【アニメ感想】夏目友人帳陸 第11話(終)「大切なモノ」

 夏目友人帳6期の最終回を見て感想を書きます。
 最後まで感動できるお話であるのはもちろん、名取さんとの友情もますます深くなったのはよかったのです。
 殆ど名前を返せていないことから、ひそかに7期があればと思ってしまいます。

【内容】
 名取さんの優しさに触れて、彼に「友人帳」のことを話すことを決意した貴志さん。
 的場一門の七瀬さんが来ていることを知った貴志は、彼女たちよりも先に箱崎さんの「書斎」を見つけ出そうと意気込みます。
 なお、ここでは彼は適当な「ナツメグ」という名前で紹介されてしまいますが。

 箱崎さんには思い入れの感じられるものがないと聞いた貴志は、紅子のために用意したという楓の木に目をつけます。
 楓柄の小箱には箱崎さんの家族の写真が入っていました。
 写真に写る竜がどうやら彼を守っていた「式」のようで、今度はそれを探すことになりました。

 貴志が自ら「友人帳」について話すことに困惑する名取さん。
 一方で、ハンバーグが食いたいとマイペースなニャンコ先生でした。
 レリーフの竜は貴志が持つ写真の匂いにひかれてその正体を表します。

 生前の箱崎さんは中々楽しそうな生涯を送っていたようですが、楓の木を見て寂しさを浮かべる人でした。
 屋敷が人手に渡る前にと彼の研究資料に触れようとする貴志ですが、思い出と眠っていたいという竜なのでした。
 竜は貴志とよく似た「男」に出会ったことがあると言い残して、妖の火を放って去っていきます。

 目的のものが手に入らず不機嫌な表情を浮かべる七瀬さん。
 一方で貴志たちは、残されたものをひそかに回収することに。

 祖母と「友人帳」について、ついに名取さんに話す貴志。
 思い出されるのは、1~6期の懐かしい思い出でした。
 そんな危ないもの燃やしてしまえばいいのに、とつぶやく名取さんなのでした。

【考察等】
 友人帳のお話をする中で、昔の思い出を思い返すところで涙が流れてしまいました。
 若干無理しながらも4期まで見直しておいたのは良かったと思います。

 おおむね綺麗に終わりながらも、貴志さんのおじいさんや、名取さんの最後の言葉など気になる点が多いです。
 特に竜に貴志さんによく似た「男」を見たことがあると言われてしまい驚いた人も多いと思います。
 それだけに、心のどこかで7期を期待せずにはいられません。

 毎回心温まるお話を見るたびに、穢れた心が少しずつ浄化されるのを感じました。
 私に人を信じることを思い出させてくれたのは、貴志さんによるところが大きいのかもしれません。
 大切なことなので2度言いますが、7期の放送をいつまでも待ちたいと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム