【アニメ感想】ゼロから始める魔法の書 第10話「明かされた真相」

 ゼロ書10話を見て感想を書きます。
 明らかになった真相は、アルバスさんソーレナの孫娘だったこと以上に驚きを隠せません。
 あと2話程度で彼を倒して魔法が消滅して一段落でしょうか。

【内容】
 ゼロに会うために崖を上る傭兵さん。
 豪快に壁を破壊し、ついに彼女との再会を果たします。
 はじめはつれない態度のゼロですが、唐突に涙を流して抱きつきます。

 アルバスの考えた作戦を告げようとする傭兵ですが、十三番の罠にはまります。
 一方、アルバスは「ゼロの魔術師団」を説得しますが彼らはそれを聞きません。
 十三番に魔法そのものを「却下」することを提案する傭兵ですが、十三番の目的は「ゼロの書」の回収ではないとのこと。
 既に「ゼロの書」を手にしていた十三番こそが「あの方」であり全てを仕組んでいたのです。

 「ゼロの魔術師団」の反乱について、不確定要素が多すぎると憤る十三番さん。
 ホルデムは「信じる道を進むがいい」と老人に助けられます。
 ゼロの為に道を開こうとする十三番は、傭兵への嫉妬を浮かべて魔術の手を緩めてしまいます。

 「今もその魔女の傭兵だ」とゼロの元へと向かう傭兵は、十三番からもらった魔法薬を投げ返してゼロの檻を破壊します。
 ホルデムがアルバスを助けに向かう一方、解放されたゼロは十三番との最終決戦へと臨みます。
 
【考察等】
 ようやくゼロさんと再会した傭兵さんはまあよかったと思います。
 十三番さんが「あの方」だったというのは「ソーレナの孫娘」回以来の衝撃です。
 これで彼がラスボスだと確定して、やることは決まったように思えます。

 次回で十三番さんを倒して、魔法が消滅して終わりでしょうか。
 仲間がばらばらになったときはどうなるのかと思いましたが、最後は綺麗にまとまりつつあるように思います。
 とりあえず次回もしっかり見ていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム