには憧れてしまいます。
 日ごろお世話になっている方にチョコをあげるのはとてもいいことだと思います。
 前半のキスといい、このアニメはそういう方向性を目指しているのでしょうか。

 前回とは異なり、オープニングもCパートも復活して何よりでした。
 先生は大量のチョコレートをもらっているようで何よりですが、次回は最終回とのこと。
 リオンさんの「入学」で始まったお話は、最後は(先輩方の)「卒業」で終わりということになるのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんはです。
猫さんはもうお眠りになった
ことと思います。
ひなろじの感想書かせてください。

前半は大晦日のお話、そして
後半はバレンタインデーでしたね。
前回よりも明るい話でよかったです。

ニーナさんがお笑い好きとは意外です。
一人で過ごしたい時に邪魔されると
ちょっとイラつくのは私だけでしょうか。
でも、リオンさんと一緒に過ごせたのは
彼女のいい思い出になると思います。

後半のお話はシュールでしたね。
百合っぽい展開になってしまいました。
夕子さんは器用で優しくて、
良い先輩だと思います。
会長さんはチョコなど食べなくても
夕子さんが大好きなのだと思います。
来週が最終回だなんて
少し寂しい気もいたします。

昨日の記事に、ニトロプラスさんの
話題が出てきましたね。
元々あの会社は美少女ゲームを
中心に作っていたはずです。
最近はひなろじ、ラクロジの製作にも
関わっているとか。
多方面への展開、良い事ですね。

カニかまは一種のコピー食品です。
昔は「かに」という名称で販売しても
よかったそうです。
今ではルール違反になるそうですが。

今日も一日お疲れさまでした。
私も来年は猫さんからチョコを
もらってみたい気がします。

Re: No title

> こんばんはです。
> 猫さんはもうお眠りになった
> ことと思います。
> ひなろじの感想書かせてください。
 おはようございます。
 ひなろじ11話お疲れさまでした。

> 前半は大晦日のお話、そして
> 後半はバレンタインデーでしたね。
> 前回よりも明るい話でよかったです。
 前回はシリアスながらも感動するお話でしたね。
 今回はまたいつもの日常に戻ったような気がします。

> ニーナさんがお笑い好きとは意外です。
 そんな彼女の一面を見られただけでも
 よかったのかもしれません。

> 一人で過ごしたい時に邪魔されると
> ちょっとイラつくのは私だけでしょうか。
> でも、リオンさんと一緒に過ごせたのは
> 彼女のいい思い出になると思います。
 それに、仲がいい2人を見ていると
 視聴者としてもうれしくなってきます。

> 後半のお話はシュールでしたね。
> 百合っぽい展開になってしまいました。
 女性だらけのお話だと
 どうしても百合方向に動くのかもしれません。

> 夕子さんは器用で優しくて、
> 良い先輩だと思います。
> 会長さんはチョコなど食べなくても
> 夕子さんが大好きなのだと思います。
 ニーナさんとリオンさんのように、
 夕子先輩と会長さんも両思いだと思いたいです。

> 来週が最終回だなんて
> 少し寂しい気もいたします。
 私も、もっと彼女たちを見ていたかったです。

> 昨日の記事に、ニトロプラスさんの
> 話題が出てきましたね。
> 元々あの会社は美少女ゲームを
> 中心に作っていたはずです。
> 最近はひなろじ、ラクロジの製作にも
> 関わっているとか。
> 多方面への展開、良い事ですね。
 がっこうぐらしのお話でしょうか。
 あと、まどマギやFate/Zeroの虚淵さんもあちらに所属しているようです。
 ひなろじやラクロジに絡んでいるのはさすがに知りませんでした。

> カニかまは一種のコピー食品です。
> 昔は「かに」という名称で販売しても
> よかったそうです。
> 今ではルール違反になるそうですが。
 色々とご存知なのですね。
 かにかまをつめるという発想が驚きました。
 それだけ精巧に味が再現されているのかもしれません。

> 今日も一日お疲れさまでした。
> 私も来年は猫さんからチョコを
> もらってみたい気がします。
 今日も一日よろしくお願いいたします。
 チョコレートはがんばってみたいです。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム