【アニメ感想】王室教師ハイネ 第12話(終)「最後の授業」

 王室教師ハイネの最終回を見て感想を書きます。
 結論は予想通りではありましが、ハイネ先生の復帰は良かったと思います。
 何よりも、ハイネ先生を慕う王子たちの気持ちが胸を打ちました。

【内容】
 ハイネが王室教師を辞任したことを告げる王様。
 王子にまとわり付く悪評を恐れたハイネは、過去が発覚した場合は辞任する約束をしていたようです。
 先生が辞めることに動揺する4人の王子ですが、最後の授業に向かいます。

 ゴシップ記事を調べさせるように仕向けたハイネに、先生は犯罪者ではないと反論する王子たち。
 ハイネは「犯罪歴のある者が王宮に紛れ込んでいたらどうするか」と詰問し、真実を突き止めて感情に流されずに決断することは大切だと一言。

 レオンハルトの寄り添う心
 リヒトの真面目さ
 ブルーノの努力
 カイの困難を乗り越える強さ
 それぞれの王子のいいところを述べて最後の授業を終えてしまいます。

 ハイネのことで気を落とす王子たちに、議会で新しい王室教師が決まることを告げる王様。
 それに対して王子たちは、ハイネが王室教師にふさわしい人物だと示すため、自分が立派な王子に成長していることを示そうとします。
 教会にやってきた王様は、ハイネ以上に王室教師にふさわしい人物はいないと告げ、彼と出会ったことで自分や王子が代わったことを告げるのでした。

 ローゼンベルク伯爵は自分の推薦する人間「エルヴィン」を王室教師にしようとします。
 王子たちはハイネを王室教師にふさわしいと推薦しますが、議員たちには「学歴のない犯罪者」と一蹴されます。
 それに対して、王位継承者として一面的な判断が間違っていると反論し、自分たちの成長がハイネにあることを告げます。

 王子達の出した結論が、かつて王様と自分の夢と一致したことに涙を流すハイネ先生。
 満場一致の拍手により、ハイネは再び王室教師として戻ることが決定します。
 また、第一王子はローゼンベルク伯爵単独の行動をとがめつつ、自分自身の力で次期国王になると豪語します。

 再び王室教師として宮殿に戻ってきたハイネ先生。
 4人の王子の歓迎の元、再び授業を行うことを宣言します。

【考察等】
 結論からすればおおむね予想通りの終わり方でした。
 ハイネ先生を慕う王子たちの行動、そして彼らの成長がわかるお話でとてもよかったと思います。
 当初は一癖もふた癖もある王子様に不安があったのは、今ではいい思い出かもしれません。

 ラスボス感漂うローゼンベルク伯爵は、新しい王室教師を推薦してきました。
 彼は自分の意向を汲んだ教師を王子にあてがうことで、自分の思いどおりにしようとしていたようです。
 その後彼がどうしようとしていたのかわかりませんが、王子たちによってその目的が阻まれてしまいました。

 最後の最後で謎に包まれていた第一王子が登場しました。
 他の王子が金髪や銀髪だっただけに、黒髪はちょっと意外でした。
 そもそも彼だけがハイネ先生の教え子にならないのかがよくわからないのですが。
 
 一旦はどうなるのかわかりませんでしたが、先生がしっかりと戻るところに戻れてよかったと思います。
 戻ってきたハイネ先生と王子達が今後どう成長していくのかが気になるところです。
 これはやはり、2期を期待するしかないのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム