【アニメ感想】Fate/Apocrypha 第5話「天の声」

 アポクリファの5話を見て感想を書きます。
 3話を除いて原作者さん自ら脚本を書かれているという事実が素晴らしいです。
 複雑なストーリーもまとまって、それぞれのキャラが生き生き動いているの感じます。

【内容】
 竜の夢から目を覚ましたジーク(ホムンクルスの少年)の傍らには、ジャンヌ(ルーラー)の姿がありました。
 ジークの生存に喜びを見せるアストルフォ(黒ライダー)の姿が可愛らしいです。
 そして、ジークは自分のために命を与えてくれた男(ジークフリート=黒セイバー)の存在を知ります。

 ヴラド3世(黒ランサー)率いる黒の陣営が現われ、ジークフリートの反応が無いことを問いただします。
 アストルフォは、ジークフリートが彼に心臓を与えて聖杯戦争を脱落したという事実を伝えることに。
 ジークの引渡しを要求する一同に対し、アストルフォはあっさりとそれを拒否します。

 ホムンクルスは「資産」であると迫り、ジークを諦める気配が無い陣営の皆さん。
 ジャンヌ(ルーラー)は、ジークフリートの願いを無にしたくはないと彼らの前に立ちはだかります。
 一連のやり取りからヴラドはジークを諦めて退散しますが、アストルフォは捕らえられてしまいます。

 ジークたちに「生きろ!」と笑顔で立ち去るアストルフォさん。
 なお、これまで名前が無かったジークですが、自分に命を与えてくれた彼のことを忘れたくないと「ジーク」を名乗ることになりました。
 空腹の音を立てるジークは、ジャンヌからの初めての食事を与えられご満悦のようです。

 捕らえたスパルタクス(赤バーサーカー)は、黒の陣営と再契約されるとのこと。
 黒アサシン(ジャック)のマスターは既に死亡したことが確認されます。
 ダーニックは、部屋に入ってきたフィオレに、ある新聞記事を渡しますが……
 
 ホテルの一室では、マスターを失ったジャックが一人の女性(玲霞)とともにいました。
 赤の陣営でも黒の陣営でもない彼女たちもまた、この聖杯大戦に参加するようです。

 ジャンヌ曰く、自分はレティシアという少女に憑依しているとのこと。
 自分が完全な状態で召喚されなかったことから、聖杯大戦のあり方に疑問を抱きます。
 また、ジークに対しては「生きる意志は天の意志ではなく、自分の意志」と助言します。

 サーヴァントを失い、もう何もするなと言われたゴルドさん。
 自分の命令よりもホムンクルスの命が大切と言われた彼は意気消沈してしまいます。
 そんな彼の様子を見たアウレスは「コミュニケーション不足」と彼を一蹴します。

 カウレスの前にあらわれたフィオネは、明日には「シギショアラ」へと向かうとのこと。
 新聞記事によると、その場所で切り裂きジャックが目撃されたようです。
 獅子却さんも「ロードエルメロイⅡ世」からの指示で同じ場所へと向かいます。

 ジークはセルジュという人に預けられ、日常の生活を送ることになりました。
 別れ際に「笑って」と迫るジャンヌは、彼とは異なる戦いの場へと向かいます。
 実は、ジークには戦うべきという「天啓」があったのですが、彼女はそれを拒否していたのです。

 最後に、獅子却さんを除く赤のマスターを集めたシロウさん。
 彼は聖杯大戦は終わったと宣言し、彼らから令呪を没収するのでした。

【考察等】
 ほぼ毎回の原作者脚本という事実に、思わず見るほうも気合が入ります。
 毎回見所がいっぱいで、まとめるだけで視聴時間よりかかっているのではないかと思います。
 登場人物が多く、時々公式サイトなどで調べるのも大変ですが、それはそれで楽しいです。
 
 冒頭からの竜の夢は、ジークフリートさんの討伐したという竜なのでしょうか。
 そしてジークさんの腕に刻まれたのは令呪であり、ジャンヌさんとはすでに契約されていると推測されます。
 ジャンヌさんの言う「天啓」というのはこのこととイコールなのでしょうか。

 自分の陣営に対しても言いたいことがいえるアストルフォさんが素敵です。
 そして、そんな彼を牢獄に入れながらも寛大に収めるブラドさんも大物だと思います。
 対して小者感丸出しのゴルドさんですが、今後で晩はあるのでしょうか。

 ヴラドさんやアストルフォさんなどの黒のサーヴァントの皆さんは人間が出来ている人が多いと思います。
 マスターも良くも悪くも個性的な人が多いかと思います。
 対して、赤のマスターについては死んではいないものの、最後は令呪を取られるなど、まったくの空気になってしまいました。

 ジャックさんのマスターが殺されたお話がありましたが、彼女と行動を共にする玲霞さんは何者なのでしょうか。
 フィオレさんや獅子却さん(意外にも殆ど出番が無いです)が「シギショアラ」に向かいますが、ここで彼女たちとの戦いが始まるのかもしれません。
 お手紙の主が「ロードエルメロイⅡ世」というところも、さりげないファンサービスなのかもしれません。

 ジークさんをセルジュさんに預けたジャンヌさんは、彼を戦わせるべきという天啓を無視していたようです。
 彼自身に生きてほしいという意志と、ジークフリートさんの思いを汲み取るという2つの側面がその理由でしょうか。
 最終的に、ジークさんは何らかの理由で戦いの場に立つのだと思われますが、彼がどんな答えを導き出すのか、しっかりと見届けたいと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

視聴お疲れさまでした。
私も簡単に書かせてください。

ジークさん、助かってよかったです。
今の所体調も問題ないようですね。
名前がついたのは今回からですね。
助けてくれた人の名前をとった事は
彼なりの思いやりを感じます。

同じ人助けをするならば
アストルフォさんのようなやり方が
一番幸せかもしれません。
常に自分の意志を通すところ、
あっさり罰を受けてしまう所なども
彼女の魅力なのではないでしょうか?
こんな生き方ができればいいですね。

ジークフリートさんは
自由がなくて辛そうでしたし、
ジャンヌさんも
背負ったものがちょっと重たそうです。
彼女も聡明で綺麗だとは思いますが。

ジャンヌさん、ジークさんに
剣を持っていけと言いました。
彼の大戦参加は必至かもしれません。
赤でも黒でもない母子(?)も
気になるところです。
一番手ごわそうな感じがするのは
シロウでしょうね。

Re: No title

> 視聴お疲れさまでした。
> 私も簡単に書かせてください。
 こんばんはです。
 毎回のコメントありがとうございます。

> ジークさん、助かってよかったです。
> 今の所体調も問題ないようですね。
 彼には、ジークフリートさんの分も生きてほしいです。

> 名前がついたのは今回からですね。
> 助けてくれた人の名前をとった事は
> 彼なりの思いやりを感じます。
 スタッフロールには普通に名前がかかれていたりします。
 似ている名前だとは思いましたが、
 しっかりつながっているんですね。

> 同じ人助けをするならば
> アストルフォさんのようなやり方が
> 一番幸せかもしれません。
> 常に自分の意志を通すところ、
> あっさり罰を受けてしまう所なども
> 彼女の魅力なのではないでしょうか?
> こんな生き方ができればいいですね。
 アストルフォさんのキャラクターが
 すがすがしくていいなと思います。
 余談ですが、ゲーマーズの亜玖莉さんも
 同じ声優さんらしいです。

> ジークフリートさんは
> 自由がなくて辛そうでしたし、
> ジャンヌさんも
> 背負ったものがちょっと重たそうです。
> 彼女も聡明で綺麗だとは思いますが。
 彼らはシリアスな印象を受けますね。
 真面目な人なのだと思います。

> ジャンヌさん、ジークさんに
> 剣を持っていけと言いました。
> 彼の大戦参加は必至かもしれません。
 最初の竜の夢もありますし、
 彼はきっと参戦することになるのかと。

> 赤でも黒でもない母子(?)も
> 気になるところです。
 大人の方は玲霞さんというらしいです。
 そして子供の方がジャックさんとのこと。
 Fate世界ではサーヴァントが女性になることが
 多いみたいですね。

> 一番手ごわそうな感じがするのは
> シロウでしょうね。
 私も彼が一番の曲者だと思います。

No title

遅くなってしまいましたが、5話も補完しますよ。あの3話は何だったんだろう。そこ以外は原作者さんが書いているのは事実です。次回も3話の人が脚本じゃないか。大丈夫かな、心配です。3話もあのシーン以外はマシな方だったので(良いとは思っていない)それなりだとは思いますが。原作者脚本の時点で違和感があるアニオリがあるからな。大変ですよ。

複雑な話も少しはまとまり、それぞれが生き生きと動いてるのは事実。録画を流しながら、全体の流れをまとめます。

冒頭からジークの夢。あのドラゴンはすまないさんが殺したファヴニールです。違う世界で擬人化していた気がするけど、気にしてはいけない。型月世界とは関係ないし。ここで令呪が出ています。重要なので覚えておいた方がいい。分かると思いますが、ジークは後であるサーヴァントと契約します。誰かはうすうす分かるはずです。ジークと一番深い関係だと思われるサーヴァントです。ちゃんと自己紹介するジャンヌは良い人。

素直に喜んでくれるアストルフォは良い子。この辺りはアニオリだけど。ジークみたいな例が過去の亜種聖杯戦争とか聖杯戦争で合ったら驚きです。黒の陣営は全員で来ましたね。ゴルドが帰って来ないからおかしいと思ったんだろうな。アストルフォは素直に話すのは良いんだけど。

ここでアヴィケブロンが言う通り、ジークは無関係ではないんですが本当にすまないさんの思いに答えたいのなら逃がすべきなんだよな。ジャンヌの旗は槍になってるのが判明しています。あと令呪を持ってる事ね。上手く使えば、どのサーヴァントも敗北するでしょう。ジャンヌはそんな事に使いたくないだろうけど。

ヴラドは神を信じてるから組めると思ってるみたいですが、たぶん信じてる神が違うので、組めないんだよな。応援して去るアストルフォは良い子。ジークはジャンヌと一緒に村に行く事になります。行かないと自由にはなれないし。

ここで赤の陣営の場面。早くも自滅した事を知ってるみたいですね。原作によれば、霊器盤ってやつがあってそれでサーヴァントが居るかどうか分かるんですがね。シロウはそれを持ってるので分かる。たぶんサーヴァントの位置も分かるんでしょう。スパルタクスの事が分かってるし。

セレニケはイライラしていますね。ジークを見つけて酷い事をすれば、アストルフォは苦しむだろうと思ってるわけです。探すのをやらないわけですが。そんな事に時間はかけられないので。ケイローンの助けを断ったのは、それなりに理由があったんでしょう。

ジークの呼吸が楽になってるのは心臓の影響だろうな。剣はこれからも持つ事になる重要なアイテム。ここでジークは自分の名前を決めます。公式でバレバレだけど。ここでジャンヌは自分の事を聖女だと思ってない事が分かる。サーヴァントはクラス名で呼ぶもんだし。ジークの初めての食事。原作でもアニメでも大したもんじゃないな。

ここでジャックの事を話していますね。緊急事態が起きたわけです。アニメだけじゃ分かりませんが、ジャックは問題になるような事をやっていますからね。そうしないと消滅するけど。巻き込まれただけなんですが、一応聖杯大戦には参加するわけです。

ここでジャンヌが自分の中に居る少女、レティシアの事を話しています。やっと説明してくれたか。あなたにはもう話してたけど。あと聖杯に召喚された事も。一応、レティシアは映像を見てる感じで心の中に居るので、大丈夫ですが。ジークが生きてるのはまぐれだと思うけどな。意志を持ったのが奇跡なんだから。

誰かに支配される人生。そんなのは嫌だし、あんなところにもP鳥宅はないでしょう。ジークはまだ迷っていますが、他のホムンクルスを心配しているってところがヒントです。それを元に考えると、何となくどうなるかは分かるでしょう。

ゴルドは小物になってますね。原作だとこの後も出番はありますが、アニメだとどうだろう。フランちゃんの怒りは爆発すると怖そうだからな。原作だとカウレスが魔術師らしくない魔術師で、PCをよくと買っているとか、フィオレに良く思われてないとか、新聞も読んだ方がいいとフィオレに言われてたりとかありましたが、カットされてる。近くの街、シギショアラ行く事が分かるだけ。

獅子功さんとモーさんも同じ頃に情報を手に入れています。ここの支持がエルメロイⅡ世からの指示になってるのはアニオリですね。

ここでジャンヌが最初から老人(セルジュ)の事を知ってるみたいになってるけど、原作だと偶然会ってるんだよな。そこが違う。なので違和感しかない事実。どうしてあんな人と知り合いだったんだろう。ジャンヌは大嘘を言ってたわけです。啓示とか、信じたくないのは分かるけど。

まさかのED後にも話があった事実。シロウは大嘘を言っていますね。聖杯大戦は終わっていません。このシーンはアストルフォの予告でネタにされてたけど。全体の流れについてはこんな感じです。

脚本が原作者だと気合が入るのは事実でしょう。次回は違うけどね。見所がいっぱいなのも事実。まとめる方が時間がかかるな。毎週コメントで振り返っていると、それがよく分かります。調べるのも楽しいか、私は知っているので調べなくても問題はないんですが、確認のために調べています。一応合ってるかどうかは知りたいですから。

冒頭の夢のドラゴンはあなたの予想で当たりです。令呪についての予想は違うけど。契約するサーヴァントはジャンヌじゃない。典型もイコールではないわけです。アストルフォは言いたい事を言えるのが凄い。

ヴラドは確かに優しい。元々王だったみたいですから。それぐらいじゃないとやっていけないのでしょう。ゴルドは原作だと出るけど、アニメだとどうなんだろうな。謎です。人間が出来てるか、黒のサーヴァントは基本的にそうかもしれません。ジャックは人間的に壊れてるけどね。アヴィケブロンはゴーレムが作れればそれで良いって性格だし。あとはみんなまともだと思います。フランちゃんは狂化状態だけど、意志疎通出来るし、あとのメンバーは人間の出来は完璧。

赤のマスターは空気。あなたの知り合いがバラしてたので私も言います。繰り返しになりますが、赤のマスターは全員セミラミスの毒を飲まされてしまいました。それでおかしくなってるわけです。全員聖杯大戦が終わったと思ってる。疑問に思わないわけではないみたいですが、毒のせいで自分の意識や意志が曖昧みたいで、どうでもいいって結論に辿り着いてしまいます。それで平和に雑談とかしちゃってる。なので、大事な令呪も普通にシロウにわたしてしまう、残念な子に。

玲霞は偶然巻き込まれただけの一般人です。色々あって召喚の儀式に巻き込まれてしまい、そこに居たジャックと契約してしまった。それだけですよ。獅子功さんはあくまでももう一人の主人公です。そこそこ出番はありますが、多くはない。フィオレはサブキャラ的なキャラだから、出番がないのは仕方ないし。ただ、後で無理して魔術師をやってる事が判明、それである決断をするところが原作だとあるのでその辺りをアニメでもやるのなら、少しはスポットがあたるかも。

手紙の名前については完全にファンサービス。原作だと誰からは送られたかは不明だったので。魔術師だろうって事以外。ジャンヌが啓示を無視しているのは、その2つで正解。ジークの何らかの理由、最終的に出す答えについてはヒントだけ言っています。それで予想してみて下さい。その辺りは変わらないでしょう。勘が良ければ、正解するはずです。見届けるべき。



Re: No title

> 遅くなってしまいましたが、5話も補完しますよ。あの3話は何だったんだろう。そこ以外は原作者さんが書いているのは事実です。次回も3話の人が脚本じゃないか。大丈夫かな、心配です。3話もあのシーン以外はマシな方だったので(良いとは思っていない)それなりだとは思いますが。原作者脚本の時点で違和感があるアニオリがあるからな。大変ですよ。
 夜遅くにまでわざわざコメントありがとうございます。
 3、6話と原作者以外の人が脚本を書かれるのですね。
 原作者さんが改変したのは何らかの意味があるのだろうと思います。

> 複雑な話も少しはまとまり、それぞれが生き生きと動いてるのは事実。録画を流しながら、全体の流れをまとめます。
>
> 冒頭からジークの夢。あのドラゴンはすまないさんが殺したファヴニールです。違う世界で擬人化していた気がするけど、気にしてはいけない。型月世界とは関係ないし。ここで令呪が出ています。重要なので覚えておいた方がいい。分かると思いますが、ジークは後であるサーヴァントと契約します。誰かはうすうす分かるはずです。ジークと一番深い関係だと思われるサーヴァントです。ちゃんと自己紹介するジャンヌは良い人。
 ファフニールさん、メイドラゴンに出てましたね。
 ジークさんと関係が深い方、ジャンヌさんが順当でしょうか。

> 素直に喜んでくれるアストルフォは良い子。この辺りはアニオリだけど。ジークみたいな例が過去の亜種聖杯戦争とか聖杯戦争で合ったら驚きです。黒の陣営は全員で来ましたね。ゴルドが帰って来ないからおかしいと思ったんだろうな。アストルフォは素直に話すのは良いんだけど。
 黒の陣営の早々たるメンバーに驚きです。
 アストルフォさんのあの飄々とした態度がいいなと思います。

> ここでアヴィケブロンが言う通り、ジークは無関係ではないんですが本当にすまないさんの思いに答えたいのなら逃がすべきなんだよな。ジャンヌの旗は槍になってるのが判明しています。あと令呪を持ってる事ね。上手く使えば、どのサーヴァントも敗北するでしょう。ジャンヌはそんな事に使いたくないだろうけど。
 ジャンヌさんは特殊なサーヴァントであるから、
 それだけ強大な力をお持ちなのですね。
 
> ヴラドは神を信じてるから組めると思ってるみたいですが、たぶん信じてる神が違うので、組めないんだよな。応援して去るアストルフォは良い子。ジークはジャンヌと一緒に村に行く事になります。行かないと自由にはなれないし。
 自分のことよりも人の心配をするアストルフォさんが素敵だと思います。
 ジャンヌさんとジークさんの2人もいいですね。

> ここで赤の陣営の場面。早くも自滅した事を知ってるみたいですね。原作によれば、霊器盤ってやつがあってそれでサーヴァントが居るかどうか分かるんですがね。シロウはそれを持ってるので分かる。たぶんサーヴァントの位置も分かるんでしょう。スパルタクスの事が分かってるし。
 そんな便利アイテムがあるのですね。
 事情がわかるところにも、ちゃんとした理由付けがあるのはすごいです。

> セレニケはイライラしていますね。ジークを見つけて酷い事をすれば、アストルフォは苦しむだろうと思ってるわけです。探すのをやらないわけですが。そんな事に時間はかけられないので。ケイローンの助けを断ったのは、それなりに理由があったんでしょう。
 彼女は変な人という印象ですが、
 実力的にはかなりのものがあるのでしょうか。

> ジークの呼吸が楽になってるのは心臓の影響だろうな。剣はこれからも持つ事になる重要なアイテム。ここでジークは自分の名前を決めます。公式でバレバレだけど。ここでジャンヌは自分の事を聖女だと思ってない事が分かる。サーヴァントはクラス名で呼ぶもんだし。ジークの初めての食事。原作でもアニメでも大したもんじゃないな。
 1話のスタッフロールからはっきりと「ジーク」とか書かれていましたよね。
 初めての食事も丁寧に描かれているように思えます。

> ここでジャックの事を話していますね。緊急事態が起きたわけです。アニメだけじゃ分かりませんが、ジャックは問題になるような事をやっていますからね。そうしないと消滅するけど。巻き込まれただけなんですが、一応聖杯大戦には参加するわけです。
 問題になることというと、無関係な人に対する殺人でしょうか。

> ここでジャンヌが自分の中に居る少女、レティシアの事を話しています。やっと説明してくれたか。あなたにはもう話してたけど。あと聖杯に召喚された事も。一応、レティシアは映像を見てる感じで心の中に居るので、大丈夫ですが。ジークが生きてるのはまぐれだと思うけどな。意志を持ったのが奇跡なんだから。
 レティシアさん、以前お話に出てきましたね。
 マシュさんのようなデミサーヴァントみたいな扱いとはまた違うのでしょうか。

> 誰かに支配される人生。そんなのは嫌だし、あんなところにもP鳥宅はないでしょう。ジークはまだ迷っていますが、他のホムンクルスを心配しているってところがヒントです。それを元に考えると、何となくどうなるかは分かるでしょう。
 他のホムンクルスさんを心配しているということは、
 いずれはまたユグドミレニアとは絡むということですね。

> ゴルドは小物になってますね。原作だとこの後も出番はありますが、アニメだとどうだろう。フランちゃんの怒りは爆発すると怖そうだからな。原作だとカウレスが魔術師らしくない魔術師で、PCをよくと買っているとか、フィオレに良く思われてないとか、新聞も読んだ方がいいとフィオレに言われてたりとかありましたが、カットされてる。近くの街、シギショアラ行く事が分かるだけ。
 ゴルドさんの出番というのが気になります。
 カウレスさんやフィオレさんの絡み、時間の都合でカットなのでしょうね。
 次回はシギショアラで戦闘の予感がします。

> 獅子功さんとモーさんも同じ頃に情報を手に入れています。ここの支持がエルメロイⅡ世からの指示になってるのはアニオリですね。
 エルメロイⅡ世さん、プリヤでもそうですがアニメだと出番が増えるのでしょうか。
 ファンサービスの一環なのかもしれません。

> ここでジャンヌが最初から老人(セルジュ)の事を知ってるみたいになってるけど、原作だと偶然会ってるんだよな。そこが違う。なので違和感しかない事実。どうしてあんな人と知り合いだったんだろう。ジャンヌは大嘘を言ってたわけです。啓示とか、信じたくないのは分かるけど。
 原作との違い、色々とあるのですね。
 ジャンヌさんはジークフリートさんの遺言を優先してジークさんを戦わせないような感じでしょうか。
 いずれは戦うことになるのだと思いますが。

> まさかのED後にも話があった事実。シロウは大嘘を言っていますね。聖杯大戦は終わっていません。このシーンはアストルフォの予告でネタにされてたけど。全体の流れについてはこんな感じです。
 大嘘を言って令呪を奪ってしまうのですね。
 獅子却さん以外が空気という理由もわかってきました。

> 脚本が原作者だと気合が入るのは事実でしょう。次回は違うけどね。見所がいっぱいなのも事実。まとめる方が時間がかかるな。毎週コメントで振り返っていると、それがよく分かります。調べるのも楽しいか、私は知っているので調べなくても問題はないんですが、確認のために調べています。一応合ってるかどうかは知りたいですから。
 未見だと見所とキャラの多さで困惑することが多いです。
 公式サイト、typemoonwikiなど、参考になるサイトが多いのが救いだと思います。

> 冒頭の夢のドラゴンはあなたの予想で当たりです。令呪についての予想は違うけど。契約するサーヴァントはジャンヌじゃない。典型もイコールではないわけです。アストルフォは言いたい事を言えるのが凄い。
 ジャンヌさんではないというところが気になります。
 アストルフォさんが一番絡みが多いような気がしますが……

> ヴラドは確かに優しい。元々王だったみたいですから。それぐらいじゃないとやっていけないのでしょう。ゴルドは原作だと出るけど、アニメだとどうなんだろうな。謎です。人間が出来てるか、黒のサーヴァントは基本的にそうかもしれません。ジャックは人間的に壊れてるけどね。アヴィケブロンはゴーレムが作れればそれで良いって性格だし。あとはみんなまともだと思います。フランちゃんは狂化状態だけど、意志疎通出来るし、あとのメンバーは人間の出来は完璧。
 ヴラドさんは大物という感じがあって強敵だろうなと思います。
 ゴルドさんの出番がちょっと気になりますが。
 ヴラドさん、すまないさん、アストルフォさん、ケイローンさんはよく出来た人という印象です。
 黒キャスターさんやジャックさんはよくわからないのですが。

> 赤のマスターは空気。あなたの知り合いがバラしてたので私も言います。繰り返しになりますが、赤のマスターは全員セミラミスの毒を飲まされてしまいました。それでおかしくなってるわけです。全員聖杯大戦が終わったと思ってる。疑問に思わないわけではないみたいですが、毒のせいで自分の意識や意志が曖昧みたいで、どうでもいいって結論に辿り着いてしまいます。それで平和に雑談とかしちゃってる。なので、大事な令呪も普通にシロウにわたしてしまう、残念な子に。
 先日そのお話を伺いました。
 毒を盛られているから、そもそもお話に絡めないのですね。
 令呪もなくなってしまえば、マスターとしてはもうどうしようもないと思います。

> 玲霞は偶然巻き込まれただけの一般人です。色々あって召喚の儀式に巻き込まれてしまい、そこに居たジャックと契約してしまった。それだけですよ。獅子功さんはあくまでももう一人の主人公です。そこそこ出番はありますが、多くはない。フィオレはサブキャラ的なキャラだから、出番がないのは仕方ないし。ただ、後で無理して魔術師をやってる事が判明、それである決断をするところが原作だとあるのでその辺りをアニメでもやるのなら、少しはスポットがあたるかも。
 玲霞さん、一般人の割りに大物そうなのですが。
 獅子却さんはシギショアラで戦闘がありそうなので楽しみですが、出番が多くないのですね。
 フィオレさんも色々と先が気になります。

> 手紙の名前については完全にファンサービス。原作だと誰からは送られたかは不明だったので。魔術師だろうって事以外。ジャンヌが啓示を無視しているのは、その2つで正解。ジークの何らかの理由、最終的に出す答えについてはヒントだけ言っています。それで予想してみて下さい。その辺りは変わらないでしょう。勘が良ければ、正解するはずです。見届けるべき。
 プリヤのときも、ファンサービスがありましたね。
 ジャンヌさんとジークさんの戦う理由については、今後しっかりと見届けていければいいなと思います。

 今日も一日お疲れさまでした。
 明日の6話もがんばって見てまとめられたらと思います。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム