「愛猫なにしてますか?暇そうですか?語ってもらっていいですか?」―2017年春アニメ雑感と夏アニメへの期待等―

 6月が終わりを迎え、春アニメもほとんど最終回を迎える今日この頃。
 一年に4度のこの別れに、感慨深いものを感じます。
 とりあえずどんなものがあったのかを自分なりにまとめ、夏への期待も書いていければと思います。

1 総評
 毎期同じようなことを言っていると思いますが、今期もレベルの高い時期でした。
 途中で切る作品がなく、気がついたら寝不足にもなりましたが、何とか完走できたのはよかったのではないかと。

 進撃の巨人(2期)、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)、神撃のバハムート(2期)、グランブルーファンタジーは、作画が特に綺麗で、お話もよく、毎回飽きずに見ることができました。
 4年越しの続編である「進撃」は、見事に張り巡らされた複線もあり、見る楽しみと考える楽しみがあったような気がしますし、ヒロアカは原作を存分に生かした熱い展開が魅力的で、特に32話は何度でも見たいのです。
 また、ソシャゲ原作の残り2作、特に(同じ読みになってややこしいですが)「神撃」の方は、1期視聴者にはうれしい演出も多かったように思えます。

 ほかに、リトルウィッチアカデミア(リトアカ)、レクリエイターズ(レクリ)、クロックワークプラネット(クロプラ)が特によかったです。
 今期で終わりのリトアカは主人公の前向きなところに元気づけられ、来期に続くレクリは個性的なキャラクターの戦いに魅了されつつ、後半では成長途上の主人公の「変貌」に期待します。
 また、クロプラは世界観もキャラクターの絡みもとてもよかったと思いますので、できることなら2期期待です。

 町おこしをテーマにした「サクラクエスト」も個人的に一押しの作品です。
 答えの見えない問題を手探りで考えていくその手法は、地方在住者としては大いに参考になるような気がします。
 似たようなタイトルの「サクラダリセット」もキャラクターや設定はよかったです。
 一方で私の頭が悪いからか、時系列が少しわかりにくいようにも思えました。

 ラノベ原作としては、
 エロマンガ先生、
 ゼロから始める魔法の書(ゼロ書)、
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典(ロクアカ)、
 終末なにしてますか(すかすか)、
 冴えない彼女の育て方(さえかの)♭、
 ソードオラトリア(ダンまち外伝)
 等がありました。

 どれも良かったのですが、特にエロマンガ先生とロクアカは見てよかったと思います。
 放送前にこの2つをご紹介いただいた方には、この場を借りて感謝申し上げたいです。

 ラノベ系統の作品に共通して言えることはヒロインがとにかく可愛らしいことでしょうか。
 エロマンガ先生の山田エルフ先生のように自由に生きて、すかすかのクトリさんのように純粋に恋することができたらと思う今日この頃です。

 恋愛関係でくくれば、エロマンガ先生、覆面系ノイズ、さえかの、クロプラ、月がきれい、恋愛暴君が出てきますが、気のせいか木曜深夜に集中しています。
 月がきれいはういういしい感じがいいと思いますが、恋愛暴君は時としてバトルアニメに変貌するので一筋縄ではいきません。
 クロプラは本来はシリアス展開が主だと思いますが、どんな流れでも強引にラブコメに持って行く主人公はいろんな意味で大物だと思います。

 話は変わりますが、今期は先生の活躍が多かったように思えます。
 ロクアカのグレン先生のほか、リトルウィッチアカデミアのアーシュラ先生、王室教師ハイネのハイネ先生もそれぞれ立派な教育者でした。
 絵師のエロマンガ先生や小説家の山田エルフ先生も教育者ではないものの、見ていて楽しい「先生」だと思います。

 癒し枠としては、ひなこのーと、夏目友人帳(6期)、アリスと蔵六、フレームアームズガールを挙げたいと思います。
 今期はいわゆる「きらら枠」がなかったのですが、序盤の展開がごちうさを彷彿とさせる「ひなこ」がその穴を見事に埋めてくれましたし、夏目さんは6期放送という事実そのものもすごいですが、相変わらず優しい世界に、汚れた心が浄化されます。
 アリスさんは、日常パートがとにかく可愛いですし、頑固なおじいちゃんも素敵だと思います。
 また、FAガールは当初はバトルアニメかと思っていましたが、そのぐだぐだな日常がどこか癒されます。

 余談ですが、FAガールと武装少女マキャヴェリズム、さらに「つぐもも」は、期待をいい意味で裏切ってくれた作品だと思います。
 正解するカドや「銀の墓守り」も全体的におもしろかったですが、展開が少し急すぎるような気がしました。

 とりあえず個別作品について、まとめようと思います。
 すごく長々と書いてしまってごめんなさい。

2 個別レビュー
ID-0(6月26日最終回)
 意識をロボットに転移させ戻るべき肉体を持たない人たちの物語でしょうか。
 ヒロインの女の子が巻き込まれたお話から、イドさんの過去、そして人類の存亡を巡る大きな流れの中に巻き込まれていきます。
 子安さんの名演技と、最終回のBGMはある意味必見だと思います。

アイドルタイムプリパラ(6月27日13話)
 女児向けアニメの一つで、アイドルを夢見る女の子たちの物語だと思います。
 所々変な展開がありながらも、ライブのレベルは高く、なかなかおもしろいです。
 前作キャラの登場はファンにはうれしいところですが、一方で新キャラクターも負けないくらいがんばってほしいです。

アリスと蔵六(6月26日最終回)
 「アリスの夢」と呼ばれる特殊能力を持つ「紗名」とその保護者である「蔵六」おじいちゃんの物語です。
 第一印象は紗名さんや早苗さんといった女の子のかわいさでしたが、次第におじいちゃんの蔵六さんに萌えるアニメだと判明します。
 戦闘パートは少しありましたが、それよりも日常のほんわかした癒しを求める作品かもしれません。

エロマンガ先生(6月25日最終回)
 「俺妹」の伏見つかさ氏による最新作にして、今期「覇権」と思われる一作。
 前作と同じ妹ではありますが、こちらは血の繋がらない妹との恋愛を描きます。
 微妙なところですれ違う兄妹や可愛らしく個性的なキャラクター、夢を追いかける大切さを教えてくれる作品だと思います。
 また、ワンポイントではありますが前作キャラをはじめとする豪華ゲストの登場も見逃せません。
 惜しまれつつも12話で終了しましたが、俺妹も2期ありましたしこちらも2期を期待します。

王室教師ハイネ(6月21日最終回)
 家庭教師の主人公と個性的な王子たちとの交流を描いた作品。
 主人公の理想的な教師ぶりが楽しく、また、はじめはくせ者に見える王子たちが、少しずつ魅力がわかってくるのがとてもいいですし、何より萌えます。
 お話の性質上ほとんど男性しか出てこないため女性向けと思われているふしもありますが、普通に男性が見ても楽しめると思います。

かみさまみならいヒミツのここたま(6月29日89話)※継続
 心優しい女の子と、大切にしていた物から生まれた「ここたま」との交流を描いた作品。
 簡単に言えば、女の子の優しさと可愛いキャラクターに癒される作品だと思います。
 すっかり俗世で汚れた私ですが、純粋な頃に戻りたいと思う今日この頃です。

銀の墓守り(6月18日最終回)
 霊剣山、ソウルバスターに続く中国原作のアニメ化で、墓守りと書いて「ガーディアン」と読むらしいです。
 内容は一言で言えば、貧乏学生がネットゲームを通じて出会ったヒロインと交流するもの。
 主人公らのキャストは豪華で、設定は非常に惹かれるものの、15分枠で若干説明不足な面があるように思えます。
 なお、1期は序章に近い印象で終了しましたが、来年2期放送らしいのですが、できれば30分枠での放送を希望します。

グランブルーファンタジー(6月25日最終回)
 ソーシャルゲーム原作のアニメ化作品の一つ。
 一人の少年が不思議な力を持つ少女と出会い旅立つという、良くも悪くも「王道」を地でいく作品です。
 旅の先々の風景がとても綺麗で、本当に冒険している感じがしていいなと思います。
 また、年頃の少年少女だけでなく、中高年の男性が活躍するところもポイントが高いです。
 お話は道半ばで終了しましたが、いつか2期を期待します。

クロックワークプラネット(6月23日最終回)
 機械仕掛けの惑星となった地球を舞台にある一人の少年と機械人形との恋を描いた作品で、略称は「クロプラ」とのこと。
 全体的にはシリアスムードのお話のはずですが、そんな中でもラブコメを始める主人公はある意味大物かもしれません。
 本来は「兵器」として生み出された彼女たちですが、その思考はまさに女の子そのものであり、とても可愛らしいです。
 中途半端なところで終わってしまいましたが、できることなら2期を期待します。

冴えない彼女の育て方♭(6月23日最終回)
 ラノベ原作アニメの一つで、略称は「さえかの」とのこと。
 女の子のワンシーンに一目惚れした主人公が理想の恋愛ゲームを作るために周りを巻き込みます。
 主人公の趣味に対する情熱がすさまじく、またヒロインもそれぞれ個性的で魅力的な子だと思います。

サクラクエスト(6月29日13話)※継続
 「花咲くいろは」「SHIROBAKO」に続くお仕事シリーズの集大成とのこと。
 ある過疎の村の「国王」に任命された女の子たちが町おこしに奮闘するお話です。
 前2作が与えられた仕事をこなすのに対して、こちらは答えの見えないものを手探りで探っていくという印象を受け、自分たちも考えている気になるかもしれません。
 地方在住者として見ると、田舎の風景や人間関係が非常にリアルに描かれているように思えます。
 なお、前作2つと同様に2クール放送であり、8月まで続く模様です。

サクラダリセット(6月29日13話)※継続
 不思議な能力を持つ人が集まる町を舞台に、ある少年少女が様々な事件を解決するもの。
 キャラクターや設定が魅力的な一方、時系列が頻繁に前後することからなれないうちは若干混乱するかもしれません。
 サクラクエストと非常に紛らわしいタイトルですが、こちらも2クール放送決定とのこと。

終末なにしてますか~(6月28日最終回)
 ラノベアニメ化作品の一つで略称は「すかすか」とのこと。
 人間の生き残りである主人公が、妖精の女の子たちと共同生活を行う作品です。
 かなり暗い設定がありますが、ひたすらに「恋する乙女」のヒロインが可愛らしくて、そのためだけに見てもいいかもしれません。

進撃の巨人(6月18日最終回)
 4年前の1期から満を持してアニメ化された今期最大の期待作の一つ。
 壁の中で「巨人」に脅かされている人類が彼らに反撃を行うという内容でしょうか。
 迫力ある作画、声優陣の名演技、そして毎回現れる複線が秀逸で視聴者を飽きさせません。
 唯一不満があるとすれば、原作ストックが十分であるにもかかわらず1クールで終了したことですが、来年には3期放送とのことなので期待したいです。

神撃のバハムート2期(6月24日12話)※継続
 竜に変身する女の子が主人公で、人間、神や悪魔の争いに巻き込まれるお話のようです。
 作画はとても安定しており、キャストの演技もレベルが高く、よくできたアニメです。
 なお、1期を見なくても楽しめると思いますが、キャラクターほぼ全員が続投しているので、1期を見ているとちょっと得した気分になるかもしれません。
 前半から毎回質の高いお話だっただけに、後半にもますます期待がかかります。

スタミュ2期(6月20日最終回)
 あこがれの先輩を目指して演劇を志す少年たちの物語。
 1期では主に仲間との交流が描かれましたが、2期では夢に向かって互いに役を勝ち取るお話が中心となります。
 夢を追いかける主人公の姿もいいですし、またキャストの豪華さも見所の一つかもしれません。

正解するカド(7月1日最終回?)
 「異方」からやってきた存在と人間との交流を描いた作品でしょうか。
 お話の性質上説明が多く、視聴者としても考える必要のあるアニメといえるかもしれません。

ゼロから始める魔法の書(6月27日最終回)
 ラノベのアニメ化作品の一つで、略称は「ゼロ書」ですが、リゼロ(Re:ゼロから始まる異世界生活)やゼロ魔(ゼロの使い魔)と紛らわしいと思うのは私だけでしょうか。
 獣の姿をした男とある一人の魔女が、魔道書「ゼロの書」を求めて旅を続けていくというお話です。
 なお、「魔女」という表記にもかかわらず普通に男性もいますが、よその世界では男の子の「魔法少女」もいますので、余りつっこまないように。
 後半はシリアスなお話もおもしろいですが、前半ののんびりした旅の雰囲気が私的には大好きです。

ソード・オラトリア(7月1日最終回?)
 2014年にアニメ化されたダンまち(ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)の外伝作品。
 同作のヒロインであるアイズさんを主人公にして、本編を別視点で描きつつ、独自のお話を付け加えている感じです。
 本編を見ていればさらに楽しめると思いますが、キャラクターの多さに困惑するかもしれません。

月がきれい(6月30日最終回)
 多感な中学生男女の青春と恋愛を描いた作品。
 主人公とヒロインの初々しいさまは見ていて応援したく、そしてうらやましくなります。
 最後まで綺麗に描ききっていて良かったです。

つぐもも(6月19日最終回)
 亡くなったお母さんの帯の「付喪神」と主人公との交流を描いた作品。
 戦闘シーンがとにかく秀逸で、日常パートのどたばたもおもしろいですが若干男性向けに思われます。
 ヒロインの「桐葉」さんの声優さんが某駄天使アニメのそれだったことから、第二のサターニャ様といわれることもあるかもしれません。
 特に告知はありませんでしたが、できることなら2期を期待したいです。

夏目友人帳陸(6月21日最終回)
 妖怪が見える少年と祖母の形見である「友人帳」を巡る物語。
 主人公をはじめとする登場人物がとにかく優しくて、汚れた心が浄化される作品です。
 可愛い女の子による「萌え」とは異質の、日常的な癒しを与えてくれる作品だと思います。
 なお、筆者は5期から入って先日1~4期を見直したところです。

ひなこのーと(6月24日最終回)
 演劇を志して上京した女子高生と仲間たちの交流を描いた作品。
「うらら迷路帖」の後のきらら枠不在を見事に埋めてくれたその功績は偉大です。
 序盤の展開はごちうさ(ご注文はうさぎですか?)に近い印象で、同じように安定した癒しを提供してくれる作品です。
 また、エンドカードがかなり攻めの姿勢であり(同性にもかかわらず)どきどきしてしまいました。

覆面系ノイズ(6月28日最終回)
 一人の男の子を思い続ける女の子を巡る三角関係の物語でしょうか。
 まっすぐに誰かを思い続けることの大切さ、そして報われない恋の切なさを見るにつれて胸が苦しくなってきます。
 バンド関係のレベルは高く、ライブの雰囲気も出ていてよかったと思います。

武装少女マキャヴェリズム(6月22日最終回)
 「天下五剣」と呼ばれる女子が権力を持つ学園を舞台に主人公が暴れ回る作品。
 個性的なキャラクターが所狭しと戦う戦闘描写は、作画も安定しており、見ていてとてもよかったです。
 当初は余り期待していなかったのですが、FAガールに並ぶ今期のダークホースかもしれません。

フレームアームズ・ガール(6月20日最終回)
 一人の女子高生と個性豊かなプラモデル(?)の女の子との交流を描いた作品。
 ガンダムビルドファイターズのようなバトル中心のお話かと思いきや、ぐだぐだの日常パートの方がむしろ多く、不思議な魅力を持つ作品です。
 実際、ひなこのーと、アリスと蔵六、夏目友人帳に並ぶ癒し枠かもしれません。

僕のヒーローアカデミア2期(6月24日26話)※継続
 ヒーローにあこがれる少年の努力と友情と勝利の物語。
 1期からますます盛り上がりを見せるストーリー展開は見事の一言です。
 特に23話のお話は原作の魅力を生かしきり、さらに上へと昇華させた「神回」でした。
 前半が終わって一段落付いたところですが、後半も今まで以上の盛り上がりを期待します。

ポケットモンスターサン&ムーン(6月29日32話)※継続
 昨年11月に発売されたポケモン最新作を元にしたアニメ。
 実際のゲームとはかなり違いますが、こちらは見ていて楽しい作品を追求しており、私を含めて販促効果も相当あったことが予想されます。
 とにかく登場するポケモンがみんな可愛くて、ゲームをプレイしたいと心から思える作品だと思います。

リトルウィッチアカデミア(6月26日最終回)
 あこがれの魔女「シャリオ」を目指し魔法学校に入った女の子の物語。
 主人公の思い切りのいいところは爽快ですし、仲間や先生との出会いで成長していく姿も心を打つものがありました。
 深夜アニメではありますが、通常の時間帯で放送しても違和感がなく、親子でも見られる作品で、時間のあるときに一気に見られることをおすすめしたいです。

レクリエイターズ(6月25日12話)※継続
 漫画、ラノベやアニメといった創作物のキャラクターが現実世界に登場するある種の「夢のような」作品とでも言えばいいのでしょうか。
 種々雑多で事細かな設定が矛盾なく盛り込まれているのは制作サイドの頭の良さを示すものだと思います。
 魅力的な被創物の皆さんに対して主人公が若干頼りなく見えますが、Fate/Zeroのウェイバーさんのような急激な成長を期待したいです。

恋愛暴君(6月23日最終回)
 主人公と「キスノート」を持った天使を巡るラブコメでしょうか。
 ヒロインがいずれも個性的でおそらく二度と忘れないのではないかと思います。
 基本はラブコメですが、時として下手なバトルアニメよりもバトルすることもあり、見ていて飽きさせません。
 余談ですが木曜深夜の「茜」さんの数(ほかにクズの本懐、月がきれい、さえかの)は異常かもしれません。

ロクでなし魔術講師と禁忌教典(6月21日最終回)
 ラノベアニメ化作品の一つで、禁忌教典と書いて「アカシックレコード」と読むそうです。
 人格的に問題のある(ように見える)講師の先生と生徒との交流を楽しみつつ、ある生徒を巡る陰謀にたち向かうお話です。
 型破りな先生の行動が生き生きしていておもしろく、またヒロインの女の子たちも可愛らしくていいなと思います。

3 夏アニメ視聴予定等
 初から夏への継続は以下の4つでしょうか。
 ・サクラクエスト
 ・サクラダリセット
 ・僕のヒーローアカデミア
 ・レクリエイターズ

 また、新規作品のうち、現時点で視聴確定なのは
 ・シンフォギア4期
 ・Fate/アポクリファ
 ・ニューゲーム2期
 でしょうか。

 一番の期待はアポクリファなのですが、登場人物の多さに不安がよぎっています。
 シンフォギアは4期開始前に、とりあえず3期まで見直してみました。
 また、ニューゲームはゲーム作りを題材とした「きらら枠」の一つで、1期がよかったので期待しています。

 最後までお読みいただきありがとうございました。
 長々と思うところを書き続けたら止まらなくなってしまってごめんなさい。
 振り返りや夏休みのアニメ視聴のお役に立てたら幸いです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんはです。
随分たくさんのアニメ視聴、おつかれさま。
さすが、猫さんです。

ひなこのーと、ロクアカ、夏目友人帳
ポケモンサンムーンなどは、
他のフォロワーさんからも
お勧めされているので私も興味深いです。

夏アニメも楽しんで見られるといいですね。
今日も一日おつかれさまでした!!

Re: No title

> こんばんはです。
> 随分たくさんのアニメ視聴、おつかれさま。
> さすが、猫さんです。
 こんばんはです。
 まとめ記事でかなり体力を使ってしまったような気がします。
 今日はあまりアニメ見れてないです。

> ひなこのーと、ロクアカ、夏目友人帳
> ポケモンサンムーンなどは、
> 他のフォロワーさんからも
> お勧めされているので私も興味深いです。
 夏目さんは長いですが、一話完結に近いので
 6期からでも大丈夫だと思います。

> 夏アニメも楽しんで見られるといいですね。
> 今日も一日おつかれさまでした!!
 いつも本当にありがとうございます。
 明日もどうかよろしくお願いしますね。

No title

冴えカノ
理想のラノベを作るため

理想の萌えゲームを作るため ですよね?

Re: No title

 こんばんはです。
 コメントありがとうございます。

> 冴えカノ
> 理想のラノベを作るため
>
> 理想の萌えゲームを作るため ですよね?
 エロマンガ先生と間違ってしまったのかもしれません。
 直しておきます。

切るのが難しい

こんばんわです。

昨年の後半から特に今年にかけて、
優秀作が多く切るのに悩みました。
猫さんが6月までの作品感想は、
私も同じ思いなので、2クール以外で
時季で私が取り敢えず見て見ようは。
・縁結びの妖狐ちゃん
・ナイツ&マジック
・異世界食堂
・ナナマルサンバツ
・NEWGAME
・天使の3P!く
・異世界はスマートホンとともに
・ゲーマーズ
・ひなろじ
の上記は恐らく確定になると思う。
今後も増える予定(^^)
今回は5分ものや15分といったショート
アニメが複数存在する模様。
アホガールとかショートアニメです。

Re: 切るのが難しい

> こんばんわです。
 おはようございます。
 少し前に起きました。

> 昨年の後半から特に今年にかけて、
> 優秀作が多く切るのに悩みました。
 この辺りは皆さん共通の悩みなのかもしれません。

> 猫さんが6月までの作品感想は、
> 私も同じ思いなので、2クール以外で
> 時季で私が取り敢えず見て見ようは。
> ・縁結びの妖狐ちゃん
> ・ナイツ&マジック
> ・異世界食堂
> ・ナナマルサンバツ
> ・NEWGAME
> ・天使の3P!く
> ・異世界はスマートホンとともに
> ・ゲーマーズ
> ・ひなろじ
> の上記は恐らく確定になると思う。
> 今後も増える予定(^^)
 とりあえず明日辺りから手当たり次第に見ていくことになると思います。
 
> 今回は5分ものや15分といったショート
> アニメが複数存在する模様。
> アホガールとかショートアニメです。
 ショートアニメも少し気になります。
 お互いがんばりたいですね。

 今日も一日どうかよろしくお願いいたします。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム