【アニメ感想】正解するカド 第12話(終)「⊿Γ≡」

 正解するカドの最終回を見て感想を書きます。
 終盤の超展開に、若干おいていかれたと思うのは私だけでしょうか。
 異方のアニメは、まだ人類には早すぎたのかもしれません。

【内容】
 強引な手法で、人類を異方へと連れ去ろうとするザシュニナさん。
 真道は彼と対峙し、まさにラストバトルが始まろうとしていました。
 そうしている間にも、人々は膨張するカドによって飲み込まれていきました。

 突然の事態に首相は緊急事態を宣言し、国民の保護へと動き始めます。
 ザシュニナは複製したはずの自己が別のものとなる、それが人類の「特異性」であると一言。
 信じられない事態を前にマスコミは、ただ事実だけを報道することが「正解」だと決意します。

 ザシュニナの、異方への誘いを断る真道さん。
 力ずくで彼を異方に連れて行けると主張するザシュニナですが、真道の言葉に心が折られます。
 ザシュニナは真道を異方に連れて行けないと考えると彼を「処分」しようとします。

 真道の一撃がザシュニナをとらえたものの、彼は刃に貫かれ、フレゴニクス無効化装置は破壊されてしまいます。
 実は真道がフレゴニクスを無効化することすら、彼の予測の範疇だったとのこと。
 ザシュニナはどこか優しい微笑を浮かべつつ、真道の心臓を貫くのでした。

 真道をお姫様抱っこして涙を流すザシュニナさん。
 車から降り立った女の子は、ザシュニナを圧倒します。
 なんと、女の子は真道と沙羅花との間に生まれた娘なのだとか。

 人類と異方存在の特異点である「娘」は、途中の姿なのだとか。
 ザシュニナは最後に真道を求めて、倒されてしまいます。
 カドは消滅し、人類の危機は去ったようです。

 死んだかに思われた真道は、我々の想像を超える高次元の存在となったのかもしれません。
 なお、伝えられた異方の技術は人々から失われたとのこと。
 今度は「異方」へと会いに行くことを熱く国民に語りかける首相なのでした。

【考察等】
 沙羅花さんの正体が異方とわかったあたりからの超展開は、人類の予想をはるかに超えるものでした。
 まさかのバトルアニメ、そして娘さんの登場を予測できたのは誰もいないと思います。
 私達もまた、途中の存在であったことだけはわかりましたが。

 異方のアニメは、まだまだ人類には早すぎたのかもしれません。
 ID-0といい、SF関係は中々に難しいものだと思います。
 まあ、私の理解力が足りなかったこともあると思いますが。

 脈絡のない文章でごめんなさい。
 人類が再び異方に出会える頃には私はもうこの世にはいないかもしれません。
 最後に、異方との相互理解が進むことを期待したいと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム