【アニメ感想】アイドルタイム プリパラ 第19話「旅立てアイドル! レッツ・イゴー!」

 アイドルタイムプリパラの19話を見て感想を書きます。
 突然の追放劇は各地への巡業だったようです。
 そしてタイトルから明らかなように久しぶりにシオンさんが登場します。
 
【内容】
 「皆さんには出て行ってもらいます!」とメガ姉さん。
 パパラ宿のプリパラが見事に完成したことでらぁらの「神アイドル」としての任務が終わったとのこと。
 一方、ゆい、にの、みちるの2人は各地でパパラ宿のプリパラを宣伝することになりました。

 らぁら、ゆいは校長先生の引率で東北地方のペンダイ(仙台?)にやってきました。
 現地民のふきこの案内でペンダイのプリパラに行くことになりました。
 なお、ふきこは吹奏楽部でチューバを担当しているとのこと。 

 ペンダイのプリパラでまっていたのは方言にかぶれたメガ姉でした。
 しかし、アイドルタイムシステムの導入はあくまで「お試し」とのこと。

 プリパラの中ではトランペットとサックスが部長の座をかけて真っ二つに割れていました。
 サックスチームはドロシーとレオナを、トランペットチームはシオンを助っ人として動員していました。
 突然の事態にらぁらは驚きを隠せません。

 ドロシーには暑さでダウンしてところをずんだシェイクをのませてもらった恩がありました。
 一方、シオンの方もおいしい牛タン丼を一杯食べさせてもらった恩義があるとのこと。
 どうして修行に出たのかということで仲たがいをしてしまう3人に、おもわず苦言を呈するらぁらさん。

 ドロシーがシオンに会うために苦労していたことを知ったシオンさん。
 仲直りした3人はライブを行い、仲たがいする吹奏楽部を説得します。
 そして、シオンたちは新たなコーデを入手することに成功します。
 
 すっかり仲直りした吹奏楽部の皆さんを見て安心する一同。
 再び旅立つシオンは、常に自分の先を行くアイドルを探しているとのこと。
 そして、ペンダイはアイドルタイムシステムの採用を決めたようです。

【考察等】
 夏休みの期間も、らぁらさんは巡業でお忙しい模様です。
 やってきたのは東北の方でしたが、お話の内容自体はあまり東北に関係ないようにも思えました。
 吹奏楽部というと響け!ユーフォニアムをふと思い出してしまいます。

 タイトルどおりシオンさんが登場し、ドレッシングパフェのライブが見られたのは良かったです。
 よくわからないうちに吹奏楽部のみなさんも仲良くなれたので特段問題はなかったかと。
 次は北海道とのことですが、ここでも華麗にスルーされる北陸はまったく眼中に無いのかもしれません。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム