【アニメ感想】プリンセス・プリンシパル 第6話「case18 Rouge Morgue」

 プリプリの6話を見て感想を書きます。
 死体あふれる現場に親子喧嘩と、お話があまりにも重たすぎました。
 どうしようもないものの、お父さんはあくまでお父さんだったのはよかったです。

【内容】
 鍵を開ける特訓をする一同ですが、なかなかうまくいきません。
 ドロシーの口ずさむ歌は、どうやら父親から伝えられたもののようですが……

 死体から王室外務省の暗号表を奪取すべきと指令を受けたドロシーさん。
 該当の死体について知っているのは、ノルマンディー公の協力者であり、彼女の父親であるとのこと。
 ドロシーはベアトリスとともに国中の死体の集まる「モルグ」へとやってきて死体処理の仕事に入ります。
 
 ベアトリスが「最低」とののしる男は、ドロシーの実の父親でした。
 お姫様はベアトリスに髪をといてもらいつつその事情を聴きます。
 暗号表を奪うと父親がどうなるのかと考えるとなかなかに決心が鈍ります。

 娘をよそに父親はけがをして周辺に八つ当たりをしていました。
 ベアトリスをからかう父に怒り、ドロシーは彼女を連れて去っていきます。
 お父さんはもともと優秀な蒸気技師でしたが事故でおかしくなったようです。

 ベアトリスに自分の過去を語るドロシーは自分が「弱い」と一言。
 ドロシーはベアトリスとの信頼関係が醸成されつつあるようです。
 一方、お姫様は女王様になって壁に阻まれた世界を変えようとしていました。

 父親を背負って歩き、家で眠らせたドロシーは目的のものを探します。
 目を覚ました父親は「儲け話」があると、手のひらに十字の傷のある死体こそが目的のものと話します。
 そんな彼は大量の借金を抱えていて、娘を出せば借金をちゃらにしてやると打診されます。

 ぼろぼろに殴られた父親を心配するドロシーをよそに、ベアトリスは目的の死体を発見します。
 死体の歯から目的の暗号表を入手したドロシーは父親のためにそれを書き写すことに。
 暗号表を見つけたと聞いたお父さんは大金が入ると意気揚々とその場を去り、娘には幽霊通りのパブで待っているようにと指示します。

 暗号表を手にしたお父さんは「人生をやり直すために」とさらなる大金を要求します。
 一方、ドロシーとベアトリスは父親が娘たちを売ったと悟って、借金取りをやっつけてしまいます。
 それでも借金取りが言うにはお父さんは娘を売らなかったことがわかります。

 酒場で父を待つドロシーとベアトリス。
 父親の声真似をするベアトは酒場の喝さいを受けます。
 しかし、父は物言わぬ死体となっており、いくら待っても酒場に着くことはありませんでした。
 

【考察等】
 死体の集まる場所、そしてダメ人間になったお父さんとお話があまりにも重たすぎました。
 たった一つのきっかけが、立派な技師をここまで落としてしまうというのですから恐ろしいです。
 そんなお父さんでも、父親だと複雑な思いを寄せるドロシーさんが人間的でいいなと思います。

 ベアトさんをからかうお父さんの姿にあまりいい印象を持ちませんでした。
 大量の借金を抱えていたというダメおやじのそれはある意味お約束だと思います。
 それでも一線を越えなかったこと(最後まで娘を売らなかったこと、やり直そうとしていたところ)が救いでしょうか。

 これまでのスパイ活動がお姫様のお忍びという形で、割と華やかな印象を受けました。
 それだけに今回のお話の重さが際立っていたのかもしれません。
 次回はどんなお話になるのか、しっかりと待ち続けようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム