【アニメ感想】王室教師ハイネ 第10話「僕の知らない先生」

 王室教師ハイネの10話を見て感想を書きます。
 突然のお姫様抱っこに驚きを隠せませんが、伯爵がラスボス的な存在でしょうか。
 それぞれの王子の成長に、喜びを覚えるのは私だけではないと思います。

【内容】
 ローゼンベルク伯爵はハイネに「お話しませんか」とお姫様抱っこして馬車の中へ。
 なんでも衛兵のマクシミリアンは伯爵の従兄なのだとか。
 王子の裏で暗躍する伯爵を怪しむハイネ先生ですが、第一王子は優秀であり妨害の必要はないと語る伯爵なのでした。

 馬車から降りた先生に「正体」を突き止めたと一言。
 かつて教会で子ども達を教えていたハイネは、伯爵がいうには「こちら側の人間」ではないのだとか。
 意味深な発言を前にしてレオンハルト王子に動揺が広がります。

 かつてボランティアで教師をしていた過去を語るハイネ先生。
 「勝手に予習してやったぞ!」と偉そうなレオンハルト王子が可愛らしいです。
 妹たちに勉強を教えるブルーノ王子はハイネの励ましを受けてやる気を取り戻し、自分をさらけ出します。

 すっかり宮廷の人と話せるようになったカイ王子は、軍学校に戻りたいと考えていました。
 そんな彼に、自分で父親を説得すべきと語るハイネ先生。
 一方、相変わらずバイトにいそしむリヒト王子は、国民との会話で国の内情を把握しているようです。

 ハイネがかつて教会で教鞭をとっていたことを語り合う4人の王子。
 外出中のハイネの部屋に入ろうとしますが、本人の登場に驚きを隠せません。
 片付いていない部屋を見て自分のせいではないかと考える王子は自ら掃除すると言い出します。

 ハイネのプライベートなものの入った箱を見つけた王子たちは、棒読みの演技でその中身を確認しようとします。
 中にはいっていたのは、教え子が先生への感謝の気持ちを寄せ書きしたもののようです。
 生徒が宝物だという先生に、更なる感謝を伝えようとお掃除する王子なのでした。

 掃除を終える中、王宮にいる犯罪者という記事をニセモノだと断定する王子に「教育的指導」をするハイネ先生。
 あまり考えたくは有りませんが、ハイネ先生が元犯罪者なのでしょうか。

【考察等】
 ハイネ先生の過去とそれぞれの王子の成長に萌えと喜びを感じます。
 王子自らお掃除しようとするその思いやりも、生徒たちに慕われる先生も素敵過ぎます。
 こんな先生の下で学びたいと思うのは私だけではないはずです。

 完璧超人のハイネ先生は、ロクアカのグレン先生、リトアカのアーシュラ先生に並ぶ立派な先生だと思います。
 たとえ彼の正体が犯罪者だとしても、私は彼について行きたいと思いますし、当然、王子もまた同じ気持ちであることを願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム