【アニメ感想】アリスと蔵六 第12話(終)「ただいま」

 アリスと蔵六の最終回を見て感想を書きます。
 タイトルどおり平和な日常に戻って、心がほっこりする最終回でした。
 始めはいざこざしていた3人もしっかり和解できてよかったです。

【内容】
 「アリスの夢」の資料を渡し、世間にそのことを公表しようとする内藤さん。
 羽鳥の行方不明を探し回るお母さんに対して、その真相を知る歩さん。
 歩は羽鳥が春になったら花が咲くのを追いかけて南から北へと行ってみたいといっていたことを思い出します。

 脱出の暁には「一番の友達」を紹介するという羽鳥さん。
 羽鳥の携帯には歩からの電話が入っており、どうやらウサギさんが外の世界とつながっているとのこと。
 ウサギを追いかける紗名たちに対して、巨大なホットケーキに困惑する蔵六なのでした。

 羽鳥からの電話に反応する歩は、思わず涙を浮かべます。
 歩によると、外では10日以上が経過しているとのこと。
 ウサギを探すようにと言われた歩はひたすらに走りまわってその穴を探します。

 ワンダーランドの風景を見て、紗名だけでなく自分たちもいろんな人たちに支えられてきたと自覚する蔵六さん。
 羽鳥の信頼にこたえるかのように、歩はワンダーランドへの道を突き止め、ほぼ同時に蔵六、早苗とも合流します。
 そんな中て空が割れ、緊急事態が起こりますが、蔵六のお説教によって事なきを得ます。
 前回穴に落ちた一条さんも元に戻って何よりです。

 家にもどった紗名たちに「とりあえず靴を脱げ」と蔵六さん。
 一条さんはげっそりした状態で山田さん(部下)に保護されます。
 反省する羽鳥、歩と視線を合わせる蔵六さんが素敵です。

 両親が自分のことを心配していたと聞いた羽鳥は、紗名を留めて能力なしで向き合うことを決意します。
 ただひたすらに娘を心配する両親に涙を浮かべる羽鳥さん。
 そしてアリスの夢について、政府から国民へと説明がなされます。

 ランドセルをプレゼントされて学校に通うことになった紗名さん。
 うれしそうな彼女達の姿に、思わず心がほっこりする最終回でした。

【考察等】
 これ以上ないハッピーエンドに終わった最終回でした。
 タイトルどおりちゃんと元の世界に戻れてよかったと思います。
 そして、羽鳥さんのご両親も本当に娘のことを心配していたのもうれしかったです。

 途中でウサギさんを追いかけるのは、中々にほほえましい光景でした。
 不思議の国のアリスのオマージュでしょうか。
 そういえば、紗名さんのお名前を「アリス」だと思っていたころが懐かしいです。

 歩さんの献身もあってみんな合流できて何よりでした。
 異常事態に対してもお説教で解決する蔵六さんが素敵すぎます。
 忘れられかけた一条さんもちゃんと元に戻れたので良かったです。

 可愛らしい女の子に一目惚れして見始めたら、気づけばおじいちゃんに萌えるアニメでした。
 厳しくも暖かい蔵六さんは素敵な大人だと思います。
 こんな大人に見守られた紗名さんはきっと正しく、まっすぐ成長していくことを確信できます。

 最後は3人で学校に行くところでお話は終わりを迎えます。
 綺麗な終わり方でよかったと思いますが、一方で3人の学校生活を見てみたかったのは私だけでしょうか。
 どんな機会でも、彼女たちに再開できることを望むばかりです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

人の優しさを考える作品だった

こんばんわです。

長文失礼します。
羽鳥さんと歩さんとの夢を語るの
シーンは良かった。
歩さんと連絡が取れるようになり、
ワンダーランドから脱出する
足がかりを掴む事が出来た。
ワンダーランドに蔵六さんが
怒ったら膨張が止まり、
一条さんも帰ってきた。
羽鳥さんと紗名さんが友達になれたのは、
凄く良かった。
羽鳥さんの父さんお母さんも、この事件を
キッカケで仲良くなれたのも良かった。
蔵六さんからのランドセルプレゼント
は素敵でした。
羽鳥さん達と学校に行く姿も最高でした。
その後大人になった紗名さんが、蔵六さん
が好きであった花束を持って感謝する
シーンは泣きそうになりました。

このアニメはアニメジャパンの
イベントで紗名さんのお人形さん
見たいな姿と蔵六さんの2人で花屋さん
に入る絵が印象的で見ようと決めた
作品でした。
素晴らしい作品で最後も感動的でした。
流石、新人賞を受賞するだけありました。
改めて人の在り方や優しさを考えさせる
アニメだったと感じました。
私も学校での話しは見たかったですね。
ここまで綺麗に終わらせると、
続きが難しいと思いますが、
原作は続いてるので2期を期待したい。
本日もご苦労様でした。

Re: 人の優しさを考える作品だった

> こんばんわです。
> 長文失礼します。
 こんにちはです。
 こちらでもコメントありがとうございます。

> 羽鳥さんと歩さんとの夢を語るの
> シーンは良かった。
 さりげないところに、
 2人が親友だとわかっていいなと思います。

> 歩さんと連絡が取れるようになり、
> ワンダーランドから脱出する
> 足がかりを掴む事が出来た。
 総集編でも言っていましたが、
 まさに3人が鍵だったのですね。

> ワンダーランドに蔵六さんが
> 怒ったら膨張が止まり、
> 一条さんも帰ってきた。
 この辺りは彼らしいなと思います。
 一条さんは今回あまり出番がなかったです。
 子供の喧嘩だからかもしれませんが。

> 羽鳥さんと紗名さんが友達になれたのは、
> 凄く良かった。
 はじめは不安でしたが、最後は和解できて良かったです。

> 羽鳥さんの父さんお母さんも、この事件を
> キッカケで仲良くなれたのも良かった。
 娘を愛していたことがわかったのもよかったと思います。

> 蔵六さんからのランドセルプレゼント
> は素敵でした。
 小学生の頃は、学校が楽しかったのだと
 思い出したのは私だけでしょうか。

> 羽鳥さん達と学校に行く姿も最高でした。
 彼女等の学校生活をアニメで見たかったのが、
 ちょっと心残りかもしれません。

> その後大人になった紗名さんが、蔵六さん
> が好きであった花束を持って感謝する
> シーンは泣きそうになりました。
 彼女がこれから、素敵な女性に成長するのを
 期待してしまいます。

> このアニメはアニメジャパンの
> イベントで紗名さんのお人形さん
> 見たいな姿と蔵六さんの2人で花屋さん
> に入る絵が印象的で見ようと決めた
> 作品でした。
 紗名さんに一目惚れしてみました。
 その後おじいさんに萌えました。

> 素晴らしい作品で最後も感動的でした。
> 流石、新人賞を受賞するだけありました。
 賞(タイトル)については存じ上げなかったのですが、
 素晴らしい作品だったことは事実だと思います。

> 改めて人の在り方や優しさを考えさせる
> アニメだったと感じました。
 おじいさんのお説教にしても、
 私達の忘れていた何かがある
 作品だったのかもしれません。

> 私も学校での話しは見たかったですね。
 2部途中で学校に行くのだと思っていました。
 気づいたら終わってしまいました。

> ここまで綺麗に終わらせると、
> 続きが難しいと思いますが、
> 原作は続いてるので2期を期待したい。
 学校生活もそうですし、
 能力についても色々あると思います。
 2期でまだまだやれることは多いのではないかと。

> 本日もご苦労様でした。
 今日も一日ありがとうございました。
 明日もどうかよろしくお願いします。

不思議で楽しいお話でした。

こんばんは。
大変遅くなりましたが、
私もコメントさせてください。

皆さんが、ワンダーランドから
無事に脱出できて良かったです。

特に紗名さん、羽鳥さん、歩さん。
この三人が、事件をきっかけに
仲良くなれたのがよかったです。
これからは一緒に登校ですね。

蔵六さんが本当に
ワンダーランドにお説教したこと
ユニークの一言に尽きます。

今回、歩さんの活躍が胸を打ちました。
彼女は本当に友達思いのいい子です。
ボーイッシュなところも素敵ですね。

羽鳥さんの両親も、
すでに魔法が解けたのでしょう。
娘の事を心配する親心、
見せてもらえて私も安心しました。

思えば、この「アリスと蔵六」、
ミニーCさんの暗躍する回あたりが
一番こわかった気がします。

帰国時に、彼女が少しだけ
安らかな表情をしていたこと、
いまでは懐かしいです。

一条さんも、彼女との戦闘シーンが
いちばんの見せ所だったかもしれません。
無論、それだけの人ではないのですが。
ここには書ききれませんが、
他の皆さんもいいキャラばかりでした。

さて、この話も多くの謎を残したまま
終わってしまいましたが。
2期放送も考えられなくはないです。

しかし最後は、視聴者に
今後の展開を想像してもらうような
ナレーションがありましたね。
兎に角ハッピーエンドで良かったです。

皆さんがアビス(深淵)に残されたまま
終わらなくて良かったですね。

また、この作品と「ふらいんぐうぃっち」の
監督さんは同じと私は言いましたが。
オープニングの雰囲気もそっくりでしたね。

私も感想が長くなって申し訳ありません。

いつも穏やかな早苗さんを見ていると
何となく猫さんの事を連想してしまうのは
私だけでしょうか?

Re: 不思議で楽しいお話でした。

> こんばんは。
> 大変遅くなりましたが、
> 私もコメントさせてください。
 おはようございます。
 アニメ視聴お疲れさまです。

> 皆さんが、ワンダーランドから
> 無事に脱出できて良かったです。
 ハッピーエンドで何よりでした。

> 特に紗名さん、羽鳥さん、歩さん。
> この三人が、事件をきっかけに
> 仲良くなれたのがよかったです。
> これからは一緒に登校ですね。
 3人が仲良くなって良かったですし、
 これからに希望が持てそうな終わり方でした。
 出来れば彼女の学校生活もアニメで見たかったのですが。

> 蔵六さんが本当に
> ワンダーランドにお説教したこと
> ユニークの一言に尽きます。
 最後まで、彼らしい行動でしたね。

> 今回、歩さんの活躍が胸を打ちました。
> 彼女は本当に友達思いのいい子です。
> ボーイッシュなところも素敵ですね。
 歩さんの優しさ、友達想いな彼女が素敵です。

> 羽鳥さんの両親も、
> すでに魔法が解けたのでしょう。
> 娘の事を心配する親心、
> 見せてもらえて私も安心しました。
 娘のことを思っていたのは
 私もとても良かったと思います。

> 思えば、この「アリスと蔵六」、
> ミニーCさんの暗躍する回あたりが
> 一番こわかった気がします。
 他が平和な日常だったこともあり、
 なおさらあの方の冷酷なところはこわかったです。
 
> 帰国時に、彼女が少しだけ
> 安らかな表情をしていたこと、
> いまでは懐かしいです。
 彼女の心の傷はいずれはいえるものなのでしょうか。

> 一条さんも、彼女との戦闘シーンが
> いちばんの見せ所だったかもしれません。
 あの圧倒的な強さには驚きました。
 それ以外にも小学校の教員免許をお持ちなど、
 多才な方だなと思います。

> 無論、それだけの人ではないのですが。
> ここには書ききれませんが、
> 他の皆さんもいいキャラばかりでした。
 全体的に優しい雰囲気のお話だったと思います。
 特に早苗さんと紗名さんの絡みがよかったです。

> さて、この話も多くの謎を残したまま
> 終わってしまいましたが。
> 2期放送も考えられなくはないです。
 2期放送の可能性を期待したいと思います。

> しかし最後は、視聴者に
> 今後の展開を想像してもらうような
> ナレーションがありましたね。
> 兎に角ハッピーエンドで良かったです。
 売り上げ次第で1期で終わることも想定しているのでしょうか。
 きちんと綺麗に終わったことは高評価です。

> 皆さんがアビス(深淵)に残されたまま
> 終わらなくて良かったですね。
 そんな終わり方にならなかったことは良かったと思います。

> また、この作品と「ふらいんぐうぃっち」の
> 監督さんは同じと私は言いましたが。
> オープニングの雰囲気もそっくりでしたね。
 ほのぼのとした日常は、どこか似ているのかもしれません。

> 私も感想が長くなって申し訳ありません。
 いえいえ、大丈夫です。

> いつも穏やかな早苗さんを見ていると
> 何となく猫さんの事を連想してしまうのは
> 私だけでしょうか?
 ありがとうございます。
 とはいえ、私は彼女ほど出来た人間ではないと思いますが。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム