【アニメ感想】活撃 刀剣乱舞 第7話「第一部隊」

 シリアスな刀剣乱舞の7話を見て感想を書きます。
 第一部隊に中心が移ってまたキャラクターが誰かわからなくなってしまいました。
 蜻蛉切さんがあれだけ苦戦した大太刀をあっさりと倒す第一部隊が強すぎます。

【内容】
 永禄6年の京都に現れた第一部隊の皆さん。
 髭切と膝丸は兄弟で、大典田もかなりのつわものの模様。
 自称ジジイの三日月と隊長の山姥切はあっさりと大太刀をやっつけて、その強さに新入りの骨喰は唖然としてしまいます。
 
 京の都に向かう中、自分が足利宝剣の一人だったと語りあう一同。
 骨喰は刀であったときの記憶は覚えていないようです。
 一方、ほかの刀剣男士のそうそうたる出自にコンプレックスを発動させる山姥切なのでした。

 都では鬼の面で顔を隠した「辻斬り」の噂で持ちきりでした。
 昼夜問わず人を斬っているというという噂の人物はすでに亡くなっているはずの足利義輝ではないかと推測されます。
 足利義輝の人となりはさておき、一同は辻斬りの正体を探ることになりました。

 鬼の面をかぶった辻斬りと対峙した山姥切さん。
 骨喰は時間遡行軍を呼び出す敵を追いかけ、残りメンバーもそれに続くことに。
 情報を得た主からは「気を付けるように」と言伝がありました。

 彼らが向かう「二条城」は足利義輝の居城であるとのこと。
 一方、骨喰が敵の呼び出した大太刀を倒したものの、辻斬りは無数の敵を呼び出してきます。
 「倒せるかではなく倒すのだ」と語る三日月に続き、第一部隊は敵の殲滅をはかります。

 敵は時間遡行軍と合体してパワーアップし、さらに受けた傷も回復してしまいます。
 山姥切と骨喰が活路を開き、おじいちゃんの三日月も本気の実力を見せつけます。
 しかし結局は、敵の正体はわからずじまいだったようです。

【考察等】
 今回は第一部隊の顔見せのお話でした。
 キャラクターが半分くらいわからなかったのですが、戦闘がとにかくかっこよかったです。
 蜻蛉切さんがあれだけ苦戦した大太刀をあっさりと倒す皆さんは強すぎなのだと考えようと思います。

 三日月さんの強さに圧倒され、ジジイじゃないと突っ込みたくなったのは私だけではないかと。
 一方で、足利義輝さんだったかは結局わからずじまいでしたが。
 次回もこのチートな第一部隊なのか、第二部隊にお話が戻るのか、いずれにしても必ず見ます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム