【アニメ感想】ボールルームへようこそ 第9話「花と額縁」

 ボールルームの9話を見て感想を書きます。
 もう真子さんがメインヒロインでいいと思います。
 前回の失敗をばねに、どのようにペース配分の問題を解決するのでしょうか。

【内容】
 真子の「額縁」になれといわれた多々良は、真子を「花」にすることを決意します。
 仙石さんに体力配分について念を押された多々良は改めて「額縁」になると一言。
 そして、決勝は一組一組がソロでダンスを踊るところから始まるようです。

 「私、多々良さんを信じて踊りますから」と真子さん。
 初めてのソロに緊張する多々良ですが、曲がかかれば別人のような動きを見せます。
 途中で変わる彼の動き、「花」と「額縁」のバリエーションに、仙石さんたちも目が離せません。

 ベーシックとバリエーションの組み合わせで勝負に出る多々良さん。
 見る側の視線を奪うその演技は、仙石さんによると舞台構成を考えた即興とのこと。
 真子の兄である賀寿もまた、彼女の生き生きとした表情に別人かとすら疑います。

 豪華すぎる額縁であった賀寿に対し、多々良という額縁は真子という花を引き立たせます。
 膨れ上がる花の美しさに人々の目は釘付けになります。
 そして、演技を終えた彼らには賞賛の拍手が鳴り響きます。

【考察等】
 ほぼ初心者だった多々良さんですが、決勝では見事な演技を見せてくれました。
 額縁としてパートナーを引き立てる彼と満面の花となった真子さんが素敵すぎます。
 勝負の結果はどうなるかわかりませんが、もうこの2人がパートナーのままでいいと思います。

 前回問題になったペース配分については、失敗した経験で覚えるしかないとのこと。
 1種目目は見事に踊りきりましたが、その後の演技に前回の失敗の経験がどう生きるのかが気になります。
 そして、「花」として満開の輝きを放つ妹さんが賀寿さんの演技にどう影響するのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム