【アニメ感想】セントールの悩み 第6話「先祖や歴史のことを遡れるのは、むしろ幸福?それとも不幸?/本当に好きなことを仕事にすることは果たして幸せなのかな?」

 セントールの6話を見て感想を書きます。
 タイトルからいろいろと考えさせられそうな、深いお話が魅力的だと思います。
 サスサスさんの風貌にも少しずつ慣れてきました。

1 「先祖や歴史のことを遡れるのは、むしろ幸福?それとも不幸?」
 家が壊れるほどの寝返りを打つ姫乃は母親に言われてようやく起床、登校します。
 なお、学校のトイレは人馬の彼女には手狭でふみふみちゃんがないとだめらしいです。

 学校にやってきた姫乃に、希たちは髪の毛が長くなったと言われます。
 美容院そのものは高いですし、人馬は美容院の店員さんにいい顔をされないとのこと。
 お母さんに髪の毛を切ってもらっているという希はロングにするようにと提案されますがそれを拒否します。

 姫乃の髪型をどうするかという会議が始まります。
 縦ロールはどうかというお話になりますが、貴族は髪を洗わなかったとのこと。
 なお、中学時代ショートにしていた姫乃は従妹に苦情を言われたことがあるそうです。

 委員長の天使のわっかも髪型の一つなので、欠損証明書なるものがあるとのこと。
 姫乃は、髪の毛と同時にふさふさのしっぽも切るらしいです。
 一方で、お弁当のフルーツはおやつではないかと責められます。

 姫乃の赤い髪はめずらしく、母親が代々その色なのだとか。
 ご先祖様が赤い髪の人間にさらわれ、助け出された時には赤い髪の子が生まれたようです。
 ご両親はサラリーマン家庭とのことですが、実際は由緒ある家計で、文献にいろいろとのこっているらしいです。

2 「本当に好きなことを仕事にすることは果たして幸せなのかな?」
 きょうこのお父さんは文章を書くことを生業にしていました。
 職場ではきょうこは秘書だと思われていたようですが、同僚は女子高生と知って歓喜します。
 あっさりと必要なコメントを取るきょうこさんはマジ有能です。

 きょうこが窓を見ていたら、巫女装束の委員長をみかけます。
 霊感商法をやっているのかと言い出すお父さんは「取材したい」と一言。
 なお、委員長はお祓いをして、玉ぐし料を貰って去っていきます。

 委員長のお父さんは「画家」であり、娘がその家計を支えていました。
 芸術家になるか、よき父親になるかと決断を迫る委員長。
 一方で一般家庭の姫乃は親に甘え、道場の娘である希は将来について悩んでいるようです。

3 考察等
 タイトルの長さに定評がありますが、その中身は実際に見ないとわかりませんでした。
 前半のお話はご先祖様のお話もさるものですが、髪型を決めるお話もなかなか面白いです。
 姫乃さんは「姫」だけに立派なご先祖様をおもちのようですが、祖先が立派でも今は普通というところがある意味リアルかもしれません。

 後半のお話はお父さん方のお仕事のお話で、それぞれの視点が光ります。
 きょうこさんや委員長さんがお父さんを支えているところがいいなと思います。
 対照的に描かれている姫乃さんのご家庭もどこか微笑ましいですし、希さんもいろいろと考えているようです。
 
 次回も相変わらず長いタイトルでしたが、表示が一瞬だったのでオカルトの文字しか見えませんでした。
 夏の時期なので肝試しのお話にでもなるのでしょうか。
 果たしてどんなお話が繰り広げられるのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
セントールの悩み、私も見ました。

姫乃さんも色々悩んでいるようですね。
ロング髪の女性は素敵だと思います。
伸びすぎても大変なのでしょうが。

彼女の赤髪、ご先祖様が
関係していたとは意外です。
「果物はおやつに入らないですか」は
子どもたちがよく使うネタだと思います。

きょうこさんや委員長も立派です。
どちらの父親も娘あってこそ、ですね。
お祓いで気分が落ち着くかどうかは
その人の考え方次第でしょう。

特に、委員長のお父さん。
あれだけ子ども達を抱えているのだから
娘への負担も考えてあげてほしいです。
好きな事を仕事にするのは立派ですが。

サスさんもいい子ですね。
姫乃さんは彼女がまだ苦手な感じです。

Re: No title

> こんばんは。
> セントールの悩み、私も見ました。
 こんばんはです。
 セントールさん視聴お疲れ様です。

> 姫乃さんも色々悩んでいるようですね。
> ロング髪の女性は素敵だと思います。
> 伸びすぎても大変なのでしょうが。
 実際髪を伸ばすと手入れなどが面倒だったりします。
 短い方が楽という、希さんのおっしゃることも事実かと。

> 彼女の赤髪、ご先祖様が
> 関係していたとは意外です。
 彼女のご先祖様のお話も興味深かったです。

> 「果物はおやつに入らないですか」は
> 子どもたちがよく使うネタだと思います。
 バナナはおやつに入るかどうかと考えたら、
 一瞬アホガールが浮かんでしまいました。

> きょうこさんや委員長も立派です。
> どちらの父親も娘あってこそ、ですね。
> お祓いで気分が落ち着くかどうかは
> その人の考え方次第でしょう。
 なんだかんだいって仲のいい父娘で
 いいなと思います。

> 特に、委員長のお父さん。
> あれだけ子ども達を抱えているのだから
> 娘への負担も考えてあげてほしいです。
> 好きな事を仕事にするのは立派ですが。
 子供5人はさすがに厳しいですよね。
 よくできた娘さんが相当苦労しているのだろうなと思います。

> サスさんもいい子ですね。
> 姫乃さんは彼女がまだ苦手な感じです。
 サスさんは普通にいい人だと思いますし、
 少しずつ慣れていくのだと思います。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム