【アニメ感想】ゼロから始める魔法の書 第11話「魔女と魔術師」

 ゼロ書の11話を見て感想を書きます。
 ゼロさんと十三番さんとの決着もつき、お話は終盤へと向かいます。
 ラスボスかと思った人があっさりと改心するとは思いませんでしたが。

【内容】
 ゼロは十三番と互いに詠唱を始め、強大な魔力を激突させます。
 「お前は人を殺すな」と飛び出した傭兵が魔力を受け、そのダメージがそのままゼロに受けてしまいます。
 一方、「あの方」の命令で「ゼロの魔術師団」は十三番討伐へと向かいます。

 アルバスは一度魔法を消して魔法を広めなおしたいと同胞に伝えますが、彼らは聞く耳を持ちません。
 傭兵は、ゼロが自分のダメージを肩代わりしていることを十三番から伝えられ、愕然とします。
 「雇い主が護衛を守ってどうすんだ!?」と憤る傭兵さん。

 幼い頃のゼロには十三番が保護者として付き添っていました。
 世界を変えるような本を書きたいと考えたゼロは、彼の助力もあって一冊の本を書いたのです。
 あっさりと目を覚ましたゼロに驚く傭兵と十三番。

 「ゼロの書」には意図的に間違いを仕込んであったとゼロさん。
 一度魔法を消そうと決意したゼロに対して、十三番は潔くその意図に従うこととなりました。
 元騎士団のホルデムがアルバスを助け共に脱出を図ります。

 魔女達の追撃をかわすアルバスとホルデムの2人は地図を置いていってしまいます。
 「ゼロの魔術師団」の動向を把握する十三番によって、アルバスの危機を知ったゼロたちはそれを助けに向かいます。
 ゼロ、傭兵、そして十三番が助けに来たことに困惑するアルバスたち。

 十三番が「ある方」として全ての黒幕であることを聞き、愕然とするアルバスさん。
 怒りのあまりホルデムは十三番を殴りますが、ソーレナの命を奪う結果になった疫病は彼のせいではないとのこと。
 それでも憤るアルバスに、「すまなかった」と謝罪し改心する十三番さん。

 十三番は血判状の契約を解除し、自ら死を受け入れる覚悟をします。
 その一方で、自分に過ちを正す機会を与えてほしいと願う十三番なのでした。

【考察等】
 十三番さんとの最終決戦はあっさりと決着がついてしまいました。
 全ての黒幕であった彼が、半分も経過しないうちに改心してしまうのは驚きましたが。
 ホルデムさんやアルバスさんが彼に怒るのもわかる気がします。

 血判状の契約を解除して死を覚悟するシーンで「夏目友人帳」を思い出したのは私だけでしょうか。
 次回はタイトルを回収して最終回になるみたいです。
 できれば最後は、ゼロさんと傭兵さん、アルバスさんが楽しく旅を続ける姿をもう一度見られればいいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム