【アニメ感想】Re:CREATORS 第8話「わたしにできるすべてのこと」

 出遅れましたが、レクリエイターズの8話を見て感想を書きます。
 颯太さんのトラウマを見るにつれて、セツナさんはもうこの世にはいないことを確信します。
 そんな彼の思いをも背負ったまみかさんが、このアニメの真の主人公なのかもしれません。

【内容】
 まみかに対し、軍服の姫君はこの世界の全てを憎んでいるのではないかと説明する颯太さん。
 一方、内閣府に集まったメテオラたちは、軍服の姫君の名は「アルタイル」であり、ソーシャルゲームのキャラクター「シロツメクサ」の二次創作であり、原形をとどめない別人になっていることを知ります。
 なお、アルタイルの創作者「シマザキセツナ」は数ヶ月前からネット上では存在を確認できないのだとか。

 新しい創作者が政府に保護されますが、そのチャラさに怒るラスボスこと弥勒寺さん。
 生みの親を殺しにいく弥勒寺ですが、彼なりに色々考えがあってのことと思われます。

 メテオラと再会した颯太はその手を握られ、自分の封印していた思いを語ります。
 ある友人に対する嫉妬から怒ったすれ違いに対して、メテオラはその相手以上に上達し、その力になる様にと勧めるのでした。

 元の世界で大切な人を護れなかったアリスは、夢の中で再び打ちひしがれていました。
 そんな彼女に会えてうれしかったと語るまみかは、これからも私を信じてほしいと言い残し、どこかに去ってゆきます。
 一方、颯太はメイド喫茶の呼び込みに扮したまがねに路地裏に拉致され、嫉妬した相手は今はどこにもいないのではないかと過去のトラウマを掘り起こされてしまいます。

 変身したまみかは、軍服の姫君ことアルタイルと対面します。
 この世界を憎む彼女のやりかたをおかしいと告げるまみかに、アルタイルは「盟友」を拒絶したこの世界を倒すのだと反論します。
 それでもひるまないまみかですが、彼女が「セツナ」の名を出したとたんにアルタイルは激昂します。
 串刺しにされたまみかは、全力の魔法で反撃に出ますが……

【考察等】
 軍服の姫君の正体、そしてその作者さんに関するお話が中心でした。
 シマザキセツナさんが数ヶ月ネットに出てこないのは、まがねさんの言葉と重ねれば自殺したと考えられます。
 そして、颯太さんとメテオラさんとの会話、そしてまがねさんにたいする反応から、彼の嫉妬心が彼女が自殺した原因なのではないかと推測できます。

 あまり主人公らしくない颯太さんに対して、まみかさんが真の主人公ではないかと思います。
 どこまでも純粋に、そしてまっすぐに進む彼女の姿は、薄汚れた私にはまぶしく映ります。
 それだけに、アリスさんに「大好き」というシーンから「私を信じて欲しい」というセリフでいやな予感がしてしまいます。

 まみかさんについては、私は最初はあまり何も考えていない、お花畑の子だと思っていました。
 純粋な彼女にはこの世界は汚れすぎていて、彼女も少しずつこちらの流儀に染まっていくのではないかと。
 しかし、闇が深くなるほど光が輝くように、純粋なまま突き進む彼女を見ていて、一番心を打たれました。

 お花畑を貫くだけの覚悟を備えたまみかさんは、とてもかっこよく、まぶしく映りました。
 その光がまぶしすぎるからこそ、闇を抱えるアルタイルさんには相容れない存在なのかもしれませんが。
 次回には戦いの決着が付きそうですが、例え負けても、まみかさんは生き残ってほしいと願わずにはいられません。

 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム