【アニメ感想】月がきれい 第12話(終)「それから」

 月がきれいの最終回を見て感想を書きます。
 思わず胸がドキドキして、そして顔が真っ赤になった最終回でした。
 受験の結果はともかく、最後まで綺麗に終わってよかったと思います。

【内容】
 茜と同じ高校を受験した小太郎でしたが、結果は不合格でした。
 遠距離になったことから、茜の姉は「別れたら?」と一言言いますが妹の反撃を受けます。

 小太郎は併願の市立に合格しますが、千夏と同じ学校のようです。
 「ずっと好きでした」と告白する千夏ですが、小太郎には「ごめんなさい」と言われてしまいます。
 茜とのデートの話が出る一方で、小太郎は自分の思いを小説にすることを始めます。

 友人に言われてインターネットに小説を投稿する小太郎さん。
 一方、茜は千夏本人から、彼女が小太郎に告白した事実を知ります。
 卒業式の次の日、茜とデートをすることになりますが、バイトをしても茜に会いに行くという小太郎に対して、茜は千夏に告白されたことをどうして言ってくれなかったのかと問い、キスして走り去ってしまいます。

 小太郎との思い出を残して去ろうとする茜さん。
 そんな彼女に千夏は、小太郎が投稿した小説の存在を告げます。
 「この先はどうなりますか?」とコメントする茜さんの文才も中々かと。

 茜のコメントを見た小太郎は彼女に会うために一心不乱に走り出します。
 一方、電車の中にいた茜は、彼の小説の中に自分への変わらぬ想いがあることを感じるのでした。
 そして「大好きだ!」と叫ぶ小太郎さん。

 2人は高校は別になったものの、交際は普通に続いていたようです。
 色々有りながらも最後は結ばれたようで何よりでした。

【考察等】
 最後までしっかりと書ききった、そんな素敵な作品だったと思います。
 受験結果はある意味現実的ですが、そんな障害すら乗り越えていける2人が素敵です。
 互いに愛して愛される、そんな関係が、愛おしく、そしてうらやましく思えます。

 千夏さんの告白はあったものの、当然のごとく断られます。
 茜さんがそのことをどうして言ってくれなかったのかと小太郎さんに問い掛けるシーンは涙が出ました。
 これからも同じことがあるのではないかと不安になっても仕方がないことかと。

 自分の思いを小説にする小太郎さんも良かったと思います。
 これで気持ちに整理をつけるのかとも不安になったのですが、変わらない気持ちが伝わってきました。
 あえてラインを使わずに、直接彼女に伝えよう叫ぶところもとてもよかったです。

 エンディングではラインを通じて、2人が高校進学以降も交流を続けていることがわかります。
 遠く離れていても、心は通じ合っているということなのだと思います。
 そんな2人の関係が愛おしく思えるのは先ほども書きましたが、大切なことなので2度言います。

 中学生が題材ということで、少し早いのではないかと思った私は間違いでした。
 しっかりと、最後までしっかりと描ききったのは見事だったと思います。
 これだけ純粋な気持ちになれる、そんな素敵な作品に出会えたことをただひたすらに感謝したいです。

 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

今期最大の純情系作品、でしょうか?

最後まで視聴おつかれさまでした。
私も12話、見てまいりました。

二人が同じ学校に行けなかったのは
残念でしたね。
とりあえず併願が受かって良かったです。
お姉さんの発言は不用意だったかと。

千夏さんが気持ちを告白できたのは
私も良かったと思っています。
彼女も幾分スッキリしたのでは?

ただ今度は茜さんがすねてしまいました。
優しくて頑張り屋さんの彼女ですが、
ちょっと抱え込み過ぎる所もあるのでは?
また、かなりの寂しがり屋なので
自分のことだけを見ていてほしいとも
思ったのかも知れません。
猫さん、
もしかしたら茜さんの性格に似ているかも


小太郎さんも、彼女が泣きだす前に
優しく言葉を掛けてあげるなど、何とか
フォローしてあげて欲しかったところです。

でも、彼の小説に気づいたのがきっかけで
お互いの想いが繋がったこと、
とても良かったと思っています。
ラストでの小太郎さんの叫び、
まさに青春でした。

さて。
毎回OPにも出てきた「13.70」。
茜さんの陸上の記録タイムでしたね。
小説で心を伝えようとすること、
Eマンガ先生の正宗君、ムラマサ先輩を
思い出してしまいます。

そして、今後の二人を語る演出は
「セイレン」にもあったでしょうか。
最終的には二人が結婚して
子供まで生まれるようで、羨ましい限りです。
初恋は叶わないというのが相場ですが
綺麗に決まってしまいましたね。

「月がきれい」、
主人公が中学生という事で
初々しさを感じさせる素敵な作品でした。
主人公が高校生というアニメは
「月並み」にあるということで
今回の設定になったとも聞いていますが。

私、この作品を見ていて
別の意味で恥ずかしかったかも。
学生時代こういう経験が無かったからです。
決してかっこいい人間ではないですし、
色々、世間からも目を背けて
しまっていたのも良くなかったのでしょう。

あっ、
私は別に落ち込んでいないから大丈夫です!

Re: 今期最大の純情系作品、でしょうか?

> 最後まで視聴おつかれさまでした。
> 私も12話、見てまいりました。
 こんばんはです。
 アニメ視聴お疲れさまでした。

> 二人が同じ学校に行けなかったのは
> 残念でしたね。
> とりあえず併願が受かって良かったです。
> お姉さんの発言は不用意だったかと。
 ある意味現実的な結果かもしれません。
 お姉さんの発言はわたしもちょっとどうかと思いました。

> 千夏さんが気持ちを告白できたのは
> 私も良かったと思っています。
> 彼女も幾分スッキリしたのでは?
 最後に言いたいことを言ったという感じだと思います。

> ただ今度は茜さんがすねてしまいました。
> 優しくて頑張り屋さんの彼女ですが、
> ちょっと抱え込み過ぎる所もあるのでは?
> また、かなりの寂しがり屋なので
> 自分のことだけを見ていてほしいとも
> 思ったのかも知れません。
 自分だけを見ていて欲しいというのは
 女の子の心理としては、
 ちょっとわかる気がします。

> 猫さん、
> もしかしたら茜さんの性格に似ているかも

 私もようへいさんが告白されたら
 ああいう風に泣き出すかもしれません。

> 小太郎さんも、彼女が泣きだす前に
> 優しく言葉を掛けてあげるなど、何とか
> フォローしてあげて欲しかったところです。
 突然のことで何も出来なかったのだと思いますが、
 少しは何かあってもよかったと思います。

> でも、彼の小説に気づいたのがきっかけで
> お互いの想いが繋がったこと、
> とても良かったと思っています。
 千夏さんがここでいいお仕事されましたよね。
 茜さんの問い掛けも文才があっていいですね。

> ラストでの小太郎さんの叫び、
> まさに青春でした。
 このあたりで泣いてしまったのは
 私だけではないと思います。

> さて。
> 毎回OPにも出てきた「13.70」。
> 茜さんの陸上の記録タイムでしたね。
 このあたりは気づかなかったのです。

> 小説で心を伝えようとすること、
> Eマンガ先生の正宗君、ムラマサ先輩を
> 思い出してしまいます。
 彼らも壮大なラブレターを書いていましたね。
 正宗さんはそれをアニメにまでしようとしていますし。

> そして、今後の二人を語る演出は
> 「セイレン」にもあったでしょうか。
 セイレン懐かしいです。
 最終的に今日子さんと結ばれたのですよね。

> 最終的には二人が結婚して
> 子供まで生まれるようで、羨ましい限りです。
> 初恋は叶わないというのが相場ですが
> 綺麗に決まってしまいましたね。
 まさに「きれい」に終わりましたよね。

> 「月がきれい」、
> 主人公が中学生という事で
> 初々しさを感じさせる素敵な作品でした。
> 主人公が高校生というアニメは
> 「月並み」にあるということで
> 今回の設定になったとも聞いていますが。
 高校生のお話は先述のセイレン等多いですよね。
 年齢が下がっただけに初々しさを感じてよかったと
 今は思います。

> 私、この作品を見ていて
> 別の意味で恥ずかしかったかも。
> 学生時代こういう経験が無かったからです。
> 決してかっこいい人間ではないですし、
> 色々、世間からも目を背けて
> しまっていたのも良くなかったのでしょう。
 そのことについては私も同じです。

> あっ、
> 私は別に落ち込んでいないから大丈夫です!
 それならよかったですが、
 もし何かあったらまた愚痴でもこぼしていただければ。

 今日も一日大変お疲れさまでした。

web小説投稿が功を奏した

こんばんわです。

小太郎さんは不合格になり、
千夏さんと同じ学校となり告白される。
このシーンは好きですね。
小太郎さんは茜さんにこの件を
話さなかったことで茜さんが不安になり、
泣いて別れるのは、男性の私でも気持ちは
理解できる。
茜さんが引っ越しする際に、躊躇して
行けなかったが、小太郎さんのweb小説の
コメントに茜さんを見つけて会いに。
また、茜さんが小太郎さんの小説の続きを読み、
小太郎さんの茜さんに対する思いを知り、
涙するシーンは感動的でした。
数年後、二人は結婚し子供も授かるシーンは
最高に素晴らしいシーンでした。
話しにもあったがお互いが好きな者同士は、
奇跡という言葉は印象的でした。
小太郎さんがweb小説で思いを投稿していたのが、
結果に功を奏しましたよね。

この作品は最初の2~3話くらいまで
見ていたのですが、二人を見ていると焦ったくて、
また視聴する時間の関係で一旦見切りました。
時季が近づき余裕も出来て、気になり最終回を
見れて良かったです。

[余談]
月がきれいの間に入るCMにて、いよいよ
結城友奈は勇者である 鷲尾章の完結が
7月8日から映画でやる宣伝がありました。
チームのムードメーカーであった
銀さんが離脱し、2人で守る戦いがあります。
友奈さん編での2人の状態の理由がわかりますね。
「やくそく」というタイトルも銀さんの為なのか、
タイトルだけで泣きそうになります。

本日もご苦労様でした。

Re: web小説投稿が功を奏した

> こんばんわです。
 こんばんはです。
 コメントありがとうございます。

> 小太郎さんは不合格になり、
> 千夏さんと同じ学校となり告白される。
> このシーンは好きですね。
 彼女も思い残すことはないと思います。

> 小太郎さんは茜さんにこの件を
> 話さなかったことで茜さんが不安になり、
> 泣いて別れるのは、男性の私でも気持ちは
> 理解できる。
 まったく同感です。
 私が仮に同じ立場なら似たようなことになると思います。
 
> 茜さんが引っ越しする際に、躊躇して
> 行けなかったが、小太郎さんのweb小説の
> コメントに茜さんを見つけて会いに。
> また、茜さんが小太郎さんの小説の続きを読み、
> 小太郎さんの茜さんに対する思いを知り、
> 涙するシーンは感動的でした。
 泣きました。
 このあたりのシーンは何回でも見たいです。
 
> 数年後、二人は結婚し子供も授かるシーンは
> 最高に素晴らしいシーンでした。
 うまく最後までまとめきりましたよね。

> 話しにもあったがお互いが好きな者同士は、
> 奇跡という言葉は印象的でした。
 そんな奇跡を見せてくれるお話でした。

> 小太郎さんがweb小説で思いを投稿していたのが、
> 結果に功を奏しましたよね。
 それにしても彼も大胆ですよね。

> この作品は最初の2~3話くらいまで
> 見ていたのですが、二人を見ていると焦ったくて、
> また視聴する時間の関係で一旦見切りました。
> 時季が近づき余裕も出来て、気になり最終回を
> 見れて良かったです。
 4話くらいから少しずつくっついていったのですが。
 過渡期って少し余裕が出来ますよね。

> [余談]
> 月がきれいの間に入るCMにて、いよいよ
> 結城友奈は勇者である 鷲尾章の完結が
> 7月8日から映画でやる宣伝がありました。
 3本の映画の最終版ですね。

> チームのムードメーカーであった
> 銀さんが離脱し、2人で守る戦いがあります。
> 友奈さん編での2人の状態の理由がわかりますね。
 園子さんのあの包帯ぐるぐるの状態でしょうか。

> 「やくそく」というタイトルも銀さんの為なのか、
> タイトルだけで泣きそうになります。
 銀さんは本編に出てなかったのですが、
 やはりなくなってしまうのでしょうか。

> 本日もご苦労様でした。
 今日も一日ありがとうございました。
 明日もどうかよろしくお願いします。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム