【アニメ感想】進撃の巨人 第36話「突撃」

 進撃の巨人36話を見て感想を書きます。
 どこまでもユミルさんを信じるクリスタさんはマジ天使でした。
 そしてエルヴィン団長がかっこよすぎです。

【内容】
 巨人と化してクリスタを食べたユミルは、そのまま「鎧の巨人」の背中に乗りその場を離脱しようとします。
 憲兵団をおとりに使いつつ、エルヴィン団長は走り去ろうとする「鎧の巨人」を追いかけるよう総員に指示を出すのでした。

 クリスタに「食ってすまん」と謝罪するユミルは、自分たちはライナーらと共に壁の外へと向かうのだと説明しますが、ユミルの言葉を聞いたクリスタは、ユミルがライナーとベルトルトの2人に脅されているのではないかと考えます。
 なおユミルの言葉によると、クリスタことヒストリアはウォール教の重要人物なのだとか。
 自分のために一生懸命なユミルの姿に「何があっても味方だよ」と語るクリスタさんはマジ天使です。

 エルヴィン団長率いる調査兵団が「鎧の巨人」に迫ります。
 エレン一筋のミカサは迷いなくユミルを殺しにいき、ベルトルトととにも「鎧の巨人」の腕に守られたエレンをジャンたちが取り囲みます。
 「首をはねることに集中して」と殺す気満々のミカサに、「誰が好き好んでこんなことをしている!?」と逆ギレするベルトルト。
 彼の「僕等を見つけてくれ」という叫びに対しても、まったくぶれないミカサさんは平常運転でした。

 エルヴィン団長は、巨人をひきつれてそれを「鎧の巨人」にけしかけ、大量の巨人がまとわり付くことで「鎧の巨人」の動きが止まります。
 「人類最後の希望」であるエレンを奪還するため、エルヴィン団長が総員に改めてエレン奪還のため突撃命令を出します。
 巨人に腕を食べられながらもひるむことなく突撃命令を出すエルヴィン団長。

 エレンを奪いにいくミカサに続き、やってきたアルミンはライナーたちに語りかけます。
 「アニを置いていくの?」と精神攻撃を仕掛けるアルミンに対して、逆ギレしたベルトルトに片腕になったエルヴィン団長が渾身の一撃を加え、ミカサがエレンを奪還、クリスタもコニーたちに確保されます。

 目的を確保したエルヴィン団長は総員に退却を指示しますが、「鎧の巨人」は何と巨人を投げつけて攻撃してきます。
 巨人をぶつけられ地面に叩きつけられたエレンとミカサの前に現れたのは、何とエレンの母親を食べた「敵」の巨人だったのです。

【考察等】
 それぞれのキャラクターの思惑が複雑に絡み合い、思わず画面に釘付けになってしまいます。
 クリスタさんはマジ天使ですし、ミカサさんはエレンさん優先で一切ぶれません。
 そして、今回は誰よりもエルヴィン団長が輝くお話であり、エレンさんを奪還するために、腕を食べられながらも叫ぶ団長さんはかっこよかったです。

 団長さんがよかったことももちろんですが、他にも注目すべきところは一杯有りました。
 ユミルさんがクリスタ(ヒストリア)さんを説得する中で、彼女がウォール教の重要人物であるといったところはまず気になります。
 次に、ジャンさん達の言葉に対して「僕等を見つけてくれ!」と叫ぶベルトルトさんのことばには、彼らにも大きな事情があるのではないかと推測できます。

 エルヴィン団長の決死の叫びもあって人類はエレンさん達を奪還します。
 しかしそこに登場したのは、1話でお母さんを食べた巨人というのですから驚きです。
 次回、果たして彼が母親の敵を討つことが出来るのかどうかが、わたし、気になります!
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム