【アニメ感想】セントールの悩み 第9話「世間で偉人って言われている人の苦悩って。/世間で偉人って言われている人の人生って。」

 セントールの9話を見て感想を書きます。
 ヘビの人が出たと思えば、今度はカエルの人がでてきてしまいました。
 後半はやたらと重たくなりますが、これがもともとの原作なのでしょうか。

1 世間で偉人って言われている人の苦悩って。
 最近メディアによく出ているカエルの人「ジャン・ルソー」に注目する一同。
 スーさんによると彼はフランス人で会社の会長であり、少数民族の保護活動にも積極的なのだとか。
 なんでも、そのルソーさんは今回公演に来るとことで、準備委員を引き受けさせられることになりました。

 手がぬるぬるすることを気にしながらも、要人との対談でしっかりとパフォーマンスを行うルソーさん。
 そんな彼はネコミミの秘書とともに多忙なスケジュールをこなしていました。
 一方で、故郷に戻ると同胞は武装していたことに驚きます。

 哺乳類とは共生すべきと説くルソーさん。
 概念的な大義に命をかける同胞に対して、その考えは「毒」だとつぶやきます。
 そして、講演が終わりお茶を出されますが、実は彼は猫舌だったようです。

2 世間で偉人って言われている人の人生って。
 いきなり戦争へと話は移り、多くの天使たちが電車に乗せられて収容所に連行されます。
 強制労働を強いられる天使たちにかけられた言葉は「生存は労働の対価」とのこと。
 少ない食事を巡って互いの種族は争いを始めてしまいますが、男性曰く「違いがある限り、人はいがみ合う」とのこと。
  
 殺される覚悟をした天使の少年でしたが、人馬の男は食料を分けてくれました。
 自分の死を覚悟した男は「お前は生きろ」と一言。
 解放軍が登場したものの、男性は囚人によって体をつるされて殺されてしまいます。

 少年は軍に保護され、いまではルソーと対談する要人となっていました。


3 考察等
 ヘビの人の後にはカエルの人が登場しますが、むしろ腕が4本あることに驚きです。
 スーさんの時と同じく、ルソーさんもかなり思慮深い性格で尊敬してしまいます。
 部族の皆さんを見て、このまま「異世界食堂」にいきかねないと思ったのは内緒です。

 後半ではいきなり戦争になり、強制収容所が出てきてしまいました。
 別のアニメと言いましょうか、クロノトリガーからドラクエ5になったかのような衝撃を覚えます。
 そして少年が実はルソーさんと対談するのはまったく想像していませんでした。

 議論の内容が多少重たくなることはありましが、今回の後半の重さはさすがに想定外でした。
 原作がこのような流れなのかもしれませんが、タイトルどおりのセントールの「悩み」なのかもしれません。
 一方で、次回は「デート」という言葉に、いつもの雰囲気へと戻るような予感がします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

セントール視聴おつかれさま。
私もコメントよろしいですか。
前半もそうでしたが、後半は
かなり重たいお話でしたね。

ルソーさんに対する校長先生?
の気遣い、大したものですね。
争いの原因は姿や形の違いでなく
考え方の違いから来るものだと
思います。

後半の舞台は強制収容所でしたね。
第二次大戦などでも
似たような事があったようですが。
違いがあるからといって殺し合いを
してしまってはたまりません。
天使の少年はいろいろと
優しい人達に恵まれて
助かったのだと思います。

人間が戦争をする動機は
色々とあるのでしょう。
思想の違いや私欲、義憤など
様々な理由がありそうです。
ジークさんのように、
誰かを守るため戦う事も
あるかと思います。

戦争で善や悪を語るのは
当事者の都合かもしれません。
人を殺し、幸せな生活を奪えば
相手の憎しみを避けることは
できなくなります。
これは大きな罪だと思いますよ。

Re: No title

> セントール視聴おつかれさま。
> 私もコメントよろしいですか。
 こんばんはです。
 セントール見られたのですね。

> 前半もそうでしたが、後半は
> かなり重たいお話でしたね。
 いきなり強制収容所が出てきた時、
 別のアニメかと思いました。

> ルソーさんに対する校長先生?
> の気遣い、大したものですね。
> 争いの原因は姿や形の違いでなく
> 考え方の違いから来るものだと
> 思います。
 こういった考え方は、
 彼自身の経験にもよるのかもしれません。

> 後半の舞台は強制収容所でしたね。
> 第二次大戦などでも
> 似たような事があったようですが。
 ドイツのお話ですよね。
 アンネの日記は英語か国語の教科書の教材で
 読んだような気がします。

> 違いがあるからといって殺し合いを
> してしまってはたまりません。
 あまりにも生々しい内容で恐かったです。

> 天使の少年はいろいろと
> 優しい人達に恵まれて
> 助かったのだと思います。
 彼も運が良かったのかもしれません。
 人馬の人がころされたところは
 衝撃的過ぎました。

> 人間が戦争をする動機は
> 色々とあるのでしょう。
> 思想の違いや私欲、義憤など
> 様々な理由がありそうです。
 思想、あるいは経済的動機というのも
 あるのかもしれません。

> ジークさんのように、
> 誰かを守るため戦う事も
> あるかと思います。
 最近の彼は随分と自分の意志を
 持つようになりましたね。

> 戦争で善や悪を語るのは
> 当事者の都合かもしれません。
> 人を殺し、幸せな生活を奪えば
> 相手の憎しみを避けることは
> できなくなります。
> これは大きな罪だと思いますよ。
 実際、昔の戦争やいざこざが原因で
 今も争っている地域がありますから、
 罪深いなと思います。

 今日も一日お疲れさまでした。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム